登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
竜ヶ岳 竜ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年5月27日(日)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーで宇賀渓まで移動、駐車場から吊り橋を渡ってしばらく進んだ先に遠足尾根への登山口がある。

  • 天候

    晴れ時々薄曇り
    [2018年05月27日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

宇賀渓駐車場(9:00)・・・登山口(遠足尾根)(9:20)・・・笹原(11:15)・・・竜ヶ岳山頂(12:20)・・・重ね岩(14:00)・・・長尾滝(15:00)・・・五階滝(15:40)・・・竜の雫(16:00)・・・宇賀渓駐車場(16:30)


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,325m
下り:約1,324m
今回はいつもの友人から誘われてシロヤシオの群生を見るために竜ヶ岳に行ってきました。
ただ、今年は季節の移り変わりが早くて例年なら十分に咲き誇っているはずのシロヤシオは一部でしか確認できませんでした。
また、気温も7月くらいの気温だったので結構厳しい登山となりました。
これから梅雨時に入ると山ヒルも出てくるので計画されている方は熱中症と山ヒル対策を万全にしてお出かけください。
それではコース案内です。
宇賀渓まではマイカーが便利です。(公共交通機関は三岐鉄道大安駅からタクシーしかない)
駐車場は手前から順番に詰めていくので運要素がかなりウェイトを占めますがキャンプ場に一番近い場所なら吊り橋に一番近いので楽と言えます。
登山届はあらかじめ用意してもいいですが駐車場にも用意されているのでその場で必要事項(住所・氏名・年齢・コース(登山と下山でコース選定ができます。)登山開始時刻・下山予定時刻)を記入して提出するだけです。
また、その際最新のコース図がいただけるので頂いておくと便利です。
特に今はホタガ谷道(裏道)と呼ばれる道が廃止され代わりに遠足尾根道が採用されているので古いガイドブックや地図では載っていない可能性があります。
吊り橋を渡った左側にトイレがあるので済ませておきましょう。
この先戻ってくるまで一切ありません。(遠足尾根経由で登頂し重ね岩、長尾滝経由で帰ってくるルートにはありませんでした。)
そのまま左の道を上がっていくと右側に竜の雫と呼ばれる水場があります。
とてもおいしい水なので飲んでおきましょう。
そのまま道なりに進むとコンクリートの道から土の道に変わったくらいで遠足尾根への分岐があります。
ここが遠足尾根登山口となりますので遠足尾根から行く人はここから行きましょう。
金山尾根はここから更に真っ直ぐに行くので金山尾根分岐を目指す方は真っ直ぐに進んでください。
距離の違いだけでどこから登っても急登ですのでコースのチョイスは好みとなります。
我々は例によって一番距離があるルートをチョイスします。
全てを見たいのと距離を歩きたいという困った癖が二人共あるため迷わず遠足尾根から進みます。
入口から直ぐに急坂となりその少し先から急登となりますのでペース配分を十分に検討しながら進んでください。
関西の方で登ったことがある方なら直ぐにわかりますが坊村からの登山口から登る武奈ヶ岳くらいの勢いで登って行きます。
道はあまりにもキツいのでジグザグに切られていますがそれでも急です。
途中にはロープが張られるような岩稜地帯もあったりしますが何よりも気をつけたいのは樹林帯のためこの季節の状態にもよりますが蒸し暑い日はやめておいたほうがいいでしょう。
風がよく抜ければいいのですがほとんど抜けないまま厳しい道が続きます。
なので通常よりも汗をかきやすいため水はもちろんですがミネラルを失わないように塩飴や塩気があるものを持参しましょう。
休憩できるような場所もありませんので苦しいでしょうがせいぜい邪魔にならないところで立ち休憩くらいにとどめておきましょう。
800mを超えたくらいでやっと左側の展望が開けてくる場所に出ます。
このあたりはまだ右側に樹木があるので登山道の邪魔にならない場所で小休憩を取りましょう。
ここから先はほとんど樹木がなくなってくるので日差しがきつい日は遮るものがありません。
出来るだけ木陰で体を冷やしておかないと笹原から先は丘陵地帯となりほとんど樹木がない状態が山頂まで続きます。
従って登山適期はこの季節までと言えます。(夏場は危険です。)
夏場にどうしても行きたい方は私のコースを逆回りで行くとまだましかもしれません。
笹分けと呼ばれる湿地帯を越えたあたりから丘陵を3回程越えていきます。
一回目を越えるとおそらく昔は裏道への分岐だったと思われる場所へ、2回目を越えると金山尾根分岐へ、3回目がいよいよ山頂への最後の登攀となります。
遠くから見ている分には穏やかな道に見えますが実際は結構急なのでここも焦らずゆっくり取り組みましょう。
上りきった先が山頂広場となり標高看板や三角点、方位盤が置かれています。
広場は360°の展望を誇るいい場所なのでここでお昼をいただくといいでしょう。
結構広いので邪魔にならない場所を陣取って我々もお昼休憩します。
この日はすがすがしい風が吹き抜けていたので山頂でも気持ちよく過ごせましたが風のない炎天下では日差しを遮るものが一切ないので日焼けや熱中症には十分注意してください。
こういう場所は見晴らしがいいので持参した双眼鏡で周囲を確認して友人にも見ることを勧めて双眼鏡を渡します。
するとしばらく見ていた友人が「あれぇ?」と素っ頓狂な声を上げるのでどうしたのか?確認すると鹿の大群がいるといいます。
ホンマかいな?と言いながら見てみると斜面に3~50頭くらいのんびりと草を食んでいました。
シロヤシオは残念ながら今年は早い時期にほとんど終わったためまるで遠目から見るとブロッコリー畑みたいになっていましたが鹿の大群を見ることができたので癒されました。
休憩を終えた我々は次の目的地である重ね岩へ行くため、石榑峠を目指します。
しばらくはほぼ水平な道を進んでいくと前方に大ガレが見えてきます。
今は崩落が進んでいるので迂回路が設けてあるので道標に従い大ガレを迂回します。
迂回し終わってから振り向くと大ガレがよく見えてその先に竜ヶ岳山頂が見えるいい場所でした。
ここからは急な下り坂となるので気を抜かないように進みましょう。
斜面の関係で日当たりが変わるのか?少しだけシロヤシオが満開だったので癒されます。
途中にはロープが張られた場所もあるので注意して進みましょう。
下りた先が分岐となり左へ進めば石榑峠ですがまずは右直ぐにある重ね岩を見学しましょう。
この岩は登ることも出来るので出来れば登って欲しいですが風にあおられると危険なのでお子さんや女性の方は気をつけて登ってください。
無理に登る必要はありませんが結構気持ちがいいです。
我々が訪れたときはちょうど先客が出て行く時だったので待たずに岩を楽しめましたがシーズンの時は結構な時間を待つ必要があると思います。
重ね岩を満喫したら道標に従い石榑峠へと下って行きます。
ここからは砂礫地帯となり足元が滑りやすいので注意が必要です。
白い砂礫がまるで雪山のように見える場所もあるので景色はとてもいいです。
最後の方にロープや鎖が張られた岩場があるので慎重に下ってください。
下りきった先が石榑峠です。
ここには無料で車を止められるスペースが10台分くらいありますが登山届はBOXに提出しておきましょう。
ここからのピストンが一番難易度が低いと思いますが(距離が短い)急登であることは変わりませんので舐めてかからないようにしましょう。
現に遭難者の捜索願が登山BOXに貼られていました。
ここから進路は左(車止めになっていますが左端のガードレールの先から行けます。)にとってしばらくアスファルトの道を下って行きます。
車道ではありますが現在は通行止めになっているので少なくとも小峠までは車は来ることができません。(林業関係者がくる可能性はあります。)
しばらく道なりに下っていくと前方に大きなブロックが道幅を狭めています。
軽自動車が一台通れるか通れないかという間を抜けた左側に待望の道標があります。
ここが小峠となりここから長尾滝へのアプローチとなります。
ここからは山道なので気持ちがいいのですが沢を何回も渡渉するのと赤テープが大半なので道を見失わないようにしましょう。
雨季などで水位が上昇しやすい季節は避けたほうが無難です。
しばらく進むと前方に堰堤が見えてきます。
この堰堤の左側を乗り越えて降りた先を対岸に渡ります。
赤テープがありますが見失わないように進んでください。
しばらく沢沿いに進むとロープが沢を遮るように張られていますがこれは沢を渡渉するための手助けをするために張られたものなのでここで沢を渡渉しましょう。
ここから少し進んだ先に鉄梯子がかけられた場所があります。
長尾滝へのアプローチですので鉄梯子を慎重に下りて行きましょう。
岩がハシゴの間から少し出ている場所があるので靴や衣服を引っ掛けないように気をつけてください。
降りた先も足場が悪いので慎重に進みましょう。
下まで降りきれば長尾滝です。
とても綺麗で優雅な滝ですしこの季節は水のおかげで涼しい場所でもありますのでここで休憩するといいでしょう。
休憩が終わったら滝を正面に見て左側に赤テープが設けられた道があるので間違えないように進んでください。
しばらく進むと右から左(山言葉で言うと右岸から左岸へ)へ沢を渡渉します。
その先がある意味このルート最大の危険地帯と言えます。
まず左側に道標があり、その先の沢を渡渉するのですが渡渉しながら崖を上るという荒業になるので慎重に進んでください。(滑落する可能性が高いです。)
ここまで我々と同じルートをたどってきたのであれば疲れも出てくる頃と言えます。
滑落すると大怪我では済みませんし下が沢なので意識を失うと溺れてしまいます。
慎重に上がったら左へ進みます。
中道コースの分岐を右の駐車場方面へと進みますが疲れた方には結構堪える急坂が待ち受けています。
ただ、この急坂さえ乗り越えれば後は水平か下り(一部少しだけアップがあります。)のみになるので気合で乗り越えてください。
ここからは山の中腹を巻くような形で歩くのですが道幅が細くて足を踏み外すと危険な箇所が数カ所あるので気をつけて進みましょう。
しばらく進むと五階滝がありますが足場が良くないので写真を撮りたい方は注意してください。
その先には道が崩落した箇所がありますので水平に張られたロープを活用して慎重に進んでください。
そこからしばらく進むと金山尾根の分岐があります。
ここからも少し危険なためロープが張られた場所がありますが先ほどの崩落地よりは数段マシなのでゆっくり進めば問題ありません。
しばらく進むと魚止橋が見えてきますので渡ります。
そこから少し進めば白滝丸太橋です。
昔は吊り橋だったようですが今は丸太橋に変わっています。
見た目よりは安定しているのでゆっくり渡れば問題ありません。
渡った先は少し上りになっていますが直ぐに終わります。
ここには休憩用の東屋がありますがもうここまで帰ってきたのなら竜の雫で冷たい水でもいただきましょう。
東屋のすぐ先が朝の分岐となり(遠足尾根分岐)少し進めば竜の雫です。
我々はここで水をいただき最後の休憩を楽しみます。
ここから少し進めば吊り橋となり駐車場へと続きます。
車に戻った我々は売店まで車で移動してアイスクリームを食べました。
大好きなりんごジュースも飲んで休憩を楽しんだら帰路に着きます。
京都南で降りた我々はスーパー銭湯で汗を流してから居酒屋に行って打ち上げをしました。
(友人の車はもちろん会社に止めてその日は公共交通機関で帰宅しています。)
楽しく飲み会を開きながら次の山への情報を交換した我々は帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
車を止めて登山届を提出したらいよいよ出発です。
登山画像
道標に従い橋を渡ります。
登山画像
この橋を渡ります。
登山画像
この河川敷はキャンプ場です。(一部)
登山画像
しばらくはアスファルトの道です。
登山画像
龍の雫です、とても美味しい水です。
登山画像
竜の雫は地図にも記載されている水場です。
登山画像
コンクリートの道が遠足尾根分岐手前まで続きま…
登山画像
土の道になったら直ぐに遠足尾根分岐となります。
登山画像
遠足尾根分岐です。
登山画像
最初から急坂ですがまだこの辺は序の口です。
登山画像
このあたりからいきなり急な道になっていきます。
登山画像
道迷いの心配は皆無と言っていいでしょうがこの…
登山画像
気温が高いときは気をつけてください。
登山画像
序盤のペース配分を間違えるとかなりきつくなり…
登山画像
これでもちゃんとした山道です。急登なので道は…
登山画像
ここから岩稜地帯と変わりますので足元注意です。
登山画像
少し景色が見れるので癒されましょう。ちなみに…
登山画像
基本、樹林帯を抜けきるまではほとんどが急登で…
登山画像
シロヤシオの季節は熱中症の季節でもあります。…
登山画像
岩稜地帯はロープも張られるほどの急登です。
登山画像
角度がえげつないのでゆっくり取り組んでくださ…
登山画像
最後の急登です。
登山画像
やっと急登も終焉を迎えます。
登山画像
この岩稜地帯を越えれば道は少しましです。
登山画像
少しましな道となります。
登山画像
遠足尾根はほぼここからと言えますが尾根という…
登山画像
この道を進みます。
登山画像
この道をもう少し我慢すれば丘陵地帯となります。
登山画像
遠くに日本コバが見えます。
登山画像
このあたりからは景色を楽しみながら進むことが…
登山画像
まるでのこぎりのような山が見えます。
登山画像
こうして見ると遠足尾根という可愛い呼び名から…
登山画像
このあたりで木陰が完全になくなりますので最終…
登山画像
ここからはいくつもの丘を乗り越えていきます。
登山画像
このあたりは野生の鹿がたくさん生息しています。
登山画像
樹林帯で疲れた方はこのあたりをゆっくり進まな…
登山画像
金山尾根への分岐です。
登山画像
今まで乗り越えてきた道を振り返ります。
登山画像
治田峠への分岐です。
登山画像
こういう一本道は私の大好物です。
登山画像
この辺から見ると丘のように見えますが1099…
登山画像
竜ヶ岳が近くに見えますがまだ少しかかります。
登山画像
たおやかに見えますが最後の急登です。
登山画像
この景色を見た女性が「シロヤシオを見に来たの…
登山画像
実に景色がいい場所です。
登山画像
方位盤があるので山座同定を楽しめます。
登山画像
山頂広場です。
登山画像
三角点です。
登山画像
山頂広場を後にします。
登山画像
さあ、下山を開始しましょう。
登山画像
重ね岩を見に向かいます。
登山画像
山頂を振り返るとまだたくさんの人がいます。
登山画像
結構周囲も山深いので360°山が見えます。
登山画像
竜ヶ岳を振り返ります。
登山画像
大ガレの崩落地が見えます。
登山画像
私は結構こんな道が大好きです。
登山画像
シロヤシオの群生を見ることはできませんでした…
登山画像
なだらかな道は気持ちがいいです。
登山画像
石榑峠への分岐です。
登山画像
重ね岩に着きました。
登山画像
重ね岩です。
登山画像
重ね岩からの景色は最高ですが風にあおられて滑…
登山画像
この真ん中の岩に足をかければ容易に上まで上が…
登山画像
重ね岩から対岸の岩を眺めます。
登山画像
さあ、下山開始です。
登山画像
砂礫の山がまるで雪山のようです。
登山画像
砂礫の山を越えていくので滑らないように注意し…
登山画像
友人が庭園みたいやねと言ってましたが正しく気…
登山画像
足元は滑りやすく急なのでかなり危険です。
登山画像
危険地帯を越えたので一安心です。
登山画像
石榑峠が見えてきました。
登山画像
石榑峠登山口です。
登山画像
ここからしばらくアスファルトの道になります。
登山画像
アスファルトの道ですが車は一切来ません。
登山画像
ここから山道です。
登山画像
やっと土の道に入れるので嬉しいです。
登山画像
早速一回目の渡渉です、これから何回も沢を渡渉…
登山画像
赤テープは随所にありますが見落とすと道を間違…
登山画像
沢を渡渉する際のコツは簡単に渡るのではなくル…
登山画像
堰堤が見えてきました。
登山画像
堰堤を道標に従い乗り越えます。
登山画像
ここは対岸に渡るので道標を見落とさないように…
登山画像
道標に従い進みます。
登山画像
基本は赤テープを追いかけることになるので見落…
登山画像
このロープは行き止まりという意味ではなく対岸…
登山画像
こんな素敵な滝もあります。
登山画像
鉄梯子を下りていきます。
登山画像
鉄梯子は固定されていますが途中に岩が出っ張っ…
登山画像
滝への道も厳しいのでゆっくり進んでください。
登山画像
長尾滝です、とても優雅なので必見です。
登山画像
赤テープはいきなり対岸に設けられている場合も…
登山画像
渓谷なので当たり前ですが沢を何回も渡渉します。
登山画像
この先は沢を渡渉しながら崖を登るので注意して…
登山画像
ここが一番危険です、滑落注意です。
登山画像
この道標に従います。
登山画像
ある程度渓谷を高巻くので上りとなります。
登山画像
結構な上りが続きます。
登山画像
窯跡ですかね?このあたりには結構あります。
登山画像
道標は要所要所にあります。
登山画像
ほぼほぼ平坦な道ですが気を抜くと危ない場所で…
登山画像
五階滝です。
登山画像
ずっとこのように山の中腹を巻いていきます。
登山画像
この山域に言えることは全体的に岩盤が脆いので…
登山画像
ここから金山尾根に行けます。
登山画像
金山尾根分岐です。
登山画像
こちらへ下ります。
登山画像
意外ですが結構危険な道がたくさんあります。
登山画像
魚止橋が見えてきました。
登山画像
魚止橋はそんなに揺れませんでした。
登山画像
魚止橋からの風景です。
登山画像
白滝丸太橋に着きました。
登山画像
昔は吊り橋だったようですが今は丸太橋に変わっ…
登山画像
白滝丸太橋というくらいですからこの滝は白滝と…
登山画像
なかなか味のある道でした。
登山画像
さあ、ラストスパートです。
登山画像
朝はここから登りました。
登山画像
ここからは朝歩いた道です、竜の雫で冷たい山水…
登山画像
朝利用したトイレが見えてきました。
登山画像
この橋を渡れば車まですぐです、名残惜しいです…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました