登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
スリル満点の御嶽・小金ケ嶽 御嶽・小金ケ嶽(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

08:58 出発
09:26 御嶽口からの合流地点
09:47 鳥居堂跡
10:08 大岳寺跡
10:50 御嶽山頂
11:38 大タワ
12:09 午後出発
13:05 小金ヶ嶽到着
13:38 小金口、福泉寺跡分岐
13:47 福泉寺跡
14:21 車道出合い
14:43 駐車場到着


総距離 約9.7km 累積標高差 上り:約1,064m
下り:約1,058m
電車か車か迷ったが、電車だと、乗合タクシーで篠山口10時、帰りは小金口16:30で時間が余るので、車で行くことにした。

小金口から1Km程登ったところに無料駐車場があり、30台程止められる。

駐車場から500m程戻ったところに登山口がある。民家の間を抜けて、ゲートをくぐり、登山道が続いている。

入ると杉林が気持ちいい、急坂を登り稜線に出ると、平坦な道が続くので楽ちん

御嶽へは大岳寺跡の先から急登となるが、時折崖にでるので、スリルがある。短いが途中岩場もあり、なかなか楽しい登りだ。

御嶽山頂は景色を見ながらおにぎりを食べ、エネルギー補充

大タワに降りる途中道なりに進むと、道が怪しくなってきたので確認すると、間違えていることに気が付いて間違えた地点まで戻った。どうも、尾根を間違えた様だ。同じように間違えた女性二人組もいたので、ここは注意が必要だ。

大タワに降りると丁度昼前なので、昼食にした。

アスレチック場の下に登山道が通っており、空中で楽しそうな声が聞こえている

小金ケ嶽は急登なのはわかっていたが、岩場の鎖場とは思わなかった、
延々鎖場が続く。
かなりしんどく、危険なルートだが、超楽しい

登りきると、小金ヶ嶺で絶景が待っている

小金ヶ嶺からの下りはしばらく杉林が続くので気持ちがいい、福泉寺跡では森の一角に日が差している、なんかトトロが居そうだ
その後石ころだらけの道になるので、少し歩きづらい

車道出合いから橋を渡って小金口。1Km程登って駐車場へ到着

9.4Km 5時間45分 スリル満点の楽しい山登歩きができた。

さて、カシオのプロトレック
今回は杉林が多く、GPSロスしやすいルートだったが、結果はほとんどロスしていなかった。ログを確認したところ、数点でログ間隔が伸びている個所があったが、まとまってロスしている個所はなかった。バッテリーも5時間45分で57%まで減っていたが、これなら1日の縦走も持つ

今回でプロトレックはお気に入りツールに格上げしようと思う

でも、最初、半日しか持たなかったのはなぜだろう?不思議だ

登山中の画像
  • 無料登山者駐車場30台は止められる。
  • 登山口
  • 民家の間を入っていく
  • ゲートを入ると、杉林が気持ちいい
  • 御嶽口からの合流地点。ここから平坦な道が続く
  • 鳥居堂跡
  • 大山寺跡
  • しばらく急登を登り、避難小屋到着・・・壁無いから小屋じゃないと思うんだけど
  • 御嶽到着。景色はいい
  • 景色を見ながら、おにぎり食べる
  • 記念写真
  • 大タワへ下る
  • 下りも景色はいい
  • 大タワ
  • 小金ケ嶽への登山口
  • アスレチックが楽しそうだ
  • こちらはひたすら登って行く
  • 登りきると、下りが待っているが、前方に小金ケ嶽が見える
  • 岩場??、前方に見える小金ケ嶽は切り立った岩山だ。も、もしや岩登り??
  • 的中!!。鎖の垂直登り、しかも2段3段になっている。
  • 更に続く、この後も延々と鎖場が続く
  • 時折振り返ってみる
  • 足元は絶壁だ
  • でも、景色はいい
  • 小金ケ嶽到着。絶景です!!。
  • 来てよかったと思う瞬間です。景色をバックに記念写真
  • 山頂はこんな感じ
  • さて、下山と思ったら、景色がいいので、1枚
  • 気持ちいい杉林を下っていく
  • 福泉寺跡
  • トトロが居そうだ
  • 車道出合い
  • 御嶽からの下りで間違えたポイント
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?