登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
黒斑山&蛇骨岳 黒斑山・蛇骨岳(上信越)
img

記録したユーザー

koharu29 さん

この登山記録の行程

アサマ2000駐車場(10:20)・・・車坂峠(10:30)・・・アイゼン装着10分・・・トーミの頭(11:45)・・・休憩5分・・・黒斑山(12:10)・・・蛇骨岳(12:40)・・・休憩30分・・・蛇骨岳(13:10)・・・アサマ2000駐車場(14:25)

前回の反省を活かせず今日も遅い出発だったので、短時間で楽しめる山を選んで、車坂峠から黒斑山と蛇骨岳へ行くことにした。車坂峠の駐車場は当然ながら満車だったので、アサマ2000の道路脇の駐車場へ。この駐車場脇に「黒斑山への近道・スノーシューコース」という案内板が立っていた。中コースのどこかに合流するような気はしたが、地図に登山道の表記はないし歩いたこともないので、とりあえず上りは表コース、下りに中コースを歩きながら新ルートを開拓してみることにした。
10時半頃の遅い時間帯だというのに、車坂峠は団体さんで大混雑。相変わらず大人気の山だが、登り始めてしまえば意外なほど静かに歩くことができた。表コースからは八ヶ岳、富士山、四阿山や近くの高峯山を見ながら歩くことができて、急登もさほど苦にならない。槍ヶ鞘やトーミの頭から見える浅間山は雪が縞模様を作っていて冬らしい景色。黒斑山に近づくと、霧氷が付いた木々が青空に映えてとても綺麗だった。
蛇骨岳の展望を楽しみに、もう少し足を延ばすことに。黒斑山から続く森の中にもしっかり雪が積もっていて、蛇骨岳までの登山道もいつになく歩きやすい。右側に常に大きな浅間山を見ることができるのも、このコースの魅力。少し風があったものの蛇骨岳の岩陰でランチタイムを楽しんでから、来た道を引き返した。
帰りは中コースへ。途中で、アサマ2000に向かうスノーシューコースへの分岐を示す真新しい看板が。看板をアサマ2000へ向かうコースへ右折すると、その先は大きく開けた草原と森。スノーシューにはピッタリな場所で、どうせアサマ2000の駐車場に停めるならスノーシューを楽しみながら黒斑山に登るのもアリだね、という話になった。赤い布が分かりやすくコースを示してくれているので、地図に表記はないが間違えようもなく車へたどり着いた。今日は冬の新しいコースを見つけられて、得した気分で家路についた。

登山中の画像
  • 四阿山が綺麗でした
  • 水ノ塔山と篭の登山かな
  • 高峯山
  • 八ヶ岳
  • 雪は少なめです
  • 霞んでますが美ヶ原も見えてました
  • 槍ヶ鞘からみた浅間山
  • 目指す黒斑山。山頂付近に霧氷が付いてます
  • 手前がトーミの頭
  • トーミの頭からみた浅間山
  • 蛇骨岳からJバンド
  • 黒斑山から蛇骨岳
  • 遠くから見ていた霧氷も、近くで見ると一層キレイです!
  • 青空もいいですね
  • 沢山の人で賑やかでした
  • この景色を右に眺めながら蛇骨岳へ
  • ここからの景色はピカイチですよ
  • 蛇骨岳からは群馬県側の展望が素晴らしいです
  • トーミの頭方面を見てます
  • 北側は雪が多くなってきますね
  • 蛇骨岳から黒斑山に戻る途中で。片側は切れ落ちてますが、意外と歩きやすいです。
  • 帰りにもう一枚、浅間山
  • この稜線も、また歩きに来よう!
  • 綺麗な森です
  • 人が少なくなって、写真も撮れました
  • 中コース
  • 途中に新しい看板が! 右折してアサマ2000に戻りました
  • 右折するとすぐに広々とした場所が。スノーシューによさそうです。
  • 裏コースって、使えましたっけ?
  • この赤い布がコースの目印です
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

koharu29さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    雪解けの斜面ではミネズオウなどの花たちが咲き始めました。チェリーパークラインでは淡い新緑のみどりとヤマブキが見頃
    19年05月20日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

koharu29 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...