登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
毛無山から三平山へ縦走 毛無山・白馬山・金ヶ谷山・朝鍋鷲ヶ山・三平山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年10月3日(水)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、師匠 さん 、Mさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカー2台で三平山登山口へ、1台デポ
    1台で新庄村田浪の毛無山登山口へ向かう

  • 天候

    ☀15℃
    [2018年10月03日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

三平山登山口8:00Ⓟ⇒田浪Ⓟ8:31→8:53 3合目→9:02 4合目→9:35 8合目→9:50 9合目→10:05毛無山10:15→11:00白馬山→12:05昼食スポット12:40→13:20金ヶ谷山→14:00朝鍋鷲ヶ山14:10→15:33三平山15:38→16:15三平山登山口Ⓟ⇒16:45田浪Ⓟ


総距離 約14.2km 累積標高差 上り:約1,458m
下り:約1,441m
↑1,466m ↓1,387m 15.5㎞ 7:47分 28,431歩
台風24号と25号のすき間の晴れ間、久しぶりに師匠と3人パーティーで毛無山から三平山縦走をしてきた。県下屈指のブナの森は稜線付近で黄葉が始まっていました。

スタートが8時半になった。
それでも毛無山登山口の田浪Ⓟには1番乗り、市営バスが時間待ちをしているだけだった。台風一過の青空の元、清々しい秋のお山を歩きます。

林道奥の3合目はアッと言う間、4合大岩で先行者が見えてきました。合目表示が新しくなって、古い標示と一緒に立っている。どっちが良い、好み、趣があるなどとたわいもない話で盛り上がる。6合大杉を過ぎ7合目で小休止、8合岩の下を巻けばあと少しで尾根に乗る。

冬道の尾根と合流し9合目休憩舎へ到着です。気温は15℃、休憩舎を覗き、立て付けが悪い入口を締めて山頂へ向います。山頂で、これから縦走する5つのピークを確認します。

今日はこの毛無山を起点に白馬山()、金ヶ谷山()、朝鍋鷲が山()、三平山()とファイブピークス縦走だ。( `―´)ノ 10時15分縦走開始です。

次の目標は白馬山、小1時間の行程。縦走路は刈り払いが済んでとても快適。
少し黄葉が始まったブナの稜線を気持ちよく白馬山へ向かいます。ウイークデー、お山は静かです (^^♪。

白馬山で定番の大山南壁のショットを戴いてさらにブナの森を下ります。俣野越えが金ヶ谷山との最低部、930m位だ。この辺りのブナは大木が多い956mの標高点で土用ダムのお昼サイレンが聞こえ、お昼にします。

40分ほどゆっくり休憩、カフェの後昼から縦走に移ります。立派なブナの森を進むと師匠がイカブナと名付けた大ブナがあった。ひと汗かくと笠杖山との分岐がある。そして、すぐ上に金ヶ谷山登山道の分岐があった。野登呂から国六林業の植林を登って来る登山道との合流点だ。もうひと頑張り登って階段が終われば金ヶ谷山山頂だ。ここには2等三角点「蛇喰山」が埋標されている。

歩き始めてほぼ5時間今日2番目の標高1164mへ到着だ。ほぼ9㎞歩いてきた。眺望は無いので次の朝鍋鷲ヶ山へ向かう。送電鉄塔が通る朝鍋鷲ヶ山は、岡山国体の開催地。
展望塔と記念碑が設置されている。

緩やかに下るブナの森が鉄塔手前まで続いている。送電線巡視路に出ると山頂はもうすぐ、平たい山頂はマルバダケブキ自生地としても貴重な山頂だ。この時期花後の穂が立っている。リンドウも秋の日差しで花を開いている。

ブナの森にお別れし、クリやリョウブの灌木林を緩やかに下るとひっそりと4等三角点「山根田」1035.4mが埋標されている。尾根はだんだん狭く細尾根の上を歩くようになる、辺りが植林になって暗く急な下りになると、このルート最低鞍部穴ヶ乢(787m)到着だ。行路犠牲の菩提を弔う地蔵様が立っている。

ここから最後の三平山へ急登が続く。蒜山名物黒土の登山道、雨後のスリップは有名だが、立派なザイルが設えてあった。今日の天気でそれほど難所ではなかったが、疲れた体に堪える急登、息を切らして20分、やっとのことで肩まで登る。

一息つき、これも蒜山名物土塁歩き、軍馬育成牧場跡の土塁上を快適に山頂へ向かいます。歩くことさらに20分、15:33分最後のピーク三平山(1010m)へ到着です。

眼下に広がる蒜山高原を1望に出来ます。北西に烏ヶ山から大山の山並み、足元に御机の集落。その間に宇多田ヒカルの宣伝するサントリー奥の水大山工場。360度の眺望が広がります。

歩き始めから丁度7時間、やっと目的地まで来ましたが、下りきるまでが登山、最後まで気を抜かずに降りましょう。

三平山は学校登山や家族連れに人気のお山、登山道はとてもよく整備されている。スタスタ下りアカマツ林を過ぎたら登山口だ。16:15分林道へ降り立ち今日の登山終了。行動時間7:47分15㎞の縦走でした。朝止めた愛車で田浪の駐車場へ帰ります。

詳しいレポはブログでどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2018/10/201810-31218m1010m.html

登山中の画像
登山画像
林道へ入る
登山画像
林道から登山道へ
登山画像
4合大岩
登山画像
8合大岩トラバース
登山画像
9合休憩舎
登山画像
毛無山山頂
登山画像
大山∼蒜山の山並み
登山画像
ブナ林を行く
登山画像
金ヶ谷山へ向かう
登山画像
金ヶ谷山到着
登山画像
朝鍋鷲が山到着
登山画像
朝鍋鷲ヶ山登山道分岐通過
登山画像
穴ヶ乢へ降りた
登山画像
三平山へ土塁の登山道を行く
登山画像
5つ目のピーク三平山へ到着
登山画像
大山と御机集落間にサントリー奥大山の水工場
登山画像
土塁を蒜山に向け下る
登山画像
三平山登山口へ無事下山
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...