登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
白山縦走 白山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

旱傘 さん
  • 日程

    2017年8月27日(日)~2017年9月1日(金)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:越前大野駅から市営バス白山線で鳩ヶ湯温泉へ。
    始発(8:00発)のバスで鳩ヶ湯温泉8:41着。帰りは最終便17:01発。
    片道800円。冬季は運休。

  • 天候

    初日:晴れ 2日目:曇り後晴れ、強風 3日目:晴れ後曇り 4日目:曇り後晴れ 5日目:晴れ 6日目:晴れ
    [2017年08月27日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鳩ヶ湯(08:56)・・・上小池野営場(09:58)・・・上小池駐車場(10:00)[休憩 15分]・・・刈込池(10:40)・・・上小池登山口(11:11)・・・六本檜(11:58)・・・剣ヶ岩(12:44)・・・三ノ峰避難小屋(13:57)[休憩 25分]・・・別山平(15:10)・・・別山(15:37)[休憩 15分]・・・御舎利山分岐(16:08)・・・油坂ノ頭(17:11)・・・白山南竜山荘(18:35)

【2日目】
白山南竜山荘(09:06)・・・展望歩道分岐(10:26)・・・白山室堂(10:40)[休憩 37分]・・・御前峰(11:47)[休憩 8分]・・・お池めぐり分岐(12:28)・・・大汝峰下の分岐(12:34)・・・大汝峰(13:02)・・・巻き道の合流点(13:14)・・・七倉山分岐(七倉の辻)(13:54)・・・四塚山(14:08)・・・油池(15:30)[休憩 5分]・・・天池(16:05)・・・美女坂の頭(16:43)・・・奥長倉避難小屋(17:16)

【3日目】
奥長倉避難小屋(07:11)・・・長倉山(07:56)・・・しかり場分岐(08:40)・・・檜新宮(08:51)[休憩 24分]・・・ハライ谷登山口(10:40)・・・中宮レストハウス(12:35)[休憩 95分]・・・中宮温泉(14:05)・・・中宮温泉(14:16)・・・温泉山(15:38)・・・シナノキ平避難小屋(16:39)

【4日目】
シナノキ平避難小屋(08:23)・・・滝ヶ岳(09:01)・・・ゴマ平避難小屋(10:07)[休憩 37分]・・・三俣峠(11:40)・・・北弥陀ヶ原(13:37)・・・お花松原(14:03)・・・大汝峰下の分岐(15:12)・・・大汝峰(15:29)・・・大汝峰下の分岐(15:46)・・・お池めぐり分岐(15:56)・・・白山室堂(16:18)[休憩 31分]・・・エコーライン分岐(砂防新道合流点)(16:57)・・・黒ボコ岩(17:02)・・・南竜道分岐(17:25)・・・エコーライン分岐(17:34)・・・白山南竜山荘(17:42)

【5日目】
白山南竜山荘(02:56)・・・白山室堂(03:57)・・・御前峰(04:40)[休憩 98分]・・・白山室堂(06:36)[休憩 7分]・・・エコーライン分岐(砂防新道合流点)(07:12)・・・エコーライン分岐(07:42)・・・白山南竜山荘(07:50)[休憩 310分]・・・展望歩道分岐(14:25)・・・白山室堂(14:36)[休憩 43分]・・・エコーライン分岐(砂防新道合流点)(15:28)・・・黒ボコ岩(15:32)・・・南竜道分岐(16:15)・・・エコーライン分岐(16:25)・・・白山南竜山荘(16:40)

【6日目】
白山南竜山荘(07:25)・・・油坂ノ頭(08:04)・・・御舎利山分岐(09:00)・・・別山(09:09)[休憩 33分]・・・別山平(09:59)・・・三ノ峰避難小屋(10:37)[休憩 44分]・・・剣ヶ岩(11:49)・・・六本檜(12:14)[休憩 5分]・・・上小池登山口(12:56)・・・上小池駐車場(13:08)[休憩 5分]・・・上小池野営場(13:23)・・・鳩ヶ湯(14:32)


総距離 約91.6km 累積標高差 上り:約8,058m
下り:約8,055m
 晴れた朝の加賀禅定道は蛇だらけで、注意が必要だった。
 中宮道は利用者が少ないのか道跡が薄く、草が被っている個所も多かった。登り始めの辺りは猿の縄張になりつつある様に感じた。

 天候に恵まれついつい歩きまくってしまった。初日、三ノ峰までハイペースで登ったが、快晴で気温が高く水を多く消費してしまった上に、予定していた三ノ峰避難小屋の辺りの水場が無く少し心配になっていたところ、手持ちのお茶を下さった下山中の方、本当にありがとうございました。私も山で困っている人がいたらお返ししたいと思います。
 景色では、御来光観望の際に見た、朝日に照らされて金色に染まった雲海が印象的だった。食料があればもっと続けたいと思う楽しい山行だった。
 下山後の鳩ヶ湯温泉では、バスの時間まで気持ち良い温泉と美味しい食事、従業員の方々との会話を堪能できました。白山は登りやすく楽しい山だと思います。また行きたい。

 中宮レストハウスの山菜そば、鳩ヶ湯温泉で食べたヨモギ(だったと思う)の天婦羅が美味しかった。

登山中の画像
登山画像
大崩落地帯
登山画像
水場
登山画像
奥長倉避難小屋にあった水場の案内
登山画像
水場
登山画像
中央に猿がいます。しばらく群れが追ってきまし…
登山画像
水場
登山画像
ゴマ平避難小屋
登山画像
新しくてきれいな小屋でした。
登山画像
この日は閉山日で、御来光の際には神職の方と一…
登山画像
御来光
登山画像
黄金色に染まる雲海
登山画像
延命水
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、腕時計、ナイフ、健康保険証、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル、カトラリー・武器
【その他】 手拭い, モバイルバッテリー, 太陽電池パネル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

旱傘さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

旱傘 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!