登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
愛鷹山・風化が進む鋸岳ルートを行く! 位牌岳、越前岳、黒岳、前岳、呼子岳、蓬莱山、鋸岳(関東)
img

記録したユーザー

カモネン さん

この登山記録の行程

【初日】
山神社駐車場(5:50)⇒ 愛鷹山荘(6:25/6:30)⇒ 富士見峠(6:35)⇒ 黒岳(6:55/7:05)
  ⇒ 富士見峠(7:25)⇒ 鋸岳展望台(7:55)⇒ 富士見台(8:35)⇒ 越前岳(8:55/9:15)
  ⇒ 呼子岳(10:05/10:10)⇒ 割石峠(10:20)⇒ 蓬莱山(10:35)⇒ 位牌岳(12:25/13:10)⇒ 前岳(13:45)
  ⇒ 北尾根取付(14:20)⇒ 東沢(14:30/14:40)⇒ 山神社駐車場(15:10)


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,312m
下り:約1,313m
前々から気になっていた愛鷹山の鋸岳。風化による崩壊が進んで立入禁止となってますが、ネットでは踏破した人もチラホラ。とはいえ、ソロで行くのはちょっと・・・と二の足を踏んでいたところ、6月に皇海山クラシックルート+αを共にしたAさん&Yさんとのコラボが再現。クレイジー・トリオ復活です。

山神社駐車場到着は5時半。明るくなるのを15分ほど待って黒岳へ。途中、無人の避難小屋・愛鷹山荘を覗いてみると予想よりも立派。収容6名ほど、トイレ有り(別棟)、水場なし、でした。富士見峠は山荘からすぐのところ。黒岳ピストンは思いのほか時間がかかって疲れましたが、山頂からの富士山の眺めは最高!周辺の林の雰囲気も良くておすすめです。ただ、自衛隊富士演習場の砲弾爆裂音は余計。

富士見峠に戻って越前岳へ。長くてド単調なダラダラ登り。黒岳ピストンでダメージを受けた体にはツライ・・・。自衛隊の砲弾音も腹に響く・・・。溝のようなトレイルもそこそこ荒れ気味。歩く人はあまり多くなさそう。なお、左側斜面が豪快に崩落した箇所があって要注意です(立て看板とロープ有)。

やっと辿り着いた越前岳で駿河湾&伊豆半島の絶景を見ながら休憩したら割石峠へ。この区間もいわゆる痩せ尾根。急な下りもあって通行は要注意。割石峠に着くと山神社駐車場からの道が北から合流します。その反対の南側にはこれから向かう鋸岳を予感させる狭くスッパリと切れた深いキレット。険しい・・・。

割石峠を出発するとまずは蓬莱山。山頂の「立ち入りはご遠慮を」の看板の脇を抜けて進みます。ここからはまさに自己責任!気を引き締めてスタートするとすぐに鋸岳ルートの全容を見渡せるスポットに。あまりの荒々しさに思わず息をのみます。よくよく見ると、手前の南側斜面に下りトラバース道。ネット情報によれば、あれを辿ってその先にあるどこかのキレットで登り返して北側斜面に出るらしい。

さて、いよいよ縦走路に突入。トラバース道は非常に狭く、右側に落っこちて「サヨウナラ~」とならないよう左手で鎖を掴んで慎重に進みます。が、鎖は不安定、足元も草で見づらい、茨のトゲが痛い等々、序盤から痺れる箇所の連続。特に岩場は細心の注意が必要。人が通らないので岩の上には苔が生えていて非常に滑りやすくなっています。ボロボロと簡単に崩れる岩もあり落石にも要注意。ようやく第5ピークと呼ばれる岩峰の根元に辿り着くと今度はザレた急斜面を直登。鎖・ロープは設置されてますが、命を守るため、片方の手のどちらかは必ず鎖・ロープ以外を掴むこと。

斜面を登りきるとその先からは北側斜面をトラバース。こちらも足場が狭く、雑草で見づらい・・・。慎重に慎重に数十メートル進むと今後は垂直に岩場を登って尾根道へ出ます。この岩場も鎖は当てにできないので主に岩・木を掴んで登ります。ようやく鎖場の波状攻撃が終わって一息つけたかなと思う頃、縦走路上に「大沢入林道」と書かれた標識。ここから位牌岳まではまだかなり登りますが、力尽きてしまった人はテープを辿って沢を下れば山神社駐車場に戻れるようです。

その標識通過後、もう1度、鎖場のトラバース&急登箇所。これを越えてようやく一般登山道に。が、この傾斜がまたキツイ・・・。位牌岳に着くと3人ともへたり込んでしまいましたが、位牌岳山頂は平らで広く、なかなか快適なので昼食と雑談でのんびりまったり。なお、ものはついでで位牌岳から愛鷹山ピストン(往復3時間半)にも行ってみようかという案もありましたが、日暮れも早い時期なのでそれはパスして前岳へ。

展望も何もない地味~な前岳からは北尾根を下ります。が、その傾斜が半端でない。中森明菜の「真っ逆さまに落ちてdesire」か、はたまた、マサ斉藤のパイル・ドライバーかという急降下。両側の木の枝をしっかり掴んで下りないと確実に滑落遭難します。下りにもかかわらず、ゼイゼイ息を切らし、汗まみれになって北尾根取付に下り立った後はテープとケルンを目印にしながら東沢分岐へ。ここまで来ればやっと大丈夫。林道を下り、15時過ぎに山神社駐車場に到着。到着前からパラつき始めた雨が、駐車場を出発する頃には土砂降りになりましたから本当にラッキー。愛鷹山ピストンに行かなくて正解でした。

懸案だった愛鷹山・鋸岳ルート。予想通り、歯応え満点のスリリングなルートでした。全く手に負えないほど通行不能というわけではありませんが、死を身近に感じる相当なリスクを伴うのでお勧めはしません。どうしても行く場合は、雪・雨・風の日を避け、ソロではなく複数名で、しかも、熟練者を交えて行く方がいいと思います。もちろん自己責任で。

登山中の画像
登山画像
山神社駐車場。20台ほどOK。仮設トイレ有。
登山画像
山神社の登山口。
登山画像
富士見峠に向かう急登。
登山画像
愛鷹山荘。利用無料。水場なし。トイレ有。
登山画像
愛鷹山荘のトイレ(別棟)。かなりきている感じ。
登山画像
愛鷹山荘内部。なかなかきれい。6名ほど可。
登山画像
富士見峠。愛鷹山荘からすぐ。
登山画像
富士見峠から黒岳への急坂。
登山画像
黒岳山頂。のっぺりした平たい山頂。
登山画像
黒岳山頂から見た富士山の眺望が素晴らしい!
登山画像
黒岳山頂周辺のまったりした林。
登山画像
越前岳に向かう単調な登り。トレイルもほどほど…
登山画像
鋸岳展望台からこれから縦走するルートを眺める…
登山画像
途中にある看板。看板の先は崩落。
登山画像
看板の先の崩落個所。
登山画像
富士見台から富士山。昔の50銭札の富士山の写真…
登山画像
越前岳。駿河湾、伊豆半島、富士宮、南アルプス…
登山画像
越前岳から見た駿河湾。
登山画像
越前岳から呼子岳に向かう。
登山画像
呼子岳にあった道標。大岳への道は廃道になって…
登山画像
呼子岳から割石峠まではかなり急な下り。
登山画像
割石峠。山神社駐車場方面からの道。
登山画像
割石峠。南側はこのような峻険な谷。とても通れ…
登山画像
蓬莱山山頂。「この先の通行はご遠慮ください」…
登山画像
鋸岳ルートの全容が間近に。前半は南斜面をトラ…
登山画像
細いトラバース道を下る。右側はスッパリ切れ落…
登山画像
危険なトラバース。鎖も足元も不安定。
登山画像
あの岩峰の下まで下っていく。
登山画像
一応、「縦走路」らしい。
登山画像
岩峰直下の痺れるトラバース。足元注意。落ちた…
登山画像
岩峰の下からこの急坂を登ると、北側斜面に出ら…
登山画像
ザレた斜面。落石しやすいので1人ずつ登る。
登山画像
登ってきた急坂の谷間を振り返る。
登山画像
北側斜面をトラバースする。
登山画像
垂直の岸壁登り。腕と腿にこたえる。
登山画像
トラバース後は尾根上の道に向かって垂直に岩壁…
登山画像
越えてきた岩稜地帯。尋常ではない。
登山画像
尾根道から見た位牌岳。あそこまで登らねばなら…
登山画像
尾根道にあるエスケープルート。標識とテープに…
登山画像
まだまだ鎖場は続く。
登山画像
位牌岳に向けて最後の急登。
登山画像
位牌岳山頂。広くて平ら。テントも張れそう。
登山画像
位牌岳から前岳に向かうトレイル。
登山画像
午前中に登ったルートが見える。右下の丸い山が…
登山画像
前岳山頂。眺望も何もない。
登山画像
真っ逆さまに落ちるような北尾根。
登山画像
北尾根取付。
登山画像
東沢-北尾根取付の区間はテープの他にこのよう…
登山画像
東沢の分岐。ここから沢に入っていくと前岳方面…
登山画像
登山道が大きな河原を横切ったら山神社駐車場は…
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ