登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
氷ノ山B・C SKI 氷ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年3月17日(土)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:若桜氷ノ山スキー場Ⓟへ駐車
    スキー場リフト最上部が登山口

  • 天候

    快晴 -3℃
    [2018年03月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

6:00⇒7:40氷ノ山SKI場Ⓟ8:00→8:20リフト乗り場→リフト終点8:40→9:10稜線→9:40三の丸→10:30山頂お昼11:10→11:20神大ヒュッテ→11:30大屋町避難小屋→12:40稜線→13:35三の丸→14:25リフト終点→14:55リフト乗り場→15:05Ⓟ15:20⇒17:00分着


総距離 約13.9km 累積標高差 上り:約1,269m
下り:約1,261m
☀ 山頂避難小屋-3℃ ↑1,467m ↓1,371m 15.3㎞ 16,846歩 6:55分
N氏から山スキーの誘いがあった。今回も氷ノ山だ。今シーズンは氷ノ山にご縁が深い。管理人の記憶が確かなら(^O^)?、山SKIで2回、登山で1回、ゲレンデスキーで3回訪ねている。

8時前に到着すると、駐車場は8割方埋まっている。土曜日でお客さんが多いのかとも思ったが、氷ノ山アルペンスキー大会が開催されるので早朝からにぎわっていたのだ。

無料になった駐車場に駐車し早速支度、片道切符を手にリフトで最上部へ向かいます。放送でコースインスペクションの案内が流れている。全日本の公認コース中間の壁をインスペクションする選手たちを下に見て、リフトを乗り継いで登って行く。

チャレンジゲレンデは中間駅までが滑走可能。上部は登山者だけ、スキーを脱いで乗車できる。降口の雪が切れ、スキーで滑走出来ないのだ。

終点から、急な尾根の登山道は、所々雪が切れ階段が現れている。SKIは担いで、ツボ足で登って行く。気温は氷点下雪は締まってキックステップで登って行く。アイゼンを装着するほど固くもないので、皆さんツボ足だ。

雪洞が潰れたところまで登ると後と少しで稜線に乗れる。リフトを降りて30分で稜線に乗った。この尾根の急登もだいぶ慣れ、良いペースで登ってきた。

空は快晴、昨夜の降雪で木々に着いた樹氷が輝いている。シーズン最後の冬景色。バチバチシャッターを切る。気温は氷点下、風もなく絶好の登山日和である。

足取りも軽く三の丸を目指す。大山は雲が掛っているようだ。南側は目の下に雲海が広がって麓は望めない。2人はウロコ板のテレマーク、管理人はTLTツーリング板、テレマーク組はスキーを履いて稜線を山頂を見座します。管理人はツボ足でスキーを担いで山頂へ向かいます。

広大な山頂雪原を思いのままに歩いて進める。夏の登山にはない雪原散歩のだいご味だ。良く締まった雪の上に少しだけ新雪の乗ったフリーウエイだ。…気持ちいい\(^o^)/

10時30分には山頂到着。ちょっと早いが避難小屋で昼食にする。N氏情報ではすでに大倉谷やワサビ谷は滑走不可能とのこと。まずは神大小屋へ下って遊びましょうと言う事になった。

神大小屋まで下ると下からスキーヤーが登ってこられた。下の状況をお聞きすると気持ちよく滑れるとのこと。早速我々も更に下って大屋町の避難小屋を目指した。ここは山頂から250m程下ったところ。時刻は11;30分ぼちぼち登り返しにかかる。

山SKIは登り返しがきつい。エッチラオッチラ登り返す。前回皆さんが滑り降りた斜面を滑ろうと、稜線を目指すが中間に笹原が出来ていた。山頂の下からこの笹原を巻いてさらに下へ滑走してみる。

再び斜面をトラバース気味に登り、三の丸へ帰ってきた。ボーダーが3人板を履いている。我々も再び板を履き県境尾根を滑ろうと向かったが、笹原に阻まれ、登り口の稜線を、落折の谷へちょっと下って打ち止めにした。

2時半にリフト終点までツボ足で降り、37°のチャレンジコースを下る。日陰はまだ凍っていて、確り蹴り込まないと転ぶと止まらない。今日の核心部だった。

30m程下って陽当たりに出ると、雪は緩んで快適に下れるようになった。
管理人はへっぴり腰でなかなか下れなかったが、N氏はSKIで、N女史はツボ足でスタスタと下って行く。山慣れたお二人に脱帽だ。

中間駅まで下ったところから、ゲレンデスキーだ。大会でクローズされたコース横を滑って無事休憩所へ帰還した。

天気、景色最高、雪質まずまずのSKIツアーでした。同行してくださったお二人さん、ありがとうさんでした。またご一緒させてくださ~い\(^o^)/

詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2018/03/2018317bcski1509m.html

登山中の画像
登山画像
夏道が出て来た
登山画像
雪洞の天井が陥没している
登山画像
稜線の樹氷が迎えてくれた
登山画像
樹氷越しに山頂
登山画像
三の丸避難小屋へ寄る
登山画像
山頂から扇の山を望む
登山画像
大屋町避難小屋まで滑走
登山画像
神大ヒュテの横を登って行く
登山画像
三の丸へ帰る途中で滑走
登山画像
リフトトップへ下山この後37°のカリカリゲレンデ…
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...