登山記録詳細

雪山登山
参考になった 7
冬山装備で浅間山 誰もザックから出てこない 浅間山(前掛山)(上信越)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん

この登山記録の行程

天狗温泉浅間山荘0615……0647一の鳥居0647……0706二の鳥居0706……0759カモシカ平0759……0814火山館0814……0821湯の平口分岐0821……0835賽の河原分岐0835……0928避難小屋0928……0946浅間山(前掛山)山頂0959……1049賽の河原分岐1049……1104湯の平口分岐1104……1110火山館1118……1133カモシカ平1133……1201二の鳥居1201……1207不動滝1207……1222一の鳥居1222……1248天狗温泉浅間山荘


総距離 約13.3km 累積標高差 上り:約1,270m
下り:約1,270m
浅間山荘から浅間山(前掛山)をピストンしました。
天候は快晴・ほぼ無風。山頂からは360度の展望が楽しめました。
計画段階では帰りにJバンドに取り付いて、トーミの頭まで回ってみようと思っていたのですが、現地で斜面を見るに無理と判断。大人しく帰ってきました。
実際小規模ですがいくつも雪崩の跡がありました。
  
冬山の装備をひと通り持って行ったのですが、特に足回りは何が正解か分からなかった山行でもありました。
登りはアイゼンをハーネスにぶら下げながらも、結局山頂まで登山靴だけで登ってしまいました。
帰りはさすがに怖かったのでアイゼンを付けましたが、後半、特に二の鳥居から先はとにかく雪と氷と岩、土(泥)が入れ替わり立ち替わりで、着脱をひたすら繰り返されました。
帯に短し襷に長しで、結論として一番正しかったのはチェーンスパイクだったかも知れません。
他の登山者の方々も、スノーシューやワカンの方はさすがにいませんでしたが、ガチのアイゼン、軽アイゼン、チェーンスパイクと様々でした。
  
今回は現地でコースを短縮しましたので、その分時間も短くなりました。
結果例の如く、「食べない」山行に「飲まない」が追加されました。
6時間前後ですと、飲まず食わずで終えてしまいます。
ザックの中のサーモスのお湯もストーブも、今日は全く出番がありませんでした。
重い思いして彼らを山頂へ運び、そのまま連れて帰って来た感じです。
特にスコップや簡易ソリは、終日ザックの中で寝ていたと思います。

登山中の画像
  • 駐車場には4時頃着きました。 6時を過ぎると皆さん活動開始されてました。
  • 鳥居をくぐって出発です。
  • さすがに強烈な注意事項ですね。
  • 歩き始めこそ土の道だったのですが
  • すぐに雪・氷の道が。
  • ただ早朝と言う事と、まだ緩やかな道だったので、登山靴のまま進みました。
  • 一の鳥居です。
  • 不動滝は帰りに寄る事にしました。 沢沿いは何か、道が凍ってそうな気がしましたので。
  • 参道でもあります。
  • 二の鳥居に着きましたが、崩れてしまっていました。直してもらえるといいですね。
  • 日陰の道はつるつるトラップ。
  • しばらくは土の道と
  • 雪・氷の道が代わる代わる現れました。
  • 外輪山に日が当たり始めました。 ただ日陰でも風がなかったので、寒くはなかったです。 アウター込みで4枚着込んでいたからかも知れませんが。 ちなみに今日も手袋は防寒テムレス。 ザックのBDソロイスト「zzz……」
  • カモシカ平。
  • 予約制だったのでしょうか。 会えませんでした。
  • ついにチラッと顔を覗かせた浅間山。 でも実は前掛山なんですよね。
  • 8時過ぎにようやくお日さま。 今日も宜しくお願いします。
  • 火山館手前で強烈な温泉の香りに襲われました。
  • ほんとむせるほどでしたが
  • 今のは!? 今のは大丈夫なレベル!?
  • 確かにここだけ、「火山灰」ぽい道でした。
  • 火山館に到着。 帰りに寄る事にします。
  • すぐ脇の浅間神社。 こんにちは。
  • 越えていよいよ雪山らしくなりました。 ただ強烈に締まっていて、埋まることはありませんでした。
  • 気持ちよく歩いて行きますが、ホワイトアウトしたら帰ってこれる自信がありませんね。
  • 湯の平口分岐に着きました。 計画ではトーミの頭からここへ戻ってくるつもりだったのですが、斜面と雪の状態を見てあきらめました。
  • たしなみとしてヘルメットはかぶって来ていますが……。
  • つい先日までここはバリケードだったのでしょうね。
  • 更に進んで賽の河原分岐。 Jバンド方面は踏み跡が少しあるものの、最近のものには思えませんでした。
  • お日さまが前掛山を越えました。
  • 森林限界と言って良いでしょう。
  • 鋸岳方面。 向かったらアイゼン着脱のラッシュになるのでしょうね。
  • 最後の前掛山はかなり厳しかったです。 歩く速度が半分になりました。
  • 草津白根山、かな。
  • 今年は雪が少ないのでしょうね。
  • 厳しい斜面でした。 久し振りの冬山装備も重かったし!
  • まっすぐ登れば浅間山の山頂ですが
  • 立入禁止標識が立ちふさがります。
  • 前掛山に方向を変えて、あと少しです。
  • 避難小屋。 風雪ではなく噴石避けなんですね。
  • 前掛山への登りです。 北斜面になりますので雪面ですね。
  • 前掛山への稜線です。 カルデラ好きにはたまらないカーブです。
  • 着いたー! ここに着く前、一瞬だけ浅間山から水蒸気が上がったのを見ました。
  • 浅間山本体です。 かつての登山道(行者返し?)と思われる道が見えます。
  • 手前に妙義山が見えます。 奥の奥秩父の稜線には雲取山も見えています。
  • 中央やや左奥に富士さま! 手前の稜線は奥秩父。富士さまの手前は金峰山。右の山塊は八ヶ岳です。もうひとつ奥に南アルプスが顔を出しています。
  • 富士さまアップ!
  • 中央奥、うっすら白いのが木曽御嶽山。 左奥の山脈は中央アルプスです。 もちろん右はどこまでも北アルプス。
  • 木曽御嶽山アップ。
  • 中央アルプスアップ。
  • 稜線の先は行き止まりです。
  • 手前に四阿山。 しばらく青山を堪能しました。 さあ下山しましょう。
  • 外輪山の内側です。
  • よく見ると、こんな雪崩の跡がちらほらと。
  • トーミの頭。 あそこから降りてくるのは無理!
  • 火山館に寄りました。
  • 手ぬぐいとバッジをお土産に買いました。 そうか、町としては小諸なんだ。
  • 温泉再び。
  • 帰りは不動滝に寄りました。 イエローフォールです。
  • 面白い淵もありました。
  • 何とか無事に下山です。 水分も摂っていないので、ザックの重量は出発時と全く変わっていません。 重かった……。
  • でも蛭ヶ岳ダマシイで頑張りました。 手前のロープはネットで覚えた自在ロープ。 セルフビレイやピッケルのリーシュに使えます。
  • 帰りの道は昭和の国道。 ぬたぬたと轍にハンドルを取られました。
  • 浅間山を後にします。良い山行でした。
  • 帰りに小諸の懐古園に寄りました。 お蕎麦を2杯食べる大男や、おでんをガマンする中学生女子はいませんでした。
  • おみやげは小諸産のりんごで作ったというりんごジュースだよ!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、スコップ、ゴーグル、8環・ATC、カラビナ、環付きカラビナ、クイックドロー、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ピトン、ハーケン、ハーネス、ヘルメット
【その他】 予備ヘッドライト、予備手袋×2、風力計、モバイルバッテリー、アマチュア無線機、タイブロック、ナッツ、スカイフック、ウェビング、プルージックコード
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    雪解けの斜面ではミネズオウなどの花たちが咲き始めました。チェリーパークラインでは淡い新緑のみどりとヤマブキが見頃
    19年05月20日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...