登山記録詳細

クライミング
参考になった 0
6峰CフェースRCC 剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

よおいち さん
  • 日程

    2018年8月11日(土)~2018年8月14日(火)

  • パーティ

    7人 (よおいち さん 、ヌマさん さん 、よっさん さん 、けいいちさん さん 、O野さん さん 、みどりさん さん 、ゆっこさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:富山側から

  • 天候

    初日はれ二日目くもり三日目あめ時々曇り四日目はれ
    [2018年08月11日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

8月11日入山 室堂~剱沢~真砂沢BC
8月12日 :真砂沢BC~長次郎雪渓~八峰六峰Cフェース剣稜会およびRCCルート~長次郎雪渓~真砂沢BC
8月13日 東面スラブ偵察 真砂沢BC~三の沢大滝~真砂沢BC 
8月14日 下山 真砂沢BC~室堂


総距離 約39.8km 累積標高差 上り:約3,295m
下り:約4,746m
 初日、室堂でバスを降り出発する。荷物の重さに耐え別山乗越まで登ると剱が顔を出す。多少テンションを上げつつも剣沢から真砂沢までの下りは前日の寝不足もありカナリしんどかった。晩飯のほとんどルーのカレーはうまかった。2日目は6峰Cフェース。雪渓のぼりが意外ときつく取付の下までやっとの思いで上がった。剣稜会ルートは混雑していて取付でゆっくりしていたら、けいいちさんはRCCルートを探索しながらのぼり始めている。よおいちはあわてて支度するも、ビレイした頃にはかなり登っていた。その後もけいいちさんリードでルートを探りながら5ピッチでフェースの頂上にでた(3ピッチ目でフォールドが取り損ねてフォール。約1-2Mけがなし)。剣稜会ルートは中間の渋滞で相当待たされていた。頂上で他のメンバーの登頂をまって五・六のコル方面に下山を開始。5.6のコル方面へ下り途中支点より1ピッチ降りたところで下りの渋滞が発生していた。このままでは相当遅くなると判断し長次郎谷側の別ルートを探すことになって約50mを上りかえした。全身を使って登り返すのはとても疲れた。その後Cフェース頂上に戻り下山ルートを探し3回の懸垂を交えてコルに着いた。この時ヘッデンを忘れていた今井はコルからガレ場を先に降りたが、そのまま雪渓を降りしまい、よっさんからしっかり叱られた。やっぱり集団行動だしクレバスとか滑落とか心配かけました。かなり下ってしまったので途中で皆と合流して足元を照らしてもらいつつおりた。約12時間行動で全員ヘトヘトだった。晩飯はマーボ春雨とごはん。定番だがやっぱうまい。その日の夜から天候は崩れ始め翌朝も雨が降ったり止んだり。3日目は東面スラブの偵察に出掛け雪渓の端から非常に不安定な斜面を移動して帰った。あとは飯食って寝た。4日目の朝、ガスは多めだったが快天の予感がした。朝食後少し乾かしながら撤収したがテントはずっしり。ザックは重く23.9Kgと行きより1kg増えていた。24kgは未知の領域だったがけいいちさんリードのゆっくりペースで何とか剱沢-剣御前小屋と担ぎ上げライチョウ沢からの地味な登りもやりっきった。終わって思う事は「6峰の下りを縦走ルートで登って本峰まで行ってみたい」と「ヘツデンの確認は出発直前にも行う」でした。
備忘録:真砂沢、長次郎谷、Cフェースでは携帯の電波は期待できない。また真砂沢ではラジオの電波が悪い。天候も含め情報収集は剱沢が最終?。パルメザンチーズはカレートマト雑炊なんかとあって便利。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    昨日の降雪で今朝は立山が雪化粧。室堂では融雪が進み一部ハイマツなど現れてきました
    19年05月15日(水)

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました