登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
摩耶山 2018 摩耶山(東北)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん

この登山記録の行程

越沢登山口・セト橋(11:30)・・・小浜の茶屋跡(11:46)・・・弁財天の夫婦滝(11:53-11:57)・・・奥の滝へ道迷い(~12:20)・・・七つ滝分岐(12:31)・・・摩耶山山頂(13:33~13:40)・・・掛図岩(14:09)・・・ソリクラ分岐(14:16)・・・摩耶山頂(15:23)・・・奥の宮(15:27)・・・六体地蔵尊(15:31)・・・避難小屋(15:44)・・・弁財天の夫婦滝(16:45)・・・小浜の茶屋跡(16:50)・・・セト橋登山口(17:03)


総距離 約7.1km 累積標高差 上り:約1,305m
下り:約1,305m
西日本にそれた迷走の台風12号の進路と周辺の天気予報を見ながら、行けそうな所を探して、立山周辺も候補だったが山と渓谷No.999号に記事が掲載されていた摩耶山に決定。
朝まで迷っていたのでまたまた出発が遅れた。
まあ低山で距離も短いので暑さを覚悟すれば良いだろうと水分を多目にザックに入れて行った。
セト橋奥の登山口に着いたらなんとアブの大群がお出迎え。
黒系の車だからなのだろうか?スズメバチでもあるまいし。
アブなのでお構いなしに外に出て、虫除けスプレーを体にかけた後に靴を履き替え、ザックを抱えて車を離れたが、すごい数でドアを開けたときに30匹位は車内に入った感じ。
それにスプレーをかけたが殺虫剤ではないのでバタバタとは行かず、閉じ込めて出発した。
すぐに登山道に入り暫く進んで地図を車内に忘れたことに気付いたが、アブが嫌だったので撮影した登山口のルート図案内板を頼りに進むことにした。
足場板のかかった沢を渡り、小浜の茶屋跡分岐から滝コースに向かった。
直ぐに弁財天の夫婦滝で、正面の滝の左側に垂直に近い梯子が掛けてある。
夫婦滝と言うことでその左奥に半分ぐらいの落差の滝があった。垂直梯子を登りきり左に向かったが、それは間違いの踏み跡で、沢の壁をへつるように行き、沢に降りても次の道が見当たらず、落差のある滝を遠巻きに越えて行っても道がない。
おかしいので引き返したら、直登に近い踏み跡が梯子の先にあった。(30分近くロス)
そこから延々とブナの根急登、大汗を流しながら稜線に出て、南へ直ぐに山頂だった。
南北に走る稜線は西側(海側)は樹林帯、東側(内陸側)は草付きの岩稜帯だ。
鳥海山、月山、以東岳等、遠くの名山の山頂部はガスで隠れて残念。
山頂から南側の中道コースの斜面を降りたが、かなりの傾斜で、雨などでV字に掘られた溝をロープを使ってひたすら降りる。
誰も登って来なかったので良かったが、足元からの落石に気を使う。
途中で尾根に上がる箇所があり下り一辺倒ではない。(また道を間違えたかと思った。)
掛図岩頂部からは岩と雪渓の眺めがいい。
岩から少し下るとソリクラ尾根への分岐点。
雪渓の対面から尾根に取り付くと思うのだが、なかなか道が見つからず雪渓の最下端まで降りてまた上ってきたら、当初の道の少し上に梯子と長いロープが掛けてあり、これまた垂直に近い壁面を上がる。
直ぐに麓からのコースと合流しまたまた時折ロープと鎖のある急登。
ソリクラの壁下は岩場の横歩きだが、低木も繁り怖さはない。
稜線に出て直ぐに山頂。
直ぐに山頂を後にし関川登山口方面へ下り、避難小屋から七ツ滝を見ようと向かったが、これが失敗で途中までは踏み跡がハッキリしていたが次第に不明瞭に。リボンも点在しているが見落として沢に入り込んでしまった。元々滝コースとあったので,滝を眺めるルートなのだろうと思い込んでいたので、違和感無く行ってしまい、その後元の道に戻れば良いものの、沢を下ってみようと馬鹿な考えをしたのが間違いだった。
まだ山の中腹なので落差の大きな滝が点在し、その都度高巻きで滝を越えて行くのに結構体力を使う。昔のゼンマイ取りを思い出したが、そんな経験があるので安易に無理をしがちなのかも知れない。
暫く下ると30mはあろうか、非常に大きな落差のある滝の上部に出た。横を見ると記憶のある金属はしごがかかっている。夫婦滝の上だった。
直ぐに小枝を掴みつつ横移動し、登山道に入り一安心して登山口へ戻った。
登山口ではまたもアブの大群のお出迎え。
急いで靴を履き替え,着替えも無しに発進したがまた大量に車内に入ったので窓を全開にして走り続けたら,おおよそ車外に飛び出したようだ。(ミラーで見ると暫く集団で追いかけてきた)
 今日は暑さは身構えていたが,コース外れ,コース不明瞭,自身の無謀が目に付いた。コースタイムが載っているルートは明瞭ながらもそれ以外は地図を持って、見て慎重に行くべきだったし、これは低山との油断があったのかもしれない。
何れにしろ、岩のよじ登りはそれほど無かったが急登連続で全身の体力が必要な山だった。
 帰りに新潟県村上R7道の駅に併設の、まほろばの湯に入ってきた。

登山中の画像
登山画像
少し杉林を歩くき沢を渡る。
登山画像
沢沿いの道は気持ちいいが暑い。
登山画像
小浜の茶屋跡分岐。左が滝コース。
登山画像
夫婦滝・・・左側の梯子を登る。
登山画像
梯子が掛かった滝の30m位左側にもうひとつ滝があ…
登山画像
滝壺を見下ろしたが?
登山画像
間違えて行った先にあった滝。
登山画像
七ツ滝分岐。直進。
登山画像
七ツ滝へは通行止め。
登山画像
山頂
登山画像
西側の日本海。
登山画像
遠くに鳥海山。山頂は雲に隠れていた。
登山画像
月山。これも雲隠れ。
登山画像
以東岳。これも雲隠れ。
登山画像
掛図岩
登山画像
雪渓が残っていた。正面は山頂ピーク
登山画像
ソリクラ尾根への分岐点(ショートカット路)
登山画像
この雪渓上をヘビが横切っていた。
登山画像
冷気がモウモウと湯気になって出ていた。
登山画像
雪渓対面のはしごとロープ
登山画像
ブナ休み場
登山画像
チェーン,ロープが結構続く。
登山画像
ソリクラの壁と言うらしいがその下をトラバース…
登山画像
また山頂
登山画像
山頂から雪渓を見下ろした。
登山画像
奥の宮
登山画像
六体地蔵尊
登山画像
避難小屋ここから滝を見ようと下ったのが誤算だ…
登山画像
また夫婦滝
登山画像
分岐
登山画像
登山口に戻ってきた。
登山画像
国道沿いにある登山口の案内標柱他
登山画像
解説板をアップで。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!