登山記録詳細

クライミング
参考になった 0
6峰CフェースRCC 剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

よおいち さん
  • 日程

    2018年8月11日(土)~2018年8月14日(火)

  • パーティ

    7人 (よおいち さん 、ヌマさん さん 、よっさん さん 、けいいちさん さん 、O野さん さん 、みどりさん さん 、ゆっこさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:富山側から

  • 天候

    初日はれ二日目くもり三日目あめ時々曇り四日目はれ
    [2018年08月11日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

8月11日入山 室堂~剱沢~真砂沢BC
8月12日 :真砂沢BC~長次郎雪渓~八峰六峰Cフェース剣稜会およびRCCルート~長次郎雪渓~真砂沢BC
8月13日 東面スラブ偵察 真砂沢BC~三の沢大滝~真砂沢BC 
8月14日 下山 真砂沢BC~室堂


総距離 約39.8km 累積標高差 上り:約3,295m
下り:約4,746m
 初日、室堂でバスを降り出発する。荷物の重さに耐え別山乗越まで登ると剱が顔を出す。多少テンションを上げつつも剣沢から真砂沢までの下りは前日の寝不足もありカナリしんどかった。晩飯のほとんどルーのカレーはうまかった。2日目は6峰Cフェース。雪渓のぼりが意外ときつく取付の下までやっとの思いで上がった。剣稜会ルートは混雑していて取付でゆっくりしていたら、けいいちさんはRCCルートを探索しながらのぼり始めている。よおいちはあわてて支度するも、ビレイした頃にはかなり登っていた。その後もけいいちさんリードでルートを探りながら5ピッチでフェースの頂上にでた(3ピッチ目でフォールドが取り損ねてフォール。約1-2Mけがなし)。剣稜会ルートは中間の渋滞で相当待たされていた。頂上で他のメンバーの登頂をまって五・六のコル方面に下山を開始。5.6のコル方面へ下り途中支点より1ピッチ降りたところで下りの渋滞が発生していた。このままでは相当遅くなると判断し長次郎谷側の別ルートを探すことになって約50mを上りかえした。全身を使って登り返すのはとても疲れた。その後Cフェース頂上に戻り下山ルートを探し3回の懸垂を交えてコルに着いた。この時ヘッデンを忘れていた今井はコルからガレ場を先に降りたが、そのまま雪渓を降りしまい、よっさんからしっかり叱られた。やっぱり集団行動だしクレバスとか滑落とか心配かけました。かなり下ってしまったので途中で皆と合流して足元を照らしてもらいつつおりた。約12時間行動で全員ヘトヘトだった。晩飯はマーボ春雨とごはん。定番だがやっぱうまい。その日の夜から天候は崩れ始め翌朝も雨が降ったり止んだり。3日目は東面スラブの偵察に出掛け雪渓の端から非常に不安定な斜面を移動して帰った。あとは飯食って寝た。4日目の朝、ガスは多めだったが快天の予感がした。朝食後少し乾かしながら撤収したがテントはずっしり。ザックは重く23.9Kgと行きより1kg増えていた。24kgは未知の領域だったがけいいちさんリードのゆっくりペースで何とか剱沢-剣御前小屋と担ぎ上げライチョウ沢からの地味な登りもやりっきった。終わって思う事は「6峰の下りを縦走ルートで登って本峰まで行ってみたい」と「ヘツデンの確認は出発直前にも行う」でした。
備忘録:真砂沢、長次郎谷、Cフェースでは携帯の電波は期待できない。また真砂沢ではラジオの電波が悪い。天候も含め情報収集は剱沢が最終?。パルメザンチーズはカレートマト雑炊なんかとあって便利。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    9月は降雪の可能性もあり稜線は低体温症に注意。想定気温は下界引く15℃。防寒具雨具必携
    19年09月12日(木)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    剱岳一般ルート支障なし。真砂方面は最新状況を山岳警察隊で確認を。雨具防寒具必携
    19年09月11日(水)

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...