登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
大山振子沢B・C SKI 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年3月3日(土)

  • パーティ

    5人 (いずみやま さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:津山から中国道・米子道で蒜山ICへ
    ルート482号で内海乢を超え、御机集落奥の奥大山SKI上の駐車地へ

  • 天候

    ☀ 0℃
    [2018年03月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

6:30久米支所⇒7:40奥大山Ⓟ8:00→8:10木谷入口→10:03鳥越峠テラス→10:50地獄谷→11:00振り子沢入口→12:30源頭部→12:50お昼ポスト13:20→13:40地獄谷→15:00テラス→15:50木谷出口→16:00Ⓟ16:10⇒17:30分着


総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約1,482m
下り:約1,508m
↑1,534m ↓1,569m 11,313歩 7:50分 

今日はN氏に誘っていただき、山スキーに大山振子沢へ出かけた。
早朝久米支所へ集合し、奥大山スキー場の駐車場を目指します。8時シールを装着し木谷のブナ林へ進入。

青空と雪の白、ブナの幹がいかにも深山の雰囲気を醸し出します。少し登ると、左側も右〃も同じ風景が広がり、かろうじて斜面が続くので上へ登れます。

雪が少なく、平年ならば雪で埋まる沢筋がいくつも残っている。出来るだけ高低差が無いようにルートを取って行きますが、大きな沢筋は1度下って登り返しながら進みます。

1時間ほどで標高千メートルを超えます。駐車地の770m付近から250m程登ってきました。最初の目的地鳥越峠上のテラスは1300m位。あと250m程登らなければなりません。

更に1時間登り、10時過ぎテラスへ到着。少し風があり肌寒い尾根上です。ここでシールを剥がし、滑走準備をします。ビンディングのセットをスキーモードへ、靴のウオークモードもスキーに変えます。

今日のマテリアルは、ディナフィットのナンガ・パルバット、163㎝。金具はプルーム・ガイド M、。ブーツはスカルパ・F1エボです。三つ併せて2.3㎏=1/2の軽量セットです。

ツアーSKI用のナンガパルバットは滑走性はあまり良くありませんが、フレックスは堅くトーションも確りしてアイスバーン用の板、エッジグリップは確実だ。急斜面の登行には向いている。

で、テラスから地獄谷へ落ち込む尾根を、標高差300m滑ります。こちらの斜面も雪が少なくブッシュを避けながらの滑走です。20分程で標高1,000mの地獄谷へドロップダウン。

駒鳥小屋の下を登って振子沢へ進入します。地獄谷も雪は少なく、ほぼ夏道を巡っての登行になります。振子沢へ入ると、谷は狭く雪が集まり谷底を登行。ここは夏道よりは格段に歩きやすい。

特に中間は谷が迫っていて、雪で埋まった廊下を登れる。振子山側の山腹は雪が割れてずり落ちてきそうだ。実際、帰りには大きな雪のブロックが落ちてきていた。

1時間ほどの登行で再び1300m付近まで登ってきました。大きく谷を回り込み、前に雪の大谷が広がると、振子沢の滑走バーンが待っています。

そしてさらに1時間、やっと振子沢の源頭部、象ケ鼻から続く稜線上へ到着した。標高1600m地点。1636mピーク直下だ。N氏は先にこのピークからドロップ。管理人は20分ほど遅れて、ちょっと下からドロップイン。

前回途中からの滑走だったので、今回リベンジ達成です。後続が登ってきているし、上からは登山者がおりてきている。日本海が望め。ユートピア小屋も目の下です。振子山から矢筈ヶ山に続く稜線もくっきりと見える。

烏ヶ山から蒜山に続く山並みもきれいだ。足元にこれから滑る振り子沢の大斜面。見飽きないけど滑りもしたい。てなわけで、早々にシールを剥がして滑走態勢に入ります。

12:40から10分で1400m地点へ降下、先に陣取っていたN氏と一緒にお昼です。振子沢の真ん中でお餅入り熱々ラーメンを戴きます。

再び、朝方登った廊下のブロック雪崩を横目に振子沢を足早に下り地獄谷へ出ます。
駒鳥小屋の屋根を見上げ、ここでスキーは脱ぎます。ここからツボ足でテラスまで300m登り返しです。ここがきつく、管理人はヘロヘロになりながら皆さんへ続いて登ります。

最後尾で、1番楽な登りをさせていただいたにも関わらず、遅れること20分、やっとテラスへ登り返した。14:50分だ。皆さん寒い中お待たせしました。

早速スキーを装着、最後の滑走へ向かいます。登りで超えた、沢筋のトラバースを避け出来るだけ西へ大きく斜面をトラバース、文殊越えの尾根が見え出して下り始める。

文殊越分岐辺りへ降下し、木谷の夏道に沿って下ります。さらに下ると大山環状道路にぶつかりました。カーブミラーで自撮り、皆さんと合流駐車地へ無事下りました。
今回も最後に足を引っ張ってしまいました。連れにしていただいた皆さんに感謝m(_ _)m・・

登山中の画像
登山画像
御机から大山
登山画像
木谷入口を出発
登山画像
木谷のブナ林
登山画像
鳥越峠が見えた
登山画像
キリン峠直下のブナ
登山画像
テラスへ到着
登山画像
テラスから烏ヶ山
登山画像
振子山
登山画像
地獄谷に落ち込む斜面
登山画像
地獄谷を遡る
登山画像
振子沢を登る
登山画像
振子沢雪の大谷
登山画像
中ほどから見た上部
登山画像
振子沢源頭部を登る
登山画像
稜線から象ケ鼻 三鈷峰
登山画像
振子山 奥に矢筈ヶ山
登山画像
振子沢を俯瞰
登山画像
烏ヶ山から蒜山
登山画像
駒鳥小屋の屋根
登山画像
テラスへ帰ってきた
登山画像
木谷を下る
登山画像
環状道路で自撮り
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    気温高く雪少ない状況。アイゼン引っ掛けに注意。ダブルストックが有効。装備は厳冬期雪山が必要
    20年01月28日(火)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?