登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
ふらりと奥武蔵丸山の展望と芦ヶ久保の氷柱を眺めに行く(2A) 丸山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2019年1月27日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:西武秩父線芦ヶ久保駅
    「秩父漫遊キップ」(2190円)を活用。池袋駅〜西武秩父往復1560円+休日に入湯料1030円なので、かなりお得になる。入浴しなくても930円分の買い物や食事代に充てることもできる。

  • 天候

    快晴だが風強し
    [2019年01月27日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

芦ヶ久保駅(10:30)・・・農村公園・・・山の花道入口(10:52)・・・県民の森分岐(11:42)・・・丸山(11:56)[休憩 25分]・・・大野峠(12:41)・・・大野峠登山口(13:25)・・・芦ヶ久保駅(13:44)

総距離 約10.7km 累積標高差 上り:約899m
下り:約899m
コースタイム 標準:4時間7分
自己:2時間49分
コースタイム倍率 0.68
ふらりと奥武蔵の大展望台丸山に登り、芦ヶ久保の氷柱を見物し、西武秩父駅の温泉につかってきました。

雑事を片付けた土曜の夜、このまま週末が終わってしまうのも残念だが、かといってがっつり山登りができる気分でもない。宝登山の蝋梅というのも頭をかすめたのだが、東上線に乗って、秩父鉄道に乗り換えてと考えたら、それだけで気が重くなってしまった。難しい年頃なのである。じゃあ、芦ヶ久保の氷柱でも見物して、「祭りの湯」にゆっくり浸かるだけでいいやと、えらく大まかな算段をつけて寝てしまった。翌朝、とはいえ秩父に出かけるのだからと、念のために登山靴だけ履き、町歩き用のリュックを背負って家を出た。

リュックの中には、温泉用の着替えと車中で読む本、防寒具と手袋しか入っていない。非常食もヘッドライトも、水も雨具の用意さえしていない。だって、今日は氷柱見物と温泉「だけ」なのだから。お昼ご飯だって観光客相手の店を探せばいい。いつもなら早朝出発し、事前に電車の時刻も調べるのだが、それも怠り、出たとこ任せ。今回の目的にぴったりな「秩父漫遊キップ」(高麗〜西武秩父間乗り降り自由+温泉入浴などに使えるクーポン付き)を購入して、池袋駅で「さて次の電車は」と掲示板を見ると、西武秩父まで行く電車って本数が少ないんですね。いくら遅い時間スタートとはいえ、ちょっとした遠出なのだからできれば目的地に早く到着したい。追加料金を払って、思い切って特急に乗り込んだ。

レッドアローも何度か乗ったけれども、今日は車窓の風景が妙に明るい。山登りと違って遅い時間だからそれも当たり前か。そうこうしているうちに、今回の氷柱見物、ヤマケイオンライン に載せるかな、載せるだろ、でも山にも登らず?うーんどうなんだろ・・・などと頭の中で問答を始めてしまった。なんだか急に後ろめたくなってきて、いや、やっぱそこはどこかに登ったほうがいいだろ。お前、そもそも登山は趣味だろ?天気もこんなにいい。次はいつ秩父に行けるかわからんぞ、などと特急電車に揺られながら無言の問答は続く。

おもむろに「山と高原地図」を広げると、芦ヶ久保から登れそうな丸山というのがあるではないか。なんでも奥武蔵随一の展望を誇るそうだ。幸い今日は天気もいい。4時間もあれば周回できそうだし、氷柱を眺めて、それから温泉に入り、美味い蕎麦でも食べて帰れば充実した日曜日になりそうだ。「よし、登ろう!」なんと、西武線の車中で今回の登山計画は急造されたのだった。登るとなったら、食料と水は最低限必要だ。芦ヶ久保に着いたら、道の駅があったはずだから弁当でもなんでも買ってしまえと胸算用をする。いやあ、登山計画書や保温水筒はもちろん、水も食料も持っていないで、出たとこ任せの山登り。こういうのが危ない山登りのパターンなんだろうなあと、どこか他人事のように考えた。

まあ、あとは一般的な丸山周回コースですし、道はよく整備されて危険箇所もなし。コース中の公衆トイレは、凍結防止のため閉鎖されているので駅などで済ませておくことが肝要。この日は快晴でしたが、冷たい北風が強く、陽だまりの展望台でのんびりというわけにはいきませんでしたが、さすがに奥武蔵随一を謳うだけの大展望を楽しみました。それにしてもニコン製の立派な大型双眼鏡も据え付けてあるのに、この展望台にはなぜ山名板がないのでしょうかね。あればもっと楽しいだろうな。

出たとこ任せの登山をしておいてなんですが、この時期は低山といえども、防寒着と耳が覆える帽子、保温水筒、手袋は必携ですね。自分ならお守りがわりにチェーンスパイクも持参したいところです。

あとは写真につけたコメントを見ていただければ、それでよろしいかと思います、ハイ。あ、良い子はこういう出たとこ任せの登山は真似しちゃあダメですよ。

登山中の画像
  • 今回大活躍した「秩父漫遊キップ」
  • 最初は氷柱と「祭りの湯」の入浴だけ考えていたのだけど、車中でせめて丸山に登ろうと計画変更
  • 芦ヶ久保駅から結構な斜面を登っていきます
  • 蝋梅の花や・・・
  • ・・・梅もちらほら咲き始めています
  • 武甲山はやはり目立ちますね
  • 車道から離れて「丸山」や「山の花道」方向へ登山道に入ります
  • あーこの滑り台、乗ってしまえばよかったかも、と今頃になって少々後悔
  • 八坂神社の山車のようです
  • 住居の庭先の見事な蝋梅の大木
  • 蝋梅と武甲山。「山の花道」の蝋梅はまだ若木で、10年くらい後が楽しみ?
  • 木の子茶屋上部の尾根道を「山と高原地図」には表記がないコースで進みます。
  • 道はしっかりしているのですが、薄暗く、前後の人影も絶え・・・
  • ようやく尾根に出た。「山と高原地図」には「防火帯の気持ちの良い尾根」と記述があるけれど・・・まあ見解の相違ですかね
  • 「ふれあいテラス」付近から榛名山の眺望
  • 登山路は乾燥していますが、下からは霜柱が地面を押し上げています
  • 大戦中のドイツ軍の高射砲台を連想してしまった私
  • 丸山の展望台から武甲山
  • 丸山の展望台からの眺め。左に両神山、右手奥に八ヶ岳が白く見えている。さすがに奥武蔵随一の大展望を謳うだけの事はある。でも、風が冷た〜い
  • パラグライダーの滑走台
  • 大野峠への下り
  • ちょっと退屈な針葉樹林は、仰ぎ見て見るのがマイブーム
  • こちらは天然のつらら(漢字で書くと氷柱なんですね)
  • 馬頭観音。安永7年(1778年)の銘が見えます
  • 今にも転がりそうな丸い大きな岩と、ミツバチの巣箱
  • 赤谷集落からは車道沿いに芦ヶ久保駅まで戻ります
  • 南天の赤い実
  • 本日の元、メインイベント「芦ヶ久保の氷柱」。協力金300円を払って見物
  • ネーミングのセンスを疑うべきなのか、勘ぐる私がゲスなのか?
  • 人工氷柱ですから、日の差さない北側斜面に作るのが合理的。その時は気にならないけれども、こうして後から眺めるとやはり光量が少ない。
  • ・・・午前中に先に立ち寄れば、少しは日も差していたのかな?
  • 一緒に写っている樹木と比較しないと、ちょとスケール感がわからないかも
  • 甘酒をふるまっていただきました
  • 「五常の滝」についての情報がありました
  • 三十槌の氷柱というのもすごそうだな
  • 乗り降り自由の「秩父漫遊キップ」を活用して西武秩父に進み、「祭りの湯」(これもクーポンで入れる)に浸かり、くるみ蕎麦を食べてから帰宅
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • プックルファザー さん
    すてぱんさん こんにちは。

    日曜日は、秩父にお出かけ頂いたんですね。丸山からの展望は、確かに素晴らしいです。日向山の北面には、春になると山野草がたくさん咲きます。是非、また、お越しください。

    長瀞に関しては、西武線が直通乗り入れしています。土日ですと、池袋発7:05→長瀞9:19、池袋発8:05→長瀞10:17となります。帰りは、長瀞発15:22→池袋17:32、長瀞発16:25→池袋18:32です。さらに秩父線終点の三峰口にも直通電車が乗り入れています。 ご参考までに。

  • 西東京猛虎会 さん
    すてぱんさん、こんにちは。

    日曜日は秩父丸山にお出掛けでしたか。感想欄を拝読、ボーイスカウト時代に「備えよ常に」
    を徹底的に教え込まれた身としては、何時も装備を削れず重い思いをしていますが、究極の
    ライトパックで山行に行かれるフットワークが羨ましい。

    でも食料未持参で言えば、シダンゴ山もチョコ以外の食料未持参山行でしたので何も言え
    ません(笑)

    丸山は何回か行っていますが、どうもこの山との相性が良くないのか、綺麗な景色を見た
    記憶が無いので、レコ写真を楽しませて貰いました。

    因みに、この日は「奥武蔵駅伝」の日で、朝の西武線が臨時を運行する程の人だかりでしたが、
    どうやらピークは外されたみたいで良かったですね。

  • すてぱん さん
    プックルファザー さん、コメントありがとうございます。

    直通電車の情報も、どうもありがとうございます。アプローチ方法は、GoogleMapで調べることが多いのですが、事情を知らないと変な接続や、有料の特急しか出てこないこともあって、少々癖があるようです。車中で山に登る気が出てきたのですが、それまでは億劫だったもので・・・。寒いと体も気持ちも縮こまってしまいがちです。

    丸山は本当に展望がいいですね。日向山北面の花々、いつか訪れることを楽しみにしたいと思います。

  • すてぱん さん
    西東京猛虎会 さん、コメント、それに詳細な宝登山の情報、どうもありがとうございました。

    宝登山と蝋梅の組み合わせも考えたのですが、同じ時期に一度登ったこともあるし、まだ登ったことがなかった丸山に行ってきました。

    行きの電車の中には、選手のご家族やOBなどでしょうか、大勢の応援の方々が乗っていました。トレランかと思ったら、駅伝。それも17回目を数えるのだとか。車中からはTV中継車や、トップランナーを先導する白バイまで見えましたよ。

    山の花道や祭りの湯、人工氷柱、駅伝などなど、沿線の魅力を高めるためにみなさん努力されているのですね。富士講や三峰講、秩父の霊場めぐりなども、それぞれの時代のいわば観光振興策だったのかもしれません。御朱印帳なんて、スタンプラリーと言えなくもありませんしね。

    今回は、究極のライトパックを狙ったのではなく、出たとこ任せでそんな風になってしまいました。私も雨具や非常用装備など、ザックの肥やしとなっていますが、考えてみれば畑には肥やしが必要で、「無駄」という意味では全くありませんよね。「備えよ常に」肝に銘じたく思います。

  • ガバオ さん
    すてぱんさん、おはようございます。

    気ぜわしい最中にふと時間が空いた日曜日の朝、空の青さに誘われる様にふらりと出掛けたつもりが、行った先でいつの間にか足が山に向っていた・・・、週末あるあるですね~! すてぱんさんの心の声が聞こえて来るようで、思わず頷いてしまいました(笑)

    芦ヶ久保の氷柱と言えば一年前に立寄る機会があったものの、観光客の多さに気圧されて諦めてしまいました。写真を拝見したら、やっぱり行っておくべきだったと後悔しきりです。 

    おさわり**のネーミング、中々のセンスですね(笑)

    ところで今後は丹沢がホームゲレンデになりそうなご様子ですね。。。

  • すてぱん さん
    ガバオ さん、コメントありがとうございます。

    そうそう、装備や準備不足で窮地に陥る、あるあるパターンです(汗)
    それに、いったい何に対して「後ろめたいって」のだろうと突き詰めると、薄ら寒い感じもするのです(苦笑)。

    人工だから当たり前なのですが、形状が不自然に思えました。同じ人工氷柱でもかつて西沢渓谷で見たものの方が、より美しく感じられたかな。ともあれ、知恵を絞り、人を呼び集めるだけの価値を生み出そうという行為は、時代や場所を問わない普遍的なものだと思いました。

    まだまだ寒いですが、日も少しづつ長く感じられ、春がまた巡ってきているのですね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...