登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
2018白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳) 北岳・間ノ岳・農鳥岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

Nemo さん
  • 日程

    2018年7月17日(火)~2018年7月19日(木)

  • 利用した登山口

    広河原   奈良田  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:芦安駐車場に駐車。乗合タクシーで広河原まで。
    芦安駐車場付近は自動車のすれ違い困難なところが多くありました。

  • 天候

    初日:晴れ、 2日目:晴れ、3日目:晴れ
    [2018年07月17日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(06:10)・・・白根御池小屋(08:25)[休憩 10分]・・・小太郎尾根分岐(11:05)[休憩 10分]・・・北岳肩ノ小屋(11:55)[休憩 5分]・・・北岳(13:05)[休憩 10分]・・・北岳山荘(14:35)

【2日目】
北岳山荘(05:20)・・・中白峰(06:00)[休憩 5分]・・・間ノ岳(07:15)[休憩 10分]・・・農鳥小屋(08:30)[休憩 10分]・・・西農鳥岳(09:40)[休憩 25分]・・・農鳥岳(10:45)[休憩 10分]・・・大門沢下降点(11:35)[休憩 5分]・・・大門沢小屋(14:30)

【3日目】
大門沢小屋(04:55)・・・吊橋(森山橋)(06:45)[休憩 10分]・・・奈良田第一発電所(農鳥岳登山口)(07:40)[休憩 5分]・・・奈良田(08:25)

総距離 約24.5km 累積標高差 上り:約3,039m
下り:約3,731m
コースタイム 標準:19時間45分
自己:19時間10分
コースタイム倍率 0.97
3日間、ともに天気に恵まれました。

直前に大樺沢コースが通行止めであることを知り、白根御池経由草すべりルートに変更しました。白根御池から大樺沢二俣に抜けるルートも通行止めという情報があったため、草すべりルートを選択しましたが、北岳山荘で会った方の話では、白根御池から大樺沢二俣に抜けるルートは通行止めが解除されていたとのこと。草すべりルートは急登が続くので回避したかったのですが…。負担を軽くしたい方は、大樺沢二俣から右俣ルートをお勧めします。

北岳ノ肩小屋から北岳山頂までも大変でした。さすが日本第2位の高峰です。
「北岳、半端ない」って感じでした。

北岳山頂から北岳山荘までは急な下り。山荘は見えどもなかなかたどり着かない、そんなことを思いながら歩いていました。高山植物が豊富なため、心和ませてくれます。

2日目は、北岳山荘から大門沢小屋までのロングコース。
まずは間ノ岳を目指します。昨日と違い、今日の高低差は200mくらいです。とはいえ、中白峰、間ノ岳、その後に続く西農鳥岳、農鳥岳とアップダウンが続き、かなりの体力を消耗しました。天気が良かったため、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山と展望良好だったのが救いです。

大門沢下降点まで来ると、ここからは一気に大門沢小屋まで下ります。
なかなかの急坂となっており、それまでのアップダウンとあいまってひざに痛みを感じるくらい大変でした。展望も無くなり、樹林帯をひたすら下っていきます。途中から水の流れる音が大きくなってきて、左手にヨモギ沢上流が見えてきます。そこから怪しい丸太橋を渡り、木階段が必要ではないかと思われるような段差を越え、大門沢小屋にたどり着きました。

3日目は、奈良田発広河原行きのバスが8時40分発だったため、間に合うように小屋を5時ごろ出るようにしました。
小屋の方は、下降点から小屋までとは違い、なだらかな下りと言っていましたが、急な下りが続いたり、丸太橋、鉄パイプ橋、壊れかけの木橋と難所続きでした。難易度は高くなくても、一歩間違えば川に落ちるという恐怖との戦いです。

早川水系発電所取水口を超えたところで迂回路が設定されており、吊橋を3つ渡るところ、渡ったのは2つだけでした。最後の1つは渡らなくても林道沿いに歩いて行けるので、渡る必要があるのは最初の1つだけです。工事のため、林道を早川水系発電所取水口近くまで伸ばしているようです。

林道を奈良田第一発電所バス停まで歩き、1時間弱時間があったので、さらに奈良田まで歩きました。奈良田駐車場付近で紫陽花が咲いていたのが印象的でした。

登山中の画像
登山画像
広河原インフォメーションセンター。
登山画像
広河原山荘。
登山画像
登山道はこんな感じで始まります。
登山画像
白根御池まで約3時間。
登山画像
途中に見えた滝。
登山画像
白根御池小屋。
登山画像
白根御池から草すべりルートを望む。
登山画像
文字通り草の中を通ります①
登山画像
二俣への分岐点。
登山画像
文字通り草の中を通ります②
登山画像
小太郎山分岐点。
登山画像
北岳ノ小屋。
登山画像
両俣分岐点。両俣方面には行けません。
登山画像
北岳山頂までの急登①
登山画像
北岳山頂までの急登②
登山画像
北岳山頂
登山画像
山頂はこんな感じ。
登山画像
山頂から北岳山荘を望む。
登山画像
池山吊尾根分岐点。
登山画像
八本歯のコル分岐点。
登山画像
北岳山荘。
登山画像
北岳山荘付近から中白峰山頂を望む。
登山画像
中白峰山頂。
登山画像
中白根から間ノ岳を望む。
登山画像
間ノ岳山頂。
登山画像
間ノ岳山頂から西農鳥岳を望む。鞍部に農鳥小屋…
登山画像
三国平との分岐。
登山画像
農鳥小屋。
登山画像
西農鳥岳、農鳥岳を望む。
登山画像
西農鳥岳山頂。
登山画像
農鳥岳山頂。
登山画像
大門沢下降点。なぜこのような鐘があるのか書か…
登山画像
ヨモギ沢上流。
登山画像
壊れかけの木橋。
登山画像
大門沢小屋。
登山画像
信頼性の低い丸太橋。
登山画像
見た目の悪い鉄パイプ橋。
登山画像
これまでよりはマシな橋。
登山画像
大きな岩。
登山画像
木橋①
登山画像
木橋②
登山画像
吊橋①
登山画像
早川水系発電所取水口。
登山画像
迂回路が設定されていました。
登山画像
吊橋②渡らなくても大丈夫です。
登山画像
登山道入り口。ここからは林道を歩きます。
登山画像
奈良田第一発電所バス停。
登山画像
高山植物①
登山画像
高山植物②
登山画像
高山植物③
登山画像
北岳下山中のお花畑。
登山画像
奈良田駐車場前の紫陽花。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ライター
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Nemo さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雪
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?