登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
摩耶山(二つ峰の奇観と360度の展望・越沢登山口)2019秋 摩耶山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2019年10月21日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:越沢の中田橋から林道に入り、約2km進むと瀬戸橋に着きます。ここが駐車場で、5、6台ほど駐車できます。

  • 天候

    高曇り
    [2019年10月21日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

越沢登山口(7:51)・・・渡渉点(8:06)・・・初心者コース・ベテランコース分岐点(8:25)・・・弁財天の滝(8:48)【周辺探索10分】・・・仙人ケ岩屋分岐点(9:16)・・・山頂(10:38)【昼食・休憩1:02】・・・避難小屋(12:09)・・・七ツ滝分岐(12:34)・・・渡渉点(13:03)・・・越沢登山口(13:13)

 摩耶山は信仰の山だと聞いた。なるほど、金峰山から母狩山、湯ノ沢岳へと標高を上げ、その奥に山岳信仰の仕上げの峰として摩耶山は鎮座している。摩耶山信仰によって栄えていたこの山も、上杉氏・酒井氏の藩政時代には登山が禁止され、寂れてしまった。ところが、そのために自然がよく保たれてきたという。全山一帯はヤマネの生息地として有名らしい。

 午前5時に自宅を出て、山形自動車道を西に進む。今年、この道路を走るのは何回目だろうか。山形に入ると少し明るくなってきた。寒河江市、西川町を過ぎて、月山インターチェンジからは一般道に入る。右手前方に月山が大きい。鶴岡市に入ると、遠くに鳥海山が見えてきた。今日は高曇りだが、展望は期待できるようだ。
 
 鶴岡インターを降りて湯田川温泉を過ぎ、山間の道を南に進んでいくと、いくつかの集落を見る。山間のいい景色だ。やがて左手に、摩耶山登山道入り口の標識を見つけ、ここから林道に入る。林道を約2km走ると、赤い橋が見えてきた。瀬戸橋である。そこが登山道の入り口で、5、6台の駐車スペースがある。先行者の車が一台止まっていた。

 7時51分に歩き出す。杉林に入り、平坦で柔らかな道を進む。右手には渓流が水音を立てている。小国川である。実に気分の良い道である。トチの大木の向こうに岸壁が現れた。

 15分ほどで渡渉点に着く。水量の多いときは、ここが難所となる。渓流にはアルミ製の梯子が架かっているが、これが実に不安定でバランスを取りにくい。トレッキングポールを支えにして渡る。沢は予想したよりも深く、落ちたらかなり濡れてしまうだろう。

 沢を渡ると軽い登りとなるが、すぐに傾斜は緩み、沢を左手に見ながら歩くようになる。流れは千変万化で、所々に小さな滝がある。見ていて飽きない。いくつかの岩を越えると、シダの繁茂した場所に出て、そこから分岐点はすぐである。
 
 分岐点には滝がある。滝を右に進むのが初心者コース、左に行くのがベテランコースである。ベテランコースとは言っても難所が連続する訳ではなく、滝の横を梯子で十数メートル登り、急登が2時間ほど続く道である。今日は、ベテランコースを行き、帰りは初心者コースを下る。

 8時48分に弁財天の滝に着く。数十メートルもある大きな滝だ。左にももう一つ滝があるが、隠れてよく見えない。滝の左手には梯子がしつらえてあり、ここを登っていく。梯子はしっかりしているので、不安はない。登り切って滝壺を見下ろす。

 ここからは木の根が露出した道を行く。急登である。二口山塊の白糸の滝コースによく似た道だ。そういえば、渓流沿いを歩く道は仙台神室岳の仙人沢コースを思い出させる。沢沿いの道からブナ林の急登は、わたしの好きなパターンである。 

 黙々と登る。左手には摩耶山に続く稜線が高く、所々に紅葉が見える。ブナの大木が要所要所に現れ、つづら折りになった道の踊り場で一息つきながら、この難所を攻めた。9時16分に七つ滝の分岐点に着く。七つ滝への道は廃道になっているようだ。

 さらに登って鞍部に出る。目の前に摩耶山の稜線が広がる。山頂までは、まだ距離があるが、もうしばらくの辛抱であの稜線に出るはずだ。鞍部は紅葉が始まっていて、ブナやカエデの黄色がよく目立つ。ナナカマドやオオカメノキの赤が散りばめられて美しい。
 
 また登りが始まる。ここも急登である。対岸の稜線が低くなってきたが、エネルギーも不足してきた。そういえば、歩き始めてから何も飲んでいないし、食べてもいない。休んでもいいが、山頂まではもう數十分だろう。ここでは休まず、山頂で大休止を取ることにした。

 10時38分に稜線上に飛び出た。目の前に二つの岩峰が並んでいる。驚きの展望だ。岩峰の縁は赤と黄色で染まっていて、ここにも秋が訪れていた。山頂からの360度の展望は素晴らしく、月山、鳥海山はもちろん、日本海に浮かぶ粟島も近くに望めた。眼下には荒沢ダム、その向こうに以東岳も確認できる。山頂では小一時間ほど休み、開放的な景色を存分に味わった。

 11時40分に下山を開始する。下山は初心者コースを選択した。数分ほどで6体の地蔵が祀られた場所に出て、ここが信仰の山だということを再確認した。ここからのブナ林は実に見事である。木肌が美しい。降って振り返ると、摩耶山山頂部の険しい岸壁が見えた。さらに下っていくと、色とりどりの葉の向こうに七つ滝が見えた。
 
 小さな避難小屋を過ぎ、素敵なブナ林を歩いて分岐点に至る。ここは右手に進み、ブナの純林からカラマツの混じる林になると、小国川渓流は近い。12時49分に、ベテランコースと初心者コースの分岐点に出て、沢沿いの道を下っていく。

 あの不安定な渡渉点をまた渡って、13時13分に登山口に着く。摩耶山は標高が低いにも関わらず、変化に富み、眺望が圧倒的に優れ、渓流沿いの道とブナ林が素晴らしい秀峰である。高曇りの一日、山旅を楽しんだ。

登山中の画像
登山画像
瀬戸橋の先が駐車場
登山画像
越沢登山口
登山画像
杉林の中を進む
登山画像
歩きやすい平坦な道を行く
登山画像
渓流沿いに進む
登山画像
トチの木の向こうに岩壁が見える
登山画像
渡渉する
登山画像
渓流は千変万化
登山画像
もう一つの岩壁
登山画像
小国川の流れ
登山画像
左手に渓流を見て進む
登山画像
シダ類の繁茂した道
登山画像
初級者コース、ベテランコース分岐点の滝
登山画像
渓流が美しい
登山画像
見上げるとブナ
登山画像
深緑の淵
登山画像
弁財天の滝
登山画像
滝の左手の梯子を登る
登山画像
水量が多い
登山画像
飛沫が飛び散る
登山画像
登り切って見下ろす
登山画像
ここから急登が連続する
登山画像
仙人ケ岩屋分岐点
登山画像
ブナの黄葉が始まっている
登山画像
トチの葉も黄色に
登山画像
ところどころに赤も目立つ
登山画像
鞍部に出る
登山画像
また急登が始まる
登山画像
摩耶山の稜線が見える
登山画像
先行者に追いつく
登山画像
大分色づいている
登山画像
稜線のアップ
登山画像
ここを飛び出ると
登山画像
驚く景観が待っている
登山画像
摩耶山山頂が見える
登山画像
鉾ケ峰と鑓ケ峰
登山画像
山頂の向こうに月山が対峙
登山画像
遠くに以東岳が見える
登山画像
紅葉が鮮やか
登山画像
日本海に浮かぶ粟島
登山画像
遠くに鳥海山が見える
登山画像
鉾ケ峰と鑓ケ峰に別れを告げるとお
登山画像
下山する
登山画像
紅葉が素晴らしい
登山画像
六体地蔵尊
登山画像
ブナの黄葉の中を下る
登山画像
この辺りの紅葉は今が盛り
登山画像
摩耶山を振り返る
登山画像
避難小屋
登山画像
ブナの巨木
登山画像
開放的な道
登山画像
どこまでも歩いて行きたくなる
登山画像
ブナの木肌が美しい
登山画像
七ツ滝が見えた
登山画像
ブナ林を下る
登山画像
初心者コース、ベテランコースの分岐点は近い
登山画像
渓流沿いの道を行く
登山画像
紅葉の時に見てみたい
登山画像
渡渉点を渡り返す
登山画像
杉林を進んで登山口に戻る
登山画像
林道入り口の立て看板
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。