登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
20181103 恵那山登山 恵那山(中央アルプス)
img

記録したユーザー

NakiOtoko さん

この登山記録の行程

登山者用駐車場(12:00)・・・広河原登山口・・・1716m地点[休憩 5分]・・・恵那神社奥宮・・・分岐(恵那山頂小屋)・・・恵那山(14:15)[休憩 25分]・・・分岐(恵那山頂小屋)・・・恵那神社奥宮・・・1716m地点[休憩 5分]・・・広河原登山口・・・登山者用駐車場(16:50)

総距離 約11.8km 累積標高差 上り:約1,263m
下り:約1,263m
コースタイム 標準:7時間30分
自己:4時間15分
コースタイム倍率 0.57
日本百名山の一つ、中央アルプスの恵那山へ。

中央アルプスは東京からだと南アルプスを迂回しなければいけないのでかなり時間がかかり、手軽には行くことができない。
そのため、天気が良い週末に木曽駒ケ岳か空木岳と合わせて登ろうと計画していたが、今年は週末の天気が本当に巡り合わせが悪く、木曽駒ケ岳が本格的な雪山になる時期に差し掛かってしまったので、今回、今年最後のタイミングということで決行することにした。

朝の6時頃に東京を出発して、なんだかんだで到着したのは11時半頃。やはり遠い。
だが、登山口辺りまで紅葉が降りてきているので、ドライブしていてとても気持ちがよい。
広河原登山口の臨時駐車場は結構車が停まっていたが、多少のスペースは空いていた。
公共交通機関からはアクセスしづらいからか、シーズンでこのぐらいの混雑状況ですむのはありがたい。

登山口に入ると、最初は舗装路を30分ほど進んでいく。
舗装路だと山登りをしている感覚はないが、紅葉の中を気楽にトレッキングできるのはいい。

体が温まったところで、いよいよ登りに入る。
広河原からの登りは最初は傾斜がきつめで、山頂近くになると傾斜が緩やかになる行程なので、割と登りやすいルートである。

道は整備されており、危険な箇所はほとんどなく、淡々と登っていける。
途中から黄金色に染まったカラマツのエリアを通り抜けるところは本当に気持ちがよい。

そのエリアを抜けると、時おり高木が途切れることがあり、南アルプスや空木岳の立派な山体を眺めることができる。
また、麓にかけてはカラフルな紅葉が広がっていて、とても綺麗だ。
今日は雲が高層に広がっていて南アルプスの稜線は隠れてしまっていたが、稜線が見えないことで山脈が視界の端から端まで巨大な壁のようにそそり立っている光景を見ることができ、快晴の時以外でも登山では楽しみがあると改めて感じさせられた。

とはいえ、山頂近くになると雲の中に入ってしまい景色は残念ながら見れなくなってしまった。
黙々と登っていくことしばらくして、山頂に到着。
ガイドブックより手前で標識が現れたので、念のため奥まで進んでみたが、地図上のピーク(標識のあるところより1メートルぐらい標高が高く表示されていた)には特に何もなく、手前の標識のところが山頂ということで良さそうだった。
ピークは樹林帯の中だが、やぐらが組まれていて木の上の光景を見ることができる(今日はもちろんガスっているので見えない)。
出発が遅かったこともあり、山頂には誰もいなかったので、静けさを楽しみながら休憩することができた。

休憩後、来た道を引き返す。
途中で会ったのは泊り予定の登山客一人だけだった。
滑落して怪我しても助けを呼ぶ人がいなそうだったので、傾斜があるところは慎重に下って登山口まで戻った。

下山した時刻はもう5時で日暮れも迫っていたので、さっさと支度をして麓の市街地に行き、恒例の温泉に入った。
もう山地の夜は寒いので、冷えた体に温泉は最高に染み渡る。
遠出は大変だったが、今日もよい山行となった。

今回は山頂付近は雲に覆われていたが、途中の稜線で素晴らしい景色を眺めることができたので、トータルとしては登ってよかったと思う。
中央アルプスと南アルプスの両方を眼前に見られるのはこの立地ならではである。
今度はいずれ春ごろに来て、雪の残るアルプスを眺めに来れるといいなと思う

登山中の画像
登山画像
広河原登山口の臨時駐車場付近の入り口
登山画像
この辺りはちょうど麓の紅葉が見ごろ
登山画像
カラマツのエリアでは黄金の紅葉の中を進んでいく
登山画像
途中の稜線から空木岳を望む。山体が巨大なのが…
登山画像
写真ではわかりづらいが、雲と山の隙間からは南…
登山画像
山頂に到着。デザインがモダンである。
登山画像
やぐらがあって、高い位置から眺めが見れる。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

NakiOtokoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

NakiOtoko さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...