登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
清滝磨崖仏から信貴山へ 高安山・信貴山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年3月31日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄元山上口で下車、千光寺への道標に従い千光寺手前の分岐まで進み行場と書かれた道標に従い左へ進み不動明王様が祀られた沢の右側の山道が登山口

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月31日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

近鉄元山上口駅(8:47)・・・山口神社(9:15)・・・清滝磨崖仏群(9:45)・・・鐘掛岩(10:00)・・・夫婦岩(11:00)・・・鐘の鳴る丘(11:15)・・・十三峠(十三塚)(11:50)・・・高安山(12:50)・・・信貴山(空鉢護法堂)(14:30)・・・近鉄信貴山下駅(16:00)


総距離 約15.4km 累積標高差 上り:約1,078m
下り:約1,112m
今回は千光寺の行場の中で見ていない奇岩があるので見に行こうと思いたち行ってきました。
ただ、私の勘違いから完全な道間違いをしてしまったので千光寺から縦走路(鳴川峠まで)までは正規ルートではないので無視してください。(MAP)
自宅に帰って奇岩のルートも調べ直したので次回は完結編をお届けできます。
それではコース案内です。
近鉄元山上口駅で下車したら踏切を渡って道標に従い伊古麻神社を目指します。
(ここまでのルートは写真を参照して下さい。)
伊古麻神社に参拝したら目の前の石橋を渡って先へ進みます。
坂道を上がり分岐を道標に従い右へ進みそのまま道なりに進んでいくとまた分岐がありますので右の土の道へ進みます。
左側に有る二本杉の石仏に癒されながら道なりに進みます。
しばらく進むと右側に農機具小屋があるのですがその辺まで来るとイタチが走ってきました。
思わず「止まれ」と呼びかけると不思議そうな顔をして私の2m先で止まってくれたので写真を撮ります。
撮る間はずっとこちらを向いてくれていたのでいい写真が撮れました。
嬉しかったので思わず「ありがとうね」と話しかけると不思議なことにペコッとお辞儀するような仕草を見せてあっという間に走り去りました。
かわいい顔だったな~と心が癒されウキウキしながら進みます。
ここからは前回も来ていることもありあっという間に清滝磨崖仏群まで到達します。
一通り拝見したら坂道を上がってゆるぎ地蔵さまにご挨拶をします。
千光寺の方面へ進むと分岐がありますので左へ進みます。
すぐに右へ上がっていく道があるので進みますがこの道が正規ルートなので普通に鳴川峠へ行きたい方はこの道を外れないようにすれば何の問題もありません。
私は奇岩が見たくてまずは鐘掛岩を見に行きます。
とここまでは良かったのですが勘違いしていたのは鐘掛岩以外は別の場所にあるのに私は同一線上にあると思っていたためそのまま鐘掛岩の上に行くため道なき道を無理から上がって稜線に出ようとしました。
これは裏行場がまさしく道なき道を進んで奥の院に行くのでその時の経験から同じように進むものだと思い込んだのが原因です。
しばらく道(道といっても獣道のような道)を進んでもほかの岩が見当たりません。
仕方がないので戻ろうかとも思いましたが危険な崖を下りるよりはここからルートファインディングをしっかりとって本線に復帰する方が安全なので地図とコンパスで現在地の把握にかかります。
ただ、ルートからは外れているため正確な場所は特定できないので進む方向を間違えないための確認となります。
ここからは慎重に周囲に目を配り地点標(頭が青色や赤色で地面に突き刺さっている棒のこと)の頭に書かれている文字などから道を選定しなんとか山道を見つけます。
ところがまたもや勘違いで私はこの道を上がっていけば鳴川峠に出られると思っていたのですが一本外れた道のようで大幅に左へそれて夫婦岩を少し通り過ぎた地点に出ました。
後で地形図を確認すると一応山道ではあるのですが正規ルートではなく道標も一切ないのでこの道に興味本位で入るのはやめておいてください。
なので詳細は写真も載せていませんし説明もここまでとします。
夫婦岩が近いのでまずは夫婦岩を拝見してから正規ルートに合流します。
ここからは道標に従いまずは十三峠方面へ進みます。
夫婦岩からすぐに鐘の鳴る丘につくので塔の最上部まで行きましょう。
まず、展望台の2階にはモニュメントがあり、南京錠がたくさん取り付けられています。
カップルが永遠の愛を願い取り付けるそうです。
そのまま更に上へ上がると鐘があり、その先が最上部となります。
せいぜい人が二人も立てばいっぱいいっぱいなので混雑時は譲り合いましょう。
360°の展望を楽しんだら次へ進みます。
十三峠はここからすぐですがこの季節は彩り豊かな花々が咲き乱れているため見とれながら進んでしまいます。
十三峠へは分岐(写真参照)を左に上がるとたどり着けます。
峠には十三塚と彫られた石碑が立っており近くには説明看板があります。
十三個の塚があるため十三峠との名称になっているようです。
ここからさらに進むと十三峠の石仏と呼ばれる石仏もあります。
その先は分岐となっており、お地蔵さまがある方は行き止まりなので左側の大きな道を進みます。
しばらく進むとまた分岐が有り、高安山方面へは右へ下がっていきます。
航空保安施設のゲートを左に見送りしばらく進むとドライブウェイの下をくぐるトンネルがあります。
トンネルを抜けると林道のような広い道となり道なりに真っ直ぐに進むと右側に宗教施設があります。
そのまま真っ直ぐに進むと切通となっておりそこに道標があります。
右へ進めば高安山、左へ進めば信貴山となっているのでまずは高安山に行きましょう。
道標からわずか20m程で高安山への入口があるのでそのまま進むとすぐに山頂に到達します。
山頂には三角点と標高看板がありますが景色は木々に覆われているので木々の隙間から見える程度です。
ただ、この日は人が全く来る気配が無かったので私は隅っこの方で昼食を取らせていただきました。
山頂から一旦分岐まで戻り信貴山方面へ向かいます。
すぐにドライブウェイに出ますので横切ります。(今は通行止めですが車には気をつけて横断してください。)
すぐに道標があるので従い進みますがここからはほぼ一本道となります。
途中に高安城倉庫跡の看板があったので見に行きました。
結構広い敷地で二つ有り奥の方は景色を眺めることができるので休憩はここで取るといいでしょう。
一応史跡ですが広場のようになっているので特に問題はないと思います。
ただし、どこでもそうですがゴミには気をつけて汚さないように利用しましょう。
本線に戻ったらそのまま下って行きます。
どこの山域でもそうですが稜線伝いというのは希でほとんどが一旦今いる山から少し下りて次の山へ登り返すというのが当たり前なので距離を歩くときはそういうことも考慮しましょう。
ある程度下りて鞍部付近まで来ると道標があり、信貴山を示唆しているので登り返します。
途中に松永屋敷跡とかがありますがこの寄り道は時間が読めないので先へ進みます。
しばらく進むと林道のようなコンクリート道に出ます。
そのままコンクリートの道を上がればいいのですが私のように土の道大好きな方は目の前に山道があるのでそちらから進むといいでしょう。(結局最後で合流します。)
そのまま進めば信貴山城跡と書かれた看板があります。
少し進んだ右側に鳥居が立ち並びその先には立派な社殿があります。
ここが空鉢護法堂で信貴山の山頂となります。
空鉢護法堂からの景色は絶景で行くだけの価値は必ずあります。
ただ、観光地ではありますが水などは一切ありませんので水を持たずに上がるのは無謀とも言えます。
ここまでの参道は結構な坂道で一般の方は知らないのか喘ぎ喘ぎ上ってこられています。
それもその筈で本堂(朝護孫子寺)は標高約300m、空鉢護法堂(山頂)は437mで標高差は137mとなります。
ジグザグには作られていますが参道は厳しいものとなっています。
決して気軽な気持ちでトライしないほうが賢明です。(特に夏場)
ここから下りていくと途中には行者堂(役行者が祀られています。)多宝塔、鐘楼と見所満載なので見学させていただきましょう。
その先が本堂で清水寺のように舞台造りとなっておりここからの景色も絶景です。
特にこの季節は桜があちこちで咲き乱れており美しいことこの上なしです。
また、ここでは戒壇めぐりと言う御堂下の回廊を巡れますので是非ともチャレンジしてください。(真っ暗で何も見えないのでゆっくり進みましょう。料金は100円です。)
御朱印を頂く場所に戒壇めぐりの受付もありますので先に御朱印帳を預けて戒壇めぐりをすると一石二鳥です。
今回戒壇めぐりのコース写真を掲載していますがちゃんと寺社側にお願いして撮らせていただいています。
くれぐれもですがこういう場所では許可を頂いてから写真を撮るようにしましょう。
御朱印も頂いたので本堂を辞して帰路につきます。
まずは千手院の横を通り抜けて赤門の方へ進みましょう。
すぐに目に付くのは大きな張子の虎です、これは有名ですので是非とも写真に収めましょう。
そのまま境内を抜けたら左へ進むのですがその前に寄り道で開運橋を渡りましょう。
この橋、そんじょそこらの赤色の橋とは訳が違います。
「上路カンチレバー橋」という形式でこの型式では現存する日本最古の橋だそうです。
またそれだけではなくこの橋の上からの景色は絶景なので寄り道必須です。
橋を満喫したら戻って右へ進むとすぐに仁王門があります。
寺社側から来ると裏側になるのですが狛犬が鎮座しています。
当然表側にまわれば立派な仁王様がいらっしゃいます。
仁王門を出てすぐに千体地蔵さまが祀られています。
桜の木に守られるように鎮座されており桜も満開なので絵になります。
ここからは料亭旅館が立ち並ぶ道をひたすら真っ直ぐに進み信貴山バス停を目指します。
疲れた方はここからバスで帰りましょう。
私のように歩くのが大好きな方はバス停の裏側を回り込むように進むとケーブル廃線跡地を進むハイキングコースがあるのでそちらから下りましょう。
とても清々しいいい道ですし何よりも爽やかな気分になります。
道もケーブル跡地なので真っ直ぐに進むだけです。
途中には地元の方お手製の休憩所が3箇所ほどあります。
また、ケーブル跡地だと理解できる石垣が苔むしておりいい雰囲気を醸し出しています。
ケーブル下(駅跡)は少し高台になっておりここまでが土の道です。
(ケーブル廃線跡は基本土の道ですがところどころ気にならない程度舗装路があります。)
ここからは横断歩道を渡って真っ直ぐに伸びた道をひたすら下ります。
左側に高校を見送りこの季節は桜並木の素敵な道を下りきれば近鉄信貴山下駅です。
時間に余裕があれば待合室の前にケーブルの部品や廃線に至るまでのモニュメントがあるので見学させていただきましょう。
私は京都まで戻りいつもの温泉で疲れを癒してから帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
近鉄元山上口駅です、トイレはありませんので注…
登山画像
駅前広場を進みます。
登山画像
踏切と橋を渡って進みます。
登山画像
結構な坂道を上がります。
登山画像
ショッピングセンターがありますが小さいので看…
登山画像
道標があるので右へ進みます。
登山画像
幼稚園の下をまっすぐに進みます。
登山画像
伊古麻山口神社の鳥居が見えてきました。
登山画像
伊古麻山口神社です。
登山画像
前回は参拝しなかったので今回は参拝しました。
登山画像
神社を辞したらこの橋を渡って先へ進みます。
登山画像
この分岐は右です。
登山画像
この分岐も右です。
登山画像
ほっこりする広場です。
登山画像
お年寄りの方がこのあたりまで来られてベンチか…
登山画像
農機具小屋のそばを通りかかるとイタチが走って…
登山画像
私が写真を撮り終えてありがとうと言うとちょこ…
登山画像
ほっこりしながら進みます。
登山画像
前々回、私が間違えた道沿いも桜が満開です。
登山画像
清滝石仏群が近づいて来ました。
登山画像
清滝地蔵さまです。
登山画像
五智如来様です。
登山画像
貝吹地蔵さまです。
登山画像
はらみ地蔵さまとほら吹き地蔵さまですがコケに…
登山画像
この道標に従います。
登山画像
坂道を上がります。
登山画像
ゆるぎ地蔵さまです。
登山画像
静かな集落です、大人しく進みましょう。
登山画像
おかめ石と書かれた看板がありますが見に行くこ…
登山画像
右の坂道を上がれば千光寺へ正規登山口は左の道…
登山画像
この道が元々の正規ルートですので皆さんはこの…
登山画像
お不動様があるのでご挨拶します。
登山画像
このまま進めば正規ルートです。
登山画像
もうここで危険なことを察知しなければいけなか…
登山画像
鐘掛岩です。
登山画像
鐘掛岩の石碑があったのでうっかり信じてしまい…
登山画像
こんな危険な道を前回の裏行場と同じような感覚…
登山画像
私の勘違いとはいえ危険ですのでこの道には進ま…
登山画像
道といえば道ですが基本ルートから外れています。
登山画像
こういう時は落ち着いて現在地を把握しましょう。
登山画像
やっとこさ山道らしき道を発見しました。
登山画像
鉄塔を巻いて進みます。
登山画像
皆さんには来て欲しくないですが念のためこの分…
登山画像
一向に鳴川峠につかないので不安になってきまし…
登山画像
ドライブウェイに出ることができましたが想像し…
登山画像
夫婦岩の入口です、どうしても対岸に渡る必要が…
登山画像
夫婦岩は思っていたよりかなり大きかったです。
登山画像
やっと本線に復帰できました。ここからは自信を…
登山画像
道は素晴らしいいい道です。
登山画像
ドライブウェイの横も通りますが基本はドライブ…
登山画像
鐘が鳴る丘が見えてきました。
登山画像
鐘が鳴る丘のモニュメントです、南京錠をつける…
登山画像
桜が綺麗です。
登山画像
鐘が鳴る丘の鐘が青空に映えます。
登山画像
360°のパノラマが広がります。
登山画像
高所恐怖症の方には辛いかもしれませんが一番高…
登山画像
生駒山や大原山が見えます。
登山画像
桜が咲き乱れています。
登山画像
少し霞んでいますが素晴らしい景色が眺められま…
登山画像
名残惜しいですが鐘が鳴る丘を出発します。
登山画像
この道標に従います。
登山画像
歩道橋を渡ります。
登山画像
歩道橋からの景色です。
登山画像
道標に従いましょう。
登山画像
歩くのならこの季節が一番いいでしょうね、夏場…
登山画像
色々な花が咲き乱れてうっとりします。
登山画像
十三峠は左へ上がります。
登山画像
十三峠です、石碑は十三塚と彫られています。
登山画像
十三峠(十三塚)の説明看板です。
登山画像
素敵な道はドライブウェイ沿いに展開します。
登山画像
十三峠の石仏です。
登山画像
椿の咲く道を進みます。
登山画像
周辺図があるのですがわかりにくいです。
登山画像
お地蔵さまがある方は行き止まりです。
登山画像
こちらへ進んでください。
登山画像
この分岐は右へ下ります。
登山画像
車が通らないわけが分かりました、道が崩壊して…
登山画像
アップダウンはそこそこあるのでペース配分には…
登山画像
道はとてもいい道です。
登山画像
桜に癒されながら進みます。
登山画像
ドライブウェイは通行禁止なのでしばらくは車の…
登山画像
猪が出るらしいですが相変わらず私の前には現れ…
登山画像
このガードを潜ります。
登山画像
道標によるとここから1kmらしいです。
登山画像
ここからは林道のような大きな道です。
登山画像
ざっくりですが周辺図があります。
登山画像
突き当たりまで来るとこの道標があるのでまずは…
登山画像
先ほどの道標からわずか20m程で入口がありま…
登山画像
高安山山頂です。
登山画像
山頂には三角点があります。
登山画像
標高看板です。
登山画像
高安山から信貴山へ向かいます。
登山画像
こういう表示もあるので見落とさないように注意…
登山画像
少し下ります。
登山画像
このルート唯一ドライブウェイを横断します。
登山画像
この道標に従います。
登山画像
ここからはもうドライブウェイと交わりませんの…
登山画像
すぐそこらしいので寄り道しましょう、高安城倉…
登山画像
この道を進んだ先にあります。
登山画像
倉庫跡地は結構広くて休憩適所です。
登山画像
説明看板です。
登山画像
史跡ですが特に壊れるものもないので汚さなけれ…
登山画像
景色は素晴らしいです。
登山画像
素敵な道です、またこのあたりは景色もいいです。
登山画像
道標はしっかりあるので従えば問題ありません。
登山画像
高安山から下りた分はしっかり登り返します。
登山画像
この道標に従うのですがコンクリートの道と山道…
登山画像
私は当然山道を選びます。
登山画像
結局はコンクリートの道となりますがここからは…
登山画像
信貴山につきました、山頂はそのまま空鉢護法堂…
登山画像
空鉢護法堂は鳥居の参道を進みます。
登山画像
空鉢護法堂入口です。
登山画像
ここまで来た甲斐がありました。
登山画像
空鉢護法堂からの絶景です。
登山画像
空鉢護法堂で一番有名な画角です。この写真がよ…
登山画像
空鉢護法堂の裏手からは高安山など今まで歩いて…
登山画像
空鉢護法堂の裏手です。
登山画像
鳥居の横には聖徳太子のお像が祀られています。
登山画像
空鉢護法堂からは急な下り坂を下りていきます。
登山画像
多宝塔です。
登山画像
役行者堂です、今日もお世話になりました。
登山画像
鐘楼です。
登山画像
本堂に参拝しましょう。
登山画像
本堂からの景色は素晴らしいです。
登山画像
戒壇廻りをしてきました、この写真はちゃんと職…
登山画像
本堂を辞します。
登山画像
本当なら全てを見て回りたいのですが時間がかか…
登山画像
これが有名な張子の虎です。
登山画像
本堂が悠然と聳えています。
登山画像
朝護孫子寺にお礼を述べて辞します。
登山画像
開運橋です、寄り道になりますが渡ってみましょ…
登山画像
桜が咲き乱れています。
登山画像
開運橋からはこんな素敵な景色を楽しめます。
登山画像
桜が綺麗です。
登山画像
ご本尊である毘沙門天様の説明看板です。
登山画像
周辺図です、参考にしましょう。
登山画像
仁王門ですが裏側は狛犬が入っています。
登山画像
表はもちろん仁王さんです。
登山画像
千体地蔵さまです、この時期は桜で一段と映えま…
登山画像
この通りをまずはバス停まで進みます。
登山画像
この道の突き当たりがバス停です。
登山画像
疲れた方はバスで私のように元気な方はこのハイ…
登山画像
一本道で素敵な道です。
登山画像
所々に地元の方お手製の休憩所があります。
登山画像
ケーブルの名残の石垣です。
登山画像
ハイキング道の終点から振り返ります。
登山画像
こんな素敵な桜並木の道をまっすぐ下って行きま…
登山画像
信貴山下駅です。
登山画像
信貴山下駅構内には廃線になったケーブルの部品…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?