登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
破風山から雁坂嶺(道の駅みとみから時計回り周回) 破風山 雁坂嶺(関東)
img

記録したユーザー

プックルファザー さん

この登山記録の行程

道の駅みとみ(5:45)・・・近丸新道登山口(6:07)・・・破風山避難小屋(8:19)・・・破風山(9:05)
破風山発(9:20)・・・東破風山(9:50)・・・雁坂嶺(10:45) 昼食
雁坂嶺発(11:10)・・・雁坂峠(11:35)・・道の駅みとみ(13:38)


総距離 約17.4km 累積標高差 上り:約2,027m
下り:約2,025m
今日の山行は、①GWに登る予定の残雪期100名山への準備 ②日本三大峠の雁坂峠に立つこと ③破風山、雁坂嶺のピークハントです。
 暖かさに慣れた体には、今日の寒さと風は非常に厳しかったです。バラクラバ、冬用帽子・手袋を装備に加えず、その他防寒準備にも手落ちがあった事もあり、零下10度(予報)にたじたじでした。←猛反省
 コースですが、登りの破風山避難小屋へのVR直登ルートは、とても登りやすいルートでした。岩、石が少なく明らかに甲武信ヶ岳への2ルートよりも私は歩き安いです。破風山は岩山でした。金峰山の北西稜線の岩ごろによく似ています。大変歩きづらく、今回は石、岩の間がほとんど凍っている状態だったため、悪戦苦闘しました。雁坂嶺は穏やかな山でした。倒木が多いのが注意です。下りの雁坂峠からの古の登山道は、若干渓流沿いが歩きづらいですが、流石によい道です。風景も素晴らしいです。ただし、登山口からしばらく味気ないコンクリートの道を歩かなくてはなりません。下を覗くと昔の雰囲気の良い道が見えます。残念です。
 花に関しては、今回は期待してませんでしたが、奥秩父にも春が訪れていました。良かったです。

登山中の画像
  • 寒いです。みとみより出発です。
  • 登山届提出
  • ツツジが
  • 近丸新道から入ります
  • この手前で近丸新道は左に尾根を乗り越して行きます。 今日はそのまま尾根を前進します。
  • 林道に出合います。
  • 気持ちのいい林道です。
  • 左には戸渡尾根が並行しています。
  • 鶏冠山も左に見えます。
  • 目指す笹平がはるか前方に見えてきました。
  • 前方の上に破風山避難小屋がありますが、最後がものすごい急登になりそうです。
  • 前方が林道の終点です。右斜めに尾根を登ります。
  • 後ろを振り返ると富士山が見え始めました。
  • 終点に到着。前方の岩尾根を登ります。トラロープがきちんと張られています。
  • 休憩していると、赤いものが。 ハナゴケでした。
  • 尾根に取り付きました。急登です。ここもシャクナゲロードでした。凄い数です。 あまりの急登で、地面が顔につきそうです。 ここもよく整備されています。歩き安いです。
  • 良く見えます。
  • シャクナゲロードが終了し、明るい尾根になりました。
  • 笹原が現れ、まもなく縦走路に合流するはずです。
  • 美しい
  • 無事 避難小屋に到着。コンパスもピンクテープもずっと一致していました。
  • 破風山に向かいます。強烈な西風です。この冬登った山よりも寒い。 破風山の登山道は、岩以外は凍っています。登りは何とかなりました。
  • 振り返り
  • 埼玉の山々
  • 両神方面
  • 破風山(西破風山)到着。 ハードシェルとチェーンスパイク装着。
  • 南アルプスが見えています。
  • 乾徳山、黒金山、国師が岳、朝日岳、金峰山
  • 富士山
  • 東破風に向かいますが、北側のトラバースはなかなか大変です。
  • 稜線歩きも大変でした。
  • 雁坂嶺との鞍部に急降下します。
  • 雁坂峠ですね。
  • 解けた雪がコチコチに凍っています。アイゼンが効きません。岩もゴロゴロです。
  • やっとの思いで下り終えました。
  • 振り返り東破風。
  • 面白い岩です。
  • 立ち枯れが多く。(環境のせいですか、心配) 倒木多数です。
  • 水晶山、古礼山が見えてきました。
  • 鹿も苦労してます。
  • 真新しい倒木。
  • 着きました雁坂嶺。
  • 南アルプス北部
  • 南アルプス南部
  • 富士山
  • 雁坂峠に向かいます
  • 流石に交通の要衝
  • みとみに帰ります。この谷の最後がゴールですが、遠いですね。
  • 笹原を下ります。
  • イチリンソウかな。楽しみですね。
  • ハナネコノメがいました。
  • ヤマネコノメソウ
  • ハシリドコロ
  • ハナネコノメ
  • ヤマネコノメソウ
  • イワボタン
  • 川を渡ります
  • ヤマネコノメソウ
  • 渓谷が美しく、花まで見られました。足がパタリと止まってしまいました。
  • う? 舗装路?
  • カワラヤナギ?
  • 料金所
  • 雁坂嶺
  • 無事到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

プックルファザーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

プックルファザー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?