登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
百名山17座目 恵那山(中央アルプス)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2018年11月24日(土)

  • 利用した登山口

    神坂峠  

  • パーティ

    5人 (ヤマちゃん さん 、hrm-ymr さん 、hrs-ymt さん 、hrm-ymt さん 、nrk-tkh さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:団地出発0310⇒名神⇒中央道 中津川IC⇒神坂峠路肩P0600

  • 天候

    快晴
    [2018年11月24日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

神坂峠(07:20)・・・鳥越峠(08:20)[休憩 20分]・・・大判山(09:05)[休憩 10分]・・・分岐(11:21)[休憩 10分]・・・恵那山・・・分岐(恵那山頂小屋)(11:45)[休憩 10分]・・・恵那神社奥宮(12:04)[休憩 10分]・・・分岐(恵那山頂小屋)(12:24)[休憩 70分]・・・恵那山・・・分岐(13:51)・・・大判山(15:25)[休憩 14分]・・・鳥越峠(16:16)[休憩 10分]・・・神坂峠(17:08)

総距離 約12.6km 累積標高差 上り:約1,356m
下り:約1,356m
コースタイム 標準:7時間15分
自己:7時間14分
コースタイム倍率 1.00
先週の三連休の中日に山竹の会(1名欠席)恵那山に行ってきた。
恵那山は日本百名山、新花の百名山に選定されている、長野と岐阜に跨がる2191mの中央アルプス最南端の山である。
朝の3時に団地を出発して名神・中央道を経て神坂峠に6時に到着。
途中旧中仙道以降の山道はかなり狭く、慎重に運転する必要がある。
駐車場は5~6台ぐらいしか停められないが、付近の路肩の広いところに停められた。
天気は良好でご来光も見れそうだったが、外はあまりにも寒く車内で朝食をとった後準備をして7時過ぎに登山を開始した。

今回は距離は長いが一番眺望のある神坂峠ルートで登る。
しばらく緩やかな登りを進むと30分で開けた場所に出る。
ここからは東に南アルプス、西北西に御嶽山、北西に霊峰白山が望める。
ただし、ここの標識が朽ち果てていて、実は道を間違ってP1689m方面に向かってしまい、20分ほど進んだところで気づいて引き返した。
分岐まで戻り、鳥越峠に向けて笹道を下っていく。
恵那山の取りつきまでこの笹道が続くが、所々で足元が見えづらかったり、路肩を踏み抜くと滑落する危険があるので注意が必要だ。
8時20分に鳥越峠に着き、更に30分登り下りを繰り返すとP1696(大判山)に着く。
丁度この辺りが登山口と山頂の中間点である。
ここは三等三角点がある広場になっていて、今まで山陰で見えてなかった、乗鞍、穂高、中央アルプスが御嶽山の右側に拡がる。
この先はこの展望を見ながらの笹の稜線を、目の前に見える恵那山に向かって進んでいく。
取りつきまではアップダウンを繰り返し、取りつきからは登りが続き、時折急登も出てくる。
最後の急登を上り詰めて、11時20分に川上道分岐にでた。
ここからは緩やかな主稜線を歩き、12時前に山頂小屋に着いた。
ここでザックをデポして10分歩けば恵那山山頂である。
山頂には一等三角点と櫓があるものの、眺望はない。
いったい何のための櫓なのだろう・・・?

眺望はないが一応記念撮影をして山頂を後にし、山頂小屋まで戻りお昼ごはんにした。
今回は具材多めのカレーうどんだ。
晴天で寒くはなかったが、山で食べる温かい山メシは心にも身体にもしみわたる。
食後のコーヒーとデザートを楽しいんだ後、山小屋東側にある岩塊から南アルプスの眺望を堪能(山頂付近で眺望の利くところはここしかない)。
すると南アルプス(光岳と聖岳の間だと思う・・・)の先に富士の頂が見えた!!
眺望を楽しんだ後、13時半に下山を開始した。

今回はピストン山行だが、往路より復路の方が長く感じる。
先のピークまでは行かないだろうと思い歩いていくが、結果的にはその遥か先まで進む。
だんだんとランナーズハイ的な状態となり、いくら進んでも脚の痛みや疲労感がない。
おそらくこういった状況で、道迷いや滑落といった遭難につながるんだろうな と思った。
徐々に日が暮れていき、振り返ると恵那山の向こうに夕焼けが広がる。
時間との競争をしながら、幸いルートははっきりしており、危険個所もなかったおかげで、日暮れの17時過ぎに登山口に戻ることができた。
既に真っ暗になっており、この中で帰り支度を済ませて帰路に着いた。

今回は今まで登った山のなかでも、かなり上位に位置する苛酷な登山であった。
距離はもちろんだが、小ピークを何度も越える縦走路で、その途中の見張らしは疲れを癒すには十分なものであった。
終盤経験した登山ハイ(クライマーズハイではないな!?)は初めてのもので、歩くことに神経がいき過ぎ、注意力散漫となっていたのだと思う。
そういう意味でも良い経験になった山行だった。

登山中の画像
登山画像
路肩駐車スペースからの日の出
登山画像
登山口
登山画像
緩やかな登山道
登山画像
笹道
登山画像
更に笹道
登山画像
鳥越峠
登山画像
またまた笹道
登山画像
大判山
登山画像
大判山 三等三角点
登山画像
大判山付近から望む恵那山
登山画像
中央アルプス
登山画像
御嶽山、乗鞍、穂高
登山画像
南アルプス
登山画像
恵那山終盤の急登
登山画像
最後の稜線歩き
登山画像
山頂小屋
登山画像
ザックをデポして恵那山山頂へ
登山画像
恵那神社
登山画像
恵那山山頂
登山画像
一等三角点
登山画像
眺望のない櫓
登山画像
昼ごはん(カレーうどん)
登山画像
富士山
登山画像
夕暮れの恵那山
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...