登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
塔ノ岳@平成最後の秋?雨のユーシン渓谷~塔ノ岳西尾根縦走 塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

みや さん

この登山記録の行程

【1日目】
寄(08:30)・・・林道分岐(08:55)・・・やどりき大橋(09:00)[休憩 15分]・・・雨山峠(12:30)[休憩 20分]・・・雨山橋(13:57)・・・ゲート(14:25)

【2日目】
ゲート(05:50)・・・熊木沢出合(06:20)[休憩 15分]・・・尊仏ノ土平(07:05)[休憩 15分]・・・不動の清水(09:45)[休憩 10分]・・・塔ノ岳(10:20)[休憩 10分]・・・金冷シ(10:45)・・・二俣分岐(11:13)・・・二俣(13:35)[休憩 15分]・・・大倉(15:00)

総距離 約21.9km 累積標高差 上り:約2,654m
下り:約2,650m
コースタイム 標準:11時間25分
自己:13時間25分
コースタイム倍率 1.18
 今年の夏は予定日の天候不良や台風でかなり計画が流れてしまい、前回、日帰りで強行した大山北尾根も霧の中。今回も1週間前には確度Aだった好天が見事に崩れてしまった。
 しかし、11月に平日休めそうな所はこの日しかないし、伸ばし伸ばしにしてしまうと紅葉が終わってしまうため、11月4日から5日にかけて平成最後の秋を満喫しにユーシン渓谷へ向かった。

 ユーシン渓谷へのルートは、通常の玄倉商店前から向かう林道が崖崩れのため通行止めになっていることも有り、全て山越えのルートになる。そのため、いつもの雨山峠を抜けて入るルートを選択。 丹沢湖で行われる高校駅伝の出場者でごった返す新松田のバス停から、最寄りの寄までバスで向かった。

 バスを降りると小雨がパラリ。カッパに着替える。新松田から気になっていた日帰りハイクではない大きなザックを背負った若者2人に「どちらまで?」と訪ねると、「ユーシンロッヂに泊まって、翌日、臼ヶ岳まで上がって蛭ヶ岳を回ろうと思っている」とのこと。こちらもユーシンロッヂに泊まることを告げ、それぞれ寄大橋方面へ歩き始めた。

 途中、トイレに寄ったりしながらボチボチ歩いていると、寄水源林の林道に入った中りで雨脚が強くなってきた。雨山峠は完全に雨だなと思いながら、沢沿いに進む。
 沢沿いは夏の台風などによる豪雨のせいか、5月に来た時とくらべて涸れ沢のえぐれがキツく残っていたりする場所があった。800m位から紅葉が始まった。

 雨山峠を越えると一抱え以上もあるブナの木が根っこから抜けて登山道を塞いでいた。反対岸に渡渉して、堰堤を降りようとも考えたが3m近い高さがあり、怪我のリスクを考えるとブナの木を乗越える方が、リスクがないと判断したので根っこを乗越えたが、手にしていたふと稲が切れて泥に突っ込んでしまった。
 濡れた木道で滑ってしまってヒヤリとしながらも、雨山橋出合まで出た。

 5月以来の玄倉林道は、落ち葉で埋もれていて前回より秘境感マシマシ。
 雨山橋出合のすぐ先にある有林沢からの土石流で排水用の土管がせき止められたためか、土管付近が決壊し、林道は本流側の擁壁を残して玄倉林道が崩落していた。
 崩れずに残っていた擁壁をサッと渡り先に進む。
 その先の林道に崩落箇所はなく、山側の斜面にはイワシャジンやダイモンジソウ、リンドウが秋の彩りを見せていた。

 ユーシンロッヂへの分岐にさしかかると、前回は割れて落ちていたユーシンロッヂの木の看板が復活していた。
 ユーシンロッヂは、去年の秋に訪れた時と違って人影はなく、前回のままトイレも封鎖されていて静かだった。
 避難小屋として解放されている方へ行くと話し声が聞こえた。出発時に話を交わした2人がすでに到着していた。

 先着の2人と挨拶を交わしてから、荷物を広げる。雨山峠越えの際に泥だらけになった足下を荒いに裏手の川原に向かった。そのあと、メスティンに晩飯用の生米を入れて洗ったり寝床の準備をした。
 夕飯のメニューは焼肉ご飯とコンビニ総菜のタケノコの煮付けで済ます。同宿の2人は鍋やビールでユーシンの夜を楽しんでいた。2人とも明日は臼ヶ岳に向かう尾根を登るそうで、出発の時間もこちらが早いため、「お気を付けて」と声を掛けて就寝した。

 翌朝、前日のGPV予報では雨が止んでいたはずだったが、かなりの本降りだったので、5時出発の予定を薄暮の時間まで遅らせた。
 ロッヂの分岐を過ぎて、熊木沢方向に向かうゲートを抜けるとかなり荒れ果てた感じだった。右手の稜線上からは鹿の警戒の鳴き声が引っ切りなしに聞こえる。すぐに林道上に落石や崖崩れによる土石流によって埋もれた箇所が連続する。
 幸い、熊木沢隧道は崩落していなかったが、熊木沢の分岐を過ぎると、林道のほとんどの箇所が山側から崩れた土砂によって埋もれた状態であったので、落石を気にしながら、降り続く雨の中を進んだ。
 結局、オガラ沢出合までほとんどの場所でまともに通れる状態ではなく、林道から川原に向かって数十mは落ち込む状態だったため、滑落したらアウトだなと思った。

 オガラ沢出合に着くと、林道沿いの杉林の下枝が落とされて、しっかりと手入れされている感じだった。尊仏ノ土平までの林道も同じような状態で、人が入らなくなると本当に荒れ果てるのだなと実感した。
 尊仏ノ土平は広々とした涸れ沢で、鍋割山まで続く道があるはずだったが、ハッキリとは分からなかった。塔ノ岳への方位はハッキリとしており問題はなかったが、取っつきが不明瞭で、途中まで登っていった道は、どうやら杉林の手入れ用の作業道だったようで、最初の道標手前でようやく登山道に合流できた。

 塔ノ岳西の尾根は、取っ付きの杉林を抜けると比較的整備された登山道だった。しかし、所々でブナの大木が倒れて塞いでたりと、荒れ果てた感じ。つづら折りはあるが、基本的に塔ノ岳山頂に向かって真っ直ぐ伸びる登山道だった。不動ノ清水で水を1L補充した。
 降り止まない雨の中、靴の中までグチャグチャになりながら塔ノ岳山頂に到着した。

 塔ノ岳山頂には人っ子一人なく、風雨も強かったことからカレーメシを食べるのをあきらめ、トイレを使ってすぐに金冷し方面に向かう。今朝、出発してから初めて登山者に出会った。大倉尾根から登ってくる人はボチボチいるようだったが、金冷しを過ぎて大丸方向へ向かうと、再び人気のない山道となった。

 本来なら鍋割山へ向かうこの山稜は、秋を感じる素敵な山道のはずだが、あいにくの雨のため展望はなかった。小丸尾根の二俣への分岐で初めてグループに出会う。何かの講習会のようだ。その横を抜けて小丸尾根に入った。
 小丸尾根は踏み跡が深く土を抉り、道迷いが多いとは思えないほと明確な踏み跡が続いていた。

 小丸尾根を下り高度を下げると杉林に入る。杉林に入ると踏み跡がハッキリしなかったり、林業の作業道と紛らわしい場所が多くなり、実際、林業の作業場として切り開かれた場所に続く尾根に進んでしまった。元のルートを登り返して、コースに復帰した。
 この様に登り返さずに降り切ってしまうと道に迷うのだなと思った。
 ただ、小丸尾根は踏み跡に頼りきらずに基準となる進行方向に進んでいれば、道に迷うことはないだろうと思う。

 二俣に到着し、ようやく鍋割からの下山者が現れたことでメジャールートに戻ったことを実感した。沢で泥だらけのゲイターを洗い、林道を下って大倉に向かう。
 大倉に到着するとどんぐりハウスは閉鎖のままだった。
 塔ノ岳山頂で、カレーメシを断念したため、かなり空腹だったので、すぐそばのさか間に入り、かき揚げそばを注文した。店主と常連さんとの会話な中で、どんぐりハウスの跡地にコンビニが来年1月から入る様なことを言っていた。
 かき揚げそばに満足したところで今回の山行は終了。バスに乗って帰宅した。
 天候には恵まれなかったが、平成最後の秋を目と舌で堪能できたものの、いまいち不完全燃焼。
 紅葉が終わらないうちに、どこか日帰りでリベンジを決意した。

登山中の画像
登山画像
前の2人とユーシンロッヂに同宿
登山画像
寄沢から鍋割山方向を望む。
登山画像
高度800m葉っぱが色づき始まる。
登山画像
雨止んで紅葉くっきり。
登山画像
秋らしくなってきた。
登山画像
こっちも秋らしくなってきた。
登山画像
雨山沢、大木崩れて道塞ぐ。
登山画像
雨山橋出合に出た。
登山画像
有林沢前の林道が崩壊
登山画像
路肩はまだ崩れずに保っている。
登山画像
大石山の急斜面に秋発見
登山画像
ダイモンジソウが咲いている。
登山画像
ここにはリンドウ。
登山画像
イワシャジン萌え。
登山画像
ユーシンロッヂは“ジ”ではない。
登山画像
去年の11月と違って人気がない。
登山画像
ご飯蒸らし中。カルビを焼く。
登山画像
今夜の寝床。カマドウマ飛ぶ
登山画像
夜明けの出立、雨の玄倉林道を行く。
登山画像
熊木沢隧道は崩落していなかった。
登山画像
ユーシンロッヂ分岐から尊仏ノ土平までの間、至…
登山画像
尊仏ノ土平到着。丹沢主脈から見たとおりの広い…
登山画像
登山口遠景、奥に埋もれた道標
登山画像
下流側の堰堤の向こうに見えるは棚沢盆沢間ノ尾…
登山画像
登り口がハッキリしない。
登山画像
小さな秋
登山画像
台風24号の爪痕か!?
登山画像
塔ノ岳西尾根1000mくらいのモミジは黄色
登山画像
塔ノ岳西尾根1000mくらいのヤマボウシは真っ赤
登山画像
不動ノ清水に到着
登山画像
思ったより水量は少ないが飲み水には充分
登山画像
塔ノ岳山頂は誰もいない。冥府のようだ。
登山画像
金冷しから大丸へ。
登山画像
小丸尾根は概ね踏み跡明瞭
登山画像
二俣到着、ホオノキが真っ黄色
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 装備重量:約19kg
食料:4日昼食@コンビニおにぎり、4日夕食@飯ごう炊飯&焼肉(牛300g)&タケノコ煮物
  5日朝食@麻婆麺に冷や飯in、5日昼食@カロリーメイト(風雨が強かったため)
非常食:カロリーメイト×4、えいようかん×2
水:2.5L+ペットボトル水500ml(不動ノ清水で1000ml補充)
その他:気温12℃(夜間11℃)
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

みやさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みや さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!