登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 7
谷川岳 猛暑の西黒尾根 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

tarzan さん
  • 日程

    2018年7月16日(月)

  • 利用した登山口

    土合口  

  • パーティ

    2人 (tarzan さん 、奥 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:6時に谷川岳ロープウェイの駐車場に到着。7時前に到着した場合は1階に駐車します。半分位埋まってました。料金は1日¥500です。
    ロープウェイ片道¥1,230 片道の場合は割引がありません。
    登山届けはロープウェイの切符売り場の近くにあります。

  • 天候

    ☀ 気温 午前22℃ 午後30℃

この登山記録の行程

土合口(06:40)・・・鉄塔(7:10)[休憩10分]・・・ガレ沢のコル(10:00)[休憩30分]・・・トマの耳(12:10)[休憩 5分]・・・オキの耳(12:20)[休憩 20分]・・・トマの耳(12:50)・・・谷川岳肩ノ小屋(12:55)[休憩 65分]・・・天狗の留まり場(14:30)[休憩10分]・・・熊穴沢避難小屋(15:10)[休憩 15分]・・・分岐(15:45)・・・天神平(16:00)

総距離 約7.4km 累積標高差 上り:約1,477m
下り:約902m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:6時間45分
コースタイム倍率 1.09
 日本3大急登のひとつ西黒尾根から谷川岳に登りました。3連休の最終日なので大混雑を覚悟しましたが思いのほか空いていました。しかしこの日は日本列島が猛暑に包まれ大変暑い1日でした。山の上は涼しいだろうと思いましたが甘かったです。
 1階の駐車場からエレベータで6階に上がります。既に切符売り場にはたくさんの人が並んでいました。外へ出て一ノ倉方面へ歩くと登山指導センターがあります。水の補給や登山情報を聞くことができます。15分ほどで西黒尾根登山口に着きます。
 登山口からいきなりの急登です。1時間ぐらいは樹林帯の中を登ります。気温は20℃ほどなのですが、とにかく蒸し暑い。稜線に出れば太陽を遮るものがなく風もあまり無いのでまさしく暑さとの戦いでした。花もたくさん咲いていましたが、あまりの暑さで愛でる余裕もあまりありませんでした。
 標高差1200mほどを登るこのコースは樹林帯、岩稜帯、鎖場と変化に富んだ歩きがいのあるコースです。ただし下りに使う場合は岩も滑りやすく水場や小屋も無いので初心者の方は時間と水に余裕をもって下る事をお薦めします。
 連休の中日だった昨日は鎖場で大渋滞となり大変だったそうですが、今日はそんな事もなくトマの耳、オキの耳の頂上でもゆっくりできました。頂上からは周りの山々が一望でき、辛い登りの苦労も報われます。
 肩の小屋で昼食にしました。小屋の売店の飲み物が飛ぶように売れていました。帰りはロープウェイで下ることにし、天神尾根を進みます。午後には気温が30℃になり灼熱地獄の中を下ります。
 途中で飲み水が足りなくなるかもしれない不安の中で無事に天神平駅に着きました。
今回は一人2ℓの水を持ってきましたが全部飲み切りました。
翌日は日焼けした顔や腕が大変なことになりました。
 持ってゆく水の量と日焼け対策をしっかりするする事が重要です。

  ♦おまけ♦
帰りに立ち寄った水上市内のお土産屋さんの方がこんなに暑くなった事は今までなかったと言ってました。今年は異常気象なのでしょうか。

登山中の画像
  • ロープウェイを横目に見ながら西黒尾根登山口に向かいます。
  • 土合口から10分ほどで登山口に着きます。
  • 今日も日本列島は猛暑の真只中。歩き始めて20分ほどで大量の汗が・・・。鉄塔の下で小休止
  • この暑さではとても3時間では行けそうもない。
  • 気温は20℃だが体感温度は30℃くらいに感じる。
  • 最初の鎖場登場。鎖に頼らずとも登れます。
  • かなり登ってきました。土合口のロープウェイ乗り場が小さく見えます
  • 谷川岳はガスの中
  • マチガ沢には雪渓が残っています。時折風が吹くと生き返ります
  • 可憐なシモツケソウ
  • クルマユリもたくさん咲いていました。
  • 鎖場になると燃える奥さん
  • 天神平のスキー場が見えます。
  • 冷凍して持ってきたゼリーでエネルギーをチャージします。
  • 振り返れば登ってきた尾根が見えます
  • ついに谷川岳が見えた。
  • ザンゲ岩を過ぎ・・・
  • ケルンが見えればもうすぐです。
  • トマの耳に到着
  • そしてオキの耳へ
  • 周りの山々が一望できます。
  • 肩の小屋で昼食にします。
  • 遠くに見える天神平駅。帰りはロープウェイで下ります。
  • 午後になると気温は30℃になり灼熱地獄です。太陽を遮る物は何もありません。
  • ここまで来ればあとわずかです。
  • 綺麗な蝶々が。
  • お疲れ様でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tarzanさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tarzan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...