登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
浅間隠山 2019 浅間隠山 浅間山(上信越)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

登山口8:50---北軽井沢分岐9:10---わらび平分岐10:10---山頂10:20(休憩40分)11:00---登山口12:05

年の瀬。
秋に甘い柿の実をいただいたお宅の柿畑には数日前までたくさんの実がまだなっていたが気付かないうちにすべて無くなっている。
毎年の光景だが以前話を聞いたら野鳥の為に残してあると言っていた。
近所にもたわわに実った柿の実をそのまま放置するお宅(どうやら皆さん幾つか食べれば充分見たい)が多いがこの時期になると知らずに無くなっている。
この前TVの番組で里山に放置された渋柿の木に猿が登り渋いのでひと齧りすると下におっこどし数日経って甘くなった頃にタヌキやイノシシが食べにくる様子を写していた。
まるで猿蟹合戦(昔話は可哀想な話だが)みたいと笑っていたが昨今畑を荒らす野生動物などの為に山中の放置された檜や杉の代わりに柿の木を植えれば花粉症も減るし餌があれば里に降りて来ないのではないかなどと思ってしまった。
まあ実際は子供じみた考えで難しいことは分かっているが。。。。。

畦道にハクセキレイが尾っぽを上下に揺らしながら歩いている。


年末に軽井沢の取引先から年始に納品を頼まれていたので折角だから周辺の山を登ろうかなと午前中に降りて来れそうな山を探す。
4日は天気も良さそうなので短時間で登れそうな雪山で大展望を楽しめる浅間隠山を今年の登り始めに決定。
友人Y君も誘って朝焼けを背に国道17号を高崎へ。
車窓から見える蒼い山々の中にひときわ輝く真っ白な浅間山。
その前に連なる山々の一番高い三角形の山が浅間隠山かな。
進行方向は雲一つない青空。
そうそう昨日は旧碓氷峠で山火事があったけど鎮火したのかな。
そんなことを思いながら高崎から倉渕を通り二度上峠を目指して山道を上がって行く。
何度か通ったことのある道だが標高1300mの駐車場付近の道路はほぼ積雪無。
ただ車の気温計は氷点下を表示していた。
駐車場には数台の車が停まっている。
身支度をして9時前に出発。
登山口は道路を100mほど下った所にあり数センチ積雪があった。
最初は緩やかな道をジグザグに登って行く。
尾根に出るとカラマツ林の隙間から浅間隠山が見えた。
すぐに北軽井沢分岐に到着するが二度上峠からの雪の尾根道には踏み跡がないのでほとんどの人はこちらから登ってくるみたいだ。
暫くは南斜面の雪のない尾根道をジグザグに登る。
その後少し積雪のある急登を登るがここで軽アイゼン装着。
さらに進むと高い木が無くなり山頂が見えてきた。
山頂下から振り返ると浅間山は勿論、八ヶ岳、西上州、秩父山地、関東平野が見え、頂上からの展望に期待が高まる。
ひと登りで山頂に10時20分到着。
まさに山頂からは期待通りの大展望。
四阿山方面だけ木々に遮られ見えないが草津白根山から白砂山、仙倉山から谷川岳、武尊山と白い稜線がどこまでも続く。
尾瀬方面だけ少し雲に隠れているな。
眼下には高ジョッキ、岩櫃山、小野子三山、榛名山、その先に赤城山。
薄らと筑波山まで見えている。
さすがにスカイツリーは見えないが(笑い)秩父山地の間からは富士山も顔を出している。
鼻曲山方面は南アルプスや八ヶ岳、中央アルプス。
そして浅間山の雄姿が目の前に。
奥には北アルプスの白い稜線が。
山頂の展望方位盤で山座同定するが今まで登った山が一望出来たので見上げる青空に気分は最高!
先日のHNKの穂高連峰冬山ドローン撮影に感化されて友人Y君とドローンを飛ばしたいねと笑い合う。(冗談で)
そして40分ほどコーヒーを飲みながら展望を楽しむ。
山頂はあまり広くはないが登ってくる人は数人しかいなかった。
無風で思ったよりも暖かったので霧氷などは見られなかったが枯草が霜を被っていた。

目の前の浅間山は今日も登っている人がいるのだろうか。
前掛山に登れるようになったし今年はあの上からの景色も見てみたいな。

さて11時下山開始。
来た道を下りていく。
わらび平分岐辺りで宿り木も発見。
このコースは緩やかな道が続き、道も整備され、危険個所もないので行きも帰りも二人で終始くだらない話で盛り上がった。
そしてあっという間に登山口へ。

その後軽井沢方面に下り、昼食後友人Y君には車の中で昼寝してもらい納品先へ。
時間があったので布引観音まで足を延ばし参拝。
駐車場入口の竹の杖を使って沢沿いの大きな氷柱を見ながら山道を歩くこと15分。
山寺のように断崖絶壁に建立された観音堂はよくもまあ800年も前に作ったねと感心するばかり。
帰りは穴場の布引観音温泉に寄る。
建物も古くて石鹸もドライヤーも無く湯船も小さいが泉質はヌルってしていて良く温まった。
ロビーにあった薪ストーブも良い感じ。
風呂上りにキリンレモンを飲みながら焚火を見ていると何だか癒された。


短時間でこの時期ならではの大展望を満喫した浅間隠山は日本二百名山なんだよね。
峠までの道は群馬県側からも長野県側からも広く、冬でも余程積雪が無ければ駐車場までスタッドレスで来れそう。
特に今は道路にライブカメラが設置されているところが多いから冬の情報を手に入りやすいしね。

群馬道路ライブカメラ(二度上峠も見られます)
http://www.kendobousai-gunma.jp/photo/

参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...