登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
苗場山 祓川コース日帰り 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

myowken さん
  • 日程

    2018年8月18日(土)

  • 利用した登山口

    かぐらスキー場町営駐車場  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:秡川駐車場の先、スキー場内に臨時駐車スペースあり。
    国道17号から秡川駐車場までの道は、路面状況がかなり悪いので注意。

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

かぐらスキー場町営駐車場(07:30)・・・和田小屋(07:45)[休憩 5分]・・・下ノ芝(08:40)・・・上ノ芝(09:35)・・・神楽ヶ峰(09:55)・・・苗場山(11:15)[休憩 85分]・・・神楽ヶ峰(13:50)・・・上ノ芝(14:10)・・・下ノ芝(15:00)・・・和田小屋(16:00)・・・かぐらスキー場町営駐車場(16:30)

総距離 約13.5km 累積標高差 上り:約1,303m
下り:約1,303m
コースタイム 標準:7時間40分
自己:7時間30分
コースタイム倍率 0.98
ガイドブック類で体力度が2になる、累積標高差1000m前後+距離10km前後のコースに挑戦したかったので、苗場山をチョイス。

7:30、秡川駐車場先の臨時駐車スペースに車を置いてスタート。和田小屋までの登りは舗装路だが結構急な坂で、帰って歩きにくい。
登山届をポストに入れてゲレンデを歩き始める。

登山者カウンターを過ぎると、木道と沢が交互に現れる道が七合目まで続く。
沢は段差がきついところが多く、ぬかるんだ土道とゴロゴロした石の繰り返し。土がついてると木道で滑るので要注意。
途中スキーコースとクロスしつつ進むと七合目、下の芝に到着。

下の芝から中の芝までの間も大体似たような印象の登山道。中の芝を過ぎると少しひらけてきて、木道が多くなる。このあたりは展望がすごく良くて、楽しんで歩けた。

上の芝から神楽ヶ峰までは上下動が少なく、股スリ岩でギョッとした程度。
神楽ヶ峰からは苗場山が随分遠くに見え、ちょっと心が折れそうになる。「あの上まで登るのか…」という感じ。

ここまでの登りはスムーズで、標準コースタイムと比べても遜色ない感じ。
その後一旦下りに入るが、これが結構長い…。
下山の時こんなに登るのかと思って気が重くなる。
途中の「お花畑」は時期が悪くてほとんど何もなし。

そして九合目からラストの登り。これがとにかくキツい!手も使ってヒイヒイ言いながら登る。
ここでも下山のことが頭をよぎり、下りでやばそうなポイントをいくつか記憶するように努める。
途中の雲尾坂の看板に苗場山頂まで二十分の表記があったが、そこから三十分以上かかってなんとか山頂の湿原に到着。
ここも時期が悪くて花はほとんど望めなかった。
それでも池塘に映る、秋めいた高く青い空が、労をねぎらってくれたように感じられた。

山頂で色々写真撮ったりご飯食べたりの大休止を取り、12:40に下山開始。
体力的な不安のほか、ちょっと左膝に痛みがあったので、下山には余計に時間がかかると予想された。和田小屋まで3時間以上かかっても16時には山から出たいところ。

で、やはり下山は辛かった。山頂からお花畑までの下りは、登りでいくつかチェックしていたポイントに注意すれば特に問題なかった。
途中の雷清水で小休止。冷たくて美味しかったです。
で、神楽ヶ峰へ登り返すのだが、もう体力が残ってなくてバテバテ。
それでもここまでくればあとは下るばっかりだと思い、中の芝あたりまでは楽観的だったが、このコース、最初にぬかるんだ沢を登ってきたのを忘れていた。
最後の最後、疲れ切ったところにこの下りがきついなんの。
膝の痛みもあって、七合目から和田小屋までの下りは無間地獄のように感じられた。

で、何とか和田小屋にだどりつき時計を見ると16時ちょうど。このコースは山体の東側から登るので、多分もう少したつと樹林帯のコースは相当暗かったはず。

登山届のポストに、今回も世話にならずに済んだことを感謝しつつ、山行は終了。

そこから駐車場までの舗装路の下りすら辛かったし、疲れた体で駐車場から国道に抜けるまでのグラベルを運転するのも辛かった。とにかく疲れた山行でした。

次はもうちょっと手軽な山に行きたいなぁ。

登山中の画像
登山画像
神楽ヶ峰からの眺望。全体的に眺望がよく、その…
登山画像
神楽ヶ峰からみた苗場山。「あの上まで登るのか……
登山画像
九合目あたりからの1枚。
登山画像
池塘に映る初秋の空。
登山画像
山頂の湿原。また登る機会があれば、今度は花の…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

myowkenさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    国道17号線から秡川登山口駐車場までの林道(町道苗場線)は、本日より冬期通行止め期間に入りました
    20年11月13日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

myowken さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...