登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
玄倉→塔ノ岳ピストン【2018/03/18現在通行止め】 塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

社団法人ランナー 龍(たつ) さん
  • 日程

    2018年3月18日(日)

  • 利用した登山口

    玄倉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東名高速 大井松田より玄倉バス停まで

  • 天候

    曇り後晴れ

この登山記録の行程

玄倉(05:40)・・・雨山橋(07:12)・・・ゲート(07:22)・・・熊木沢出合(07:48)・・・尊仏ノ土平(08:28)・・・不動の清水(09:30)・・・塔ノ岳(09:45)[休憩 30分]・・・不動の清水(10:15)・・・尊仏ノ土平(11:15)・・・熊木沢出合(11:35)・・・ゲート(11:55)・・・雨山橋(12:00)・・・玄倉(13:24)

総距離 約29.1km 累積標高差 上り:約2,958m
下り:約2,958m
コースタイム 標準:11時間20分
自己:7時間14分
コースタイム倍率 0.64
3月18日(日)曇りのち晴れ

かねてより計画していた塔ノ岳を玄倉のユーシン渓谷経由で登ります。
玄倉バス停の駐車場到着時点でAM5:00・・まだ暗闇だ。
準備など済ませ出発しようとすると空が少しづつ明るくなってきた。
暗闇は怖かったのでちょうどよかったです。

玄倉の林道に入ると・・ 謎の野生動物が動いている
・・オコジョ!? いや、テンか。
人間慣れしているのか、シャッターの準備している間逃げなかった。
(後ほどの写真参照、正確な種別誰か教えてください)
もう少し近づいて撮ろうとすると・・さすがに逃げられた。
早朝の山の中は騒がしく動物やら鳥やらの鳴き声が聞こえ、
ウグイスなども鳴いておりなかなか楽しめた。
人は誰もいない。

いくつかトンネルを抜け、玄倉ダムあたりで落石等で道がやけに荒れている。
最後下山時に気づいたのだが、この林道は年始以降に崩落があり、
一部通行禁止になっている区間であった。気が付きませんでした。
(玄倉バス停に通行禁止案内板があります)
ここはもともとそういうところだから、ヘルメット装備が無難かも。
お子さんなんか危険ですよ。ハイキングなら他のルートをお選びください。
・・ユーシンブルーは捨てがたいですが。

このような状況で当然誰にもすれ違いません。ちょっと寂しいです。
7:00過ぎ、ユーシンロッジ手前に到着。急いでいますがペースはまずまず。
体力は余裕があり、一気に塔ノ岳まで進もうとするが、
ユーシンロッジを過ぎ熊木沢出会から尊仏ノ土平までの区間、

道が荒れ放題・・!!
ちょっと驚く。場所によっては斜めに這うように進む箇所あり。
油断すると滑落しそうだし、人気なさそうなコースだなあと思いながら、
また、ひょっとしたらこれ登山道を外れたかとも疑いながら、
地図を見てちょっと戻ったり確認しながら進む。
地図を見る限り間違ってはいなそうなのでゆっくり進む。
だいぶ時間をロスしたが、(唯一コースタイム100%を上回った区間)
尊仏ノ土平に到着・・ん、塔ノ岳は川を対岸まで渡って下さいと書いてある。
ええー・・!?あ、でも水は流れていない広大な河原だったので問題なし。
ここで丹沢の雄大な自然をシャッターに収める。
このあたりは、案内道標多く、進むところがちゃんとわかるようになっている。

ここから先、塔ノ岳付近のブナ林は分かりにくいところあり、
よく注意しないと道に迷ってしまうだろう。
日の出前だったら自分の実力では難しかっただろうと評価します。
踏み跡や登山道をよくよく見ながら進む道を判断すると
所々に木道があるからそこを進めばよい。なんとなくコツを
つかんでいく。

しばらくげんなりするような急登をしたり、気持ちの良いブナの尾根を
歩いたりしていると気温の感覚から一気に標高を稼いでいることが感じ取れる。

塔ノ岳手前から霜柱と若干残っている雪、樹氷などがまだ残っている
状態だった。

ようやく頂上!!しかし、風は強く吹き、霧は出ているし展望はゼロでした(泣)
それでも達成感はあります。9:40頃到着。予測より30分早くの到着で満足。
頂上でようやく人間に出会えホッとすると、めちゃ寒く、
思わず山小屋の尊仏山荘へ。
甘酒をいただき、お弁当を食べ(おにぎり1個、ピーナッツパン1個)
30分ほど暖を取り下山へ。
ちなみに山頂はトレランスタイルの人が多かった・・・
人気だなートレラン。

ユーシンロッジあたりまで下山すると晴れ間が出てきて
あたたかくなる。
危険な玄倉林道だがお昼前、7~8組のハイカーとすれ違う。

玄倉林道は暖かくおだやかで木漏れ日を眺めながらすっかり春模様だなあと。

13:24 玄倉バス停到着 無事下山。

冬と春の両方を楽しめる登山でした。お疲れ様でした。

https://mountain8.info ブログの方もよろしくお願いします。

登山中の画像
  • 5:40登山開始 明るく見えますがまだ暗いです
  • オコジョ!? いや、これはテンだと思います。 (写真下の方)
  • あっ!逃げた
  • 美しいユーシンブルー!
  • うっそうとした林道を通るときは熊鈴を鳴らしてあげんましょう
  • 秋には咲いていなかったと思われるこの花、だれか知っていますか?
  • 青崩隧道。ここにはいるとしばらく完全な暗闇になります。必ずライトを持参しましょう。
  • こんなトンネルもいくつか抜けていきます
  • 山は命のエネルギーがみなぎっている
  • マムシ、いるんですね
  • 崩落が所々 これが理由で現在一部通行禁止に
  • ユーシンロッジ手前到着 体力はまだまだ余裕
  • 熊木沢出合 塔ノ岳に向けて急ぐ
  • 自然の中に突然人工物があると、千と千尋の神隠しのような世界を妄想する、不気味にも楽しい
  • 先を急ぐ
  • 木製の電柱 ・・いつの時代のもの!? 勿論電気は通ってないだろう・・
  • 熊の糞か、中型雑食動物の糞か?・・犬の糞にも見える
  • これ、登山道ですか・・?(焦)
  • こっちで合っていたか
  • 何々?川を渡れって?
  • よかった。川は流れていなかった。 と、いうことで尊仏ノ土平到着。 雄大な景色をパチリ!
  • 斜めっている看板・・信じていいの?(笑)
  • ここから先、本格的な登山道へ
  • こういうところ好きだけど、道が分かりづらい
  • 分かりづらいところあり注意
  • 良く見ると木道があり、目印にできる
  • ここを通って下さいと言わんばかりの道発見!
  • 丹沢山方面は冬景色。気が付けばだいぶ気温が下がってきた
  • ここで休んだら気力が落ちそう・・ぐっと我慢
  • こんなところをどんどん進んでいく
  • 木道。左側から滑って落ちたらタダでは済まないだろう
  • あとちょっと!!
  • だいぶのぼったな 樹氷が見える
  • 足元はこんな感じ
  • いよいよ頂上が目の前に
  • やったー!到着!!
  • なんも見えねーー!
  • 樹氷すげーー!
  • 尊仏山荘 寒いので駆け込みように入る
  • 山荘の内部、ゆっくり甘酒をいただく。つい長居してしまった。いつかここ泊まってみたいな。
  • 下山するとそこは春だった・・ こんなところでくつろぎたいですね! やっぱ山は最高
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

社団法人ランナー 龍(たつ)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

社団法人ランナー 龍(たつ) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...