登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
海軍陣地の山はミツバツツジ銀座~高尾木山回遊~ 高尾木山[三豊市](中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2018年4月8日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:高松自動車さぬき豊中ICを降り、国道11号から県道35号を北上。
    三豊市三野町吉津の群池北東角のY字路で左の二車線道に折れる。この車道は車上から分岐地点を見ると一瞬、一車線道のように見えるから要注意。

    県道21号を横断し、左カーブを描いて三差路に出ると右折。そして200mほど先のY字路を左折。
    高尾木山登山口の道標を左手に過ぎ、右手に芝桜を過ぎた先の十字路(私道を含む)を右折して神社前広場に駐車する。

  • 天候

    晴れ
    [2018年04月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

神社前広場13:01・・・尾根起点の二合目13:10・・・五合目展望所13:28~13:54・・・山頂14:20~14:42・・・東尾根周辺を探りながら・・・壕跡のような窪み14:48・・・再び山頂14:55・・・途中斜面下方の塹壕に似た溝の写真を撮る・・・旧詫間峠15:14~15:16・・・コンクリート道終点広場15:24・・・神社前広場15:37

メジャー峰・妙見山(319.9m)の県道231号を挟んだ南東に全県的にはマイナー峰である高尾木山[たこぎやま](270.4m)がある。山頂には北方の塩生山(140.7m)同様、海軍の機銃陣地跡等がある探照灯陣地跡があり、登山道沿いにも塹壕や蛸壺壕(一人用竪穴壕型防衛陣地)跡が残っている。

また、この山はミツバツツジが非常に多く、3合目辺りから8合目付近まで、次から次へと登山道沿いに現れ、圧巻。まるで「ミツバツツジ銀座」のよう。
観音寺市界から荘内半島へと続く三豊市の地形図に山名表記がある脊梁山脈の山は皆、瀬戸内海の展望が優れているのだが、この山も中腹や山頂に絶景地があり、ベンチが設置されている。

[登山コース]
駐車場所角の三差路から東のコンクリート車道を進み、民家の入口手前で小径を上がって二車線道に出ると、目の前に見事な芝桜の丘が広がっている。看板等、一切出ていないから地元住民の手造りなのだろう。

そこから南東にすぐの所に登山口の案内板が建っている。その地図では駐車場を北方の公民館の駐車場に指定しているが、道順がやや分かり辛い。この案内板を設置した頃は、今回の駐車地である所に倉庫等、二軒の建物があったから、やや離れた公的施設の駐車場を指定したのだろう。

尚、この登山コースの存在を知らないピークハンターは山の南東の農道終点や、山の北西の標高70数メートルまで達している道路(実際は車の走行は困難)終点からのルートを辿ろうとすると思うが、前者のルートは尾根道が廃道化しており(登ることは可能)、後者は旧詫間峠の峠道だと思われるが、後者を今回、復路に利用する。

登山口の南西上にも八重桜やヤマモモの花が咲いており、初めから気分は華やぐ。
最初は谷沿いを通り、ほどなくして尾根に乗る。
3合目標柱から2分ほど登った右手の樹林の中に方形壕跡窪みがある。

更に2分ほど登った地点の尾根から東下に竪堀型塹壕が掘られており、登山道を挟んだ向かいには蛸壺壕跡がある。塹壕と蛸壺壕がセットになっているのは高知市の烏帽子山東の尾根と同じ。つまり、これらの蛸壺壕は歩哨(見張り)用。これ以降も似たような壕跡が現れる。

3合目辺りからミツバツツジが現れ始めるが、桜と同様、今年はミツバツツジも開花期が早まっている模様。
コース中一番の展望所はツツジに覆われた5合目展望所。三豊市内の山に共通したハートの刳り貫き穴が背もたれにあるベンチも設置されている。

三野津湾から詫間湾、燧灘、瀬戸内海と展望は自在。沖に浮かぶ粟島も遠望できるのだが、粟島の紫谷山と城山を繋ぐ細長い地は「粟島橋立」と命名したいほど。
ツツジに覆われた8合目からもある程度の展望が広がっている。

コースは山頂のすぐ東に達すると向きを西に変える。
舌状郭のような海軍の削平地の先には細い塹壕があり、終点は長方形の竪穴壕になっている。この壕の反対側にはもっと短い通路壕もある。大きさ的にこれが探照灯壕だろう。

山頂の三角点のある地は直径3mほどの擂鉢状窪みになっており、その手前の一回り小さな方形壕跡と繋がっている。陣地造りのセオリーから言えば、前者の擂鉢状窪みが機銃陣地跡になる。探照灯より海側に防備のための機銃陣地を設けるのがセオリー。

山頂からの展望は二方向に開けている。ベンチのある箇所の下方には葉桜になったヤマザクラがいくつかあり、塩生山から瀬戸内海の展望が開けている。
三角点の先からは大蔦島、小蔦島から燧灘方面の眺望が広がっている。

前述の農道終点からのルートである尾根も少し探ってみたが、長方形の窪みがある程度だった。もっと下った所にも壕跡があるようだが、帰りがしんどくなるため、引き返した。
復路は急勾配の北西の尾根を下るが、ロープが設置される等、完璧に整備されている。

標高110m地点には寛政年間の地蔵が建っており、峠道が尾根を乗り越えている。ここは旧詫間峠と思われる。
その地蔵付近の谷間一帯、白くなっていたが、よく見るとヤマザクラの落ち花で埋め尽くされていた。

峠からは北東に下るが、今でも生活路として利用されているのではないかと思うほど、路面はきれいで幅員も広い。
地形図の車道の終点箇所は広場になっており、山際に御神体が撤去された石造祠がある。昔は社殿が建てられていたことだろう。

標高50m弱の地形図の分岐箇所には道標が設置されているが、直進道は地権者が立入禁止看板を設置している。
そこを右折して下って行くと二車線道の井戸のある三差路に出た。この井戸の横にも駐車スペースはあるが、民家横でもあるので、あまりお勧めはできない。
そのすぐ東の十字路を下った所が駐車場所。

登山中の画像
登山画像
鳥坂峠付近からの高尾木山
登山画像
芝桜
登山画像
尾根道から見下ろした竪堀型塹壕
登山画像
蛸壺壕跡
登山画像
五合目付近
登山画像
五合目展望所
登山画像
粟島橋立
登山画像
道の両側を彩るミツバツツジ
登山画像
8合目
登山画像
いくつかある展望地
登山画像
探照灯壕に続く塹壕
登山画像
探照灯壕
登山画像
三角点は機銃陣地跡
登山画像
山頂からの展望
登山画像
山頂からの大小蔦島
登山画像
南東尾根の窪地
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、行動食、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。