登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
倉岳山・高畑山・九鬼山(梁川駅~禾生駅) 倉岳山・高畑山・九鬼山(関東)
img

記録したユーザー

kenken2 さん

この登山記録の行程

梁川駅(06:15)・・・林道出合(06:30)・・・立野峠(07:40)[休憩 10分]・・・倉岳山(08:20)[休憩 10分]・・・穴路峠(08:50)・・・高畑山(09:20)[休憩 5分]・・・大桑山(09:50)[休憩 20分]・・・登山道入口(10:30)・・・鈴ヶ音峠(10:40)・・・高指山(11:20)[休憩 20分]・・・展望地(12:50)・・・九鬼山(13:00)[休憩 5分]・・・池の山コース分岐(13:30)・・・登山口(13:55)・・・禾生駅(14:10)

総距離 約15.6km 累積標高差 上り:約1,843m
下り:約1,710m
コースタイム 標準:8時間35分
自己:6時間45分
コースタイム倍率 0.79
2019年 平成最後の年の登り初めはやっぱり富士山。 ではなく、富士山が見える山へ。
大月市の秀麗富嶽12景の中から倉岳山・高畑山・九鬼山に出かけて来ました。 

〈梁川駅~倉岳山・高畑山〉
06:08 立川駅発大月行きの電車で梁川駅に到着。改札は最後尾、正面にトイレがある。
    国道20号線を越え、梁川大橋を渡り舗装路を足早に歩いて15分、登山口に到着。
06:30 登山者カウンターを押して登山開始。なだらかな川沿いを何度か渡渉して行く。
07:25 月尾根川の上流に倉岳山水場があるが最近の小雨で水は涸れていた。水場だが看板には
    「この水場の水は飲用ではありません」と書いてある。山と高原地図ではこの水場が
    立野峠の先にあるように記号があるが実際はこの水場を過ぎてから立野峠になる。
07:40 水場を過ぎると急登になり15分で立野峠。ここからはまだ富士山は見えない。
    立野峠から短い急登で左側に富士山が見えてくる、ここから先ずっと富士山が見える。
8:20 急登もあるが富士山を見ながら30分程の登りで倉岳山に到着。富士山の眺めが素晴らしい。
    穴路峠に下り少し登り返すと天神山。そこから30分足らずの登りで高畑山。
    ここからの富士山もすばらしい。秀麗富嶽12景9番の両山を制覇。
    高畑山から大桑山に向かって直ぐに幅の狭い岩場があり注意が必要だ。
    大桑山から30分程下ると突坂峠に出て林道を鈴ヶ音(鈴懸)峠まで歩く。
〈鈴ヶ音峠~九鬼山~禾生駅〉
10:30 林道を快調に歩いて10分程で鈴ヶ音峠に着くが、九鬼山への登山口を見落として戻る。
    九鬼山への登山道に入り桐木差山、高指山、遅沢山、大ビラ山、久美山と登り下りが
    続く。途中、桐木差山の少し先の風が当たらない岩場で昼食休憩20分。
11:10 九鬼山に向かって登って行くが、遅沢山から大ビラ山、久美山まで倒木が多く
    登山道を塞いでいる。倒木を乗り越えたり中腰でくぐったり迂回したりと、さながら
    障害物登山である。
13:00 久美山を過ぎるとじきに杉山新道の分岐に出てさらに行くと今度は落合橋への
    分岐から直ぐに九鬼山山頂に出た。山頂で証拠写真を撮ってそそくさと下山。
    落合橋への分岐まで戻り滑りやすいロープのある急坂を下ると「眺めよし 天狗岩」で
    寄り道をしてさらに下る。急なつづら折りの下りから歩きやすい登山道に出て、
    リニアモーターカーの線路が見えてくると愛宕神社に出て九鬼山登山口に出た。
14:10 落合水路橋をくぐって国道を左に歩くと10分で禾生駅にゴールしました。
    富士急線と中央線共に30分待ちと乗り継ぎが悪くタイムロスをしましたが
    シーズンオフとあって電車は空いていて座って帰れました。

〈倉岳山〉
   特に危険な場所はありませんが、倉岳山水場の水は飲用ではない。
〈高畑山〉
   高畑山から大桑山へ向かうと幅の狭い岩場が有り歩行注意。
〈九鬼山〉
   鈴ヶ音峠から九鬼山間は倒木が多く歩行注意、道迷い注意。
   愛宕神社コースの落合橋分岐-天狗岩間、急坂雨後スリップ注意。

   



    

 


登山中の画像
登山画像
まだ暗い梁川駅からスタート
登山画像
改札を出ると正面にトイレがあります
登山画像
倉岳山登山口に到着
登山画像
気温-4.5℃
登山画像
緩やかな登山道を登って行く
登山画像
沢沿いの登山道
登山画像
水量は少ない
登山画像
倉岳山水場「この水は飲用ではありません」とある
登山画像
殆ど雨が降っていないので水は涸れている
登山画像
ここから急登が始まり
登山画像
立野峠
登山画像
さらに急登で
登山画像
左手に富士山が見えてくる
登山画像
倉岳山山頂
登山画像
富士山
登山画像
下って
登山画像
穴路峠
登山画像
高畑山
登山画像
高畑山からの富士山
登山画像
狭い岩場を越えて
登山画像
大桑山
登山画像
突坂峠で林道に出ると
登山画像
林道からも富士山
登山画像
鎖を越えてさらに行くと
登山画像
鈴ヶ音峠。この看板の手前が
登山画像
九鬼山への登山口
登山画像
ここから倒木が増えて
登山画像
倒木
登山画像
くぐって
登山画像
避けて
登山画像
乗り越えるか? くぐるか?
登山画像
杉山新道分岐から
登山画像
割とすぐに九鬼山山頂
登山画像
ここからも富士山
登山画像
落合橋方面へ
登山画像
滑りやすいロープの急坂を下り
登山画像
眺めよし「天狗岩」に寄って
登山画像
愛宕神社方面に下ります
登山画像
リニアの線路が見えて来たら
登山画像
愛宕神社からすぐ
登山画像
九鬼山登山口に出ました
登山画像
落合水路橋を右にくぐって左に国道を行くと
登山画像
禾生(かせい)駅に着きました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kenken2さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kenken2 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年6月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?