登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
冬の上高地(神の領域) 上高地(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2019年2月23日(土)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:飛騨駅前バスターミナルから松本行きの特急バスで中の湯下車、釜トンネルから大正池を経由して上高地に入る。
    従い釜トンネルが登山口となる。

  • 天候

    晴れ(午後から少し曇と雪がちらつく)
    [2019年02月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

飛騨駅前バスターミナル(7:50)・・・中の湯バス停(9:00)・・・釜トンネル(9:10)・・・大正池(10:00)・・・田代池(10:30)・・・ウェストン碑(11:00)・・・かっぱ橋(11:30)・・・岳沢湿原(11:50)・・・小梨平(12:10)・・・大正池(14:20)・・・釜トンネル(14:50)・・・中の湯バス停(15:00)


総距離 約16.3km 累積標高差 上り:約401m
下り:約411m
今回はいつもの友人と冬の上高地に行きたくて行ってきました。
ただ、暖冬の影響はかなりで例年に比べると積雪量は少なかったです。
それでも標高は1500mありますので冬山に入る気持ちで装備は整えてください。
また、釜トンネル入口左の中の湯売店に登山ポストがありますので必ず登山届は提出してください。
今は結構迷い込まないようにロープやポールで道が確保されていますが悪天候の場合はあっという間に道を見失ったり迷い込む危険は当然ながらありますので危険を感じたら無理をせず撤退も視野に入れておいてください。
トイレも使用できる箇所は3箇所ほどしかありませんので注意してください。
(冬期トイレは1、大正池ホテルの左横 2、田代橋を超えたところ 3、小梨平のビジターセンター前)
それ以外は扉が固く閉ざされています。
また、避難小屋や冬期小屋などは上高地にありませんので注意してください。
それではコース案内です。
我々は金曜日の夜から飛騨に向けて出発しましたがご自身の所在地に合わせて飛騨を目指すか平湯温泉を目指されるといいでしょう。
飛騨からなら翌日飛騨駅前バスターミナルの6番乗り場(一番右端)から7時50分発の松本行きに乗ると9時くらいに中の湯バス停に着きます。
平湯からなら8時50分くらいにこのバスが着くので乗ればいいでしょう。
中の湯バス停に着いたら車のこない場所で用意を整えて登山届を売店前のポストに入れて釜トンネルに入っていきましょう。
昔は真っ暗でヘッドライトとハンディライトを駆使しないと歩けませんでしたが今はトンネル内部のライトを点けてくださっているので快適に歩くことができます。
基本きついのは釜トンネルとその先の上高地トンネルだけなのでここさえクリアすれば後はほぼ平坦と言えます。
ただ、今季は積雪量が少なかったので快適に歩けましたが積雪量が多いときはいくら舗装路の上でも膝まで足が埋まったりしますのでワカンやスノーシューなどのアイテムは必須です。
道も凍っているのが普通なので軽アイゼンもしくはスパイクは必須となります。
釜トンネルの勾配は平均11°なので結構な坂道となります。
基本トンネルなので景色も変わりません、しかも釜トンネルの全長は約1500mでその先の上高地トンネルは約600mなので単純に2kmはずっと登ることになります。
ここで体力を使ってしまうと上高地の周遊なんて無理なのでゆっくり取り組んでください。
上高地トンネルを抜けても太兵衛平までは坂道となるので気は抜けません。
このあたりから道には積雪があったり凍ってたりするので必要に応じてアイゼンかスパイクを装着するといいでしょう。
からまつ橋を越えたあたりから道は下り坂となりその先に大正池の入口でもある東電貯水口があります。
このあたりから景色が格段とよくなり左側には焼岳がそびえ立ち目の前は大正池、奥の方には西穂高や前穂高、明神などが見えてきます。
ウキウキしながら進むと左手に大正池ホテルがあります。
このホテルの左側のトイレが貴重な冬期用トイレになるので済ませておきましょう。
ホテルの右側から大正池に下りて行けるので大正池に行きましょう。
トンネルの中で全ての人を抜き去った我々は一番乗りで誰もいない大正池を満喫しました。
ここからは車道も行けますが周遊路である木道を進みましょう。
雪深い時は危険ですが(橋桁を超えるほどの積雪量の時はやめたほうがいいでしょう。)今回は橋桁がしっかり確保できるぐらいの積雪量だったので木道を楽しく進みました。
しばらく進むと立ち枯れの木がよく見える絶景ポイントがありますので立ち寄ります。
ただ、このあたりから気を付けないと人の踏み跡がある場所はほぼ大丈夫ですがない場合はいきなり膝まで埋まる可能性があります。(これは積雪量にあまり関係ありません。)
慎重に立ち枯れの木に近づくと写真を撮りまくります。
私は立ち枯れの木から見る焼岳が大好きなので写真もこの構図を季節関係なくたくさん保有しています。
しばらく景色を眺めたら次に進みましょう。
次に目指すのは田代池です。
ここもとても綺麗な場所で目の前に霞沢岳がそびえるとてもいい場所でお気に入りの場所です。
観光シーズンは人でごった返していてとてもじゃないですがゆっくりできませんがこの季節のいいところは基本ほとんど人が入ってこないのでとても素晴らしい景色を独り占めできることです。
友人と景色を堪能したら次へ向かいます。
ここからは樹林帯に入るので積雪や樹上からの落雪には注意が必要です。
素敵な道をしばらく進むと田代橋に出ます。
橋を渡らず真っすぐに進めばかっぱ橋に行けますがこの道は帰路に利用するといいでしょう。
まずは田代橋を渡りましょう、直ぐに心を奪われるような景色が目の前に広がります。
赤く彩られた化粧柳がとても綺麗で目を奪われその先にそびえ立つ西穂、前穂、明神・・・正しく神の領域に入ったと感動し、また身が引き締まります。
元々本来の上高地という名称は一般的なもので登山者や山に携わって来た方々は「神降地」と呼んでいます。
私自身この呼び方がしっくりくるので特にこの季節はそう呼びたいと思っています。
素敵な景色に癒されながら先へ進むとウェストン碑が左手にあります。
私自身ここを訪れるのは久しぶりなので感慨深いものがあります。
そのまま道なりに梓川沿いに進んでいくと左手にホテルが数件立ち並んでいますがその中でも特に五千尺ロッジには思い入れがあります。
ここは我々が若かりし頃無茶な計画で上高地から涸沢経由で奥穂高、前穂高、岳沢、かっぱ橋の行程をわずか1泊2日で走破したとき流石にくたびれた私をかっぱ橋に置いて友人が探してくれたのが五千尺ロッジだったのです。
温泉に癒されぐっすり寝ましたが翌日恐ろしい程の筋肉痛に襲われ、それでもアホな二人は無理やり大正池を散策して帰路の車でのたうち回っていた思い出が蘇ります。
五千尺ロッジを越えたら直ぐにかっぱ橋です。
手前のベンチにいらっしゃったご年配の方が「最高ですな~~」と声をかけてくださったので笑顔で返事を返します。(工事関係者の方かな?)
誰もいないかっぱ橋も独り占めして写真を撮りまくります。
小腹がすいた我々は少し離れた場所で軽い目の休憩を取り行動食を食べました。
活力が戻ったのでそのまま岳沢湿原を目指します。
ここも観光シーズンは人がいっぱいですがこの季節は誰も来ないため貸切状態です。
ただ、ここは本当に誰も来ないので歩く際は気を付けないといきなり膝まではまり込んだりします。
素敵な景色を堪能したら小梨平まで戻りそこで大好きな景色を眺めながら昼休憩に入ります。
釜トンネルから大正池まで1時間ほど大正池からかっぱ橋までが1時間ほどかかるのでバスの時間は必ず把握しておいてください。
我々は15時20分発の高山行きで帰る予定でしたので逆算すると13時くらいには上高地を後にする必要があるのですが神々の山々を眺めていると時が過ぎるのが早くてあっという間に予定時刻が来ます。
名残惜しいですが片付けて小梨平を後にした我々は来た道ではなく梓川沿いを戻っていきます。
普段はこの道もバスターミナルへ向かう観光客でいっぱいなのですが今はひっそりとしていて情緒があります。
綺麗な梓川を右手に見ながら神々の領域を少しずつ外れていきます。
大正池からは車道に上がって本当なら歩けない道を歩いていきます。
この道は観光シーズンなら滅多に人が歩かない道ですが理由は車の往来(といってもタクシーかバスのみですが)が多いのが理由です。
今は快適に歩けますが道は凍ってたり積雪がありますので注意してください。
太兵衛平まで戻れば後は下りだけですが疲れた足には結構堪えますのでゆっくり進んでください。
釜トンネルの入口まで戻り道を横断して少し進んだ先に飛騨・高山行きのバス停がありますが風の吹き抜けるところでもあるので時間ギリギリまで釜トンネルの入口周辺で休憩しておきましょう。
バスが来たので乗り込んだ我々は高山まで帰り、温泉で疲れを癒してから飲みに行きました。

登山中の画像
登山画像
卜伝の湯です。
登山画像
釜トンネルのゲートの左側から入っていけます。
登山画像
中の湯売店です、ここに登山ポストがあるのでた…
登山画像
釜トンネル入口です。
登山画像
釜トンネル内部ですが昔はトンネルの中は真っ暗…
登山画像
坂道が堪えてきたのかどんどん先ゆく人に追いつ…
登山画像
本当ならこの季節、こんな簡単に歩くことはでき…
登山画像
いよいよ神の領域に入ってきました。
登山画像
いつの間にか誰も追いついてこなくなり我々だけ…
登山画像
大正池が見えてきました。
登山画像
いやあ~トンネル抜けるとこんな感じで素敵な景…
登山画像
ワクワクしますね。
登山画像
友人がトイレに行っている間に大正池へと向かい…
登山画像
誰もいない大正池に一番乗りです。
登山画像
大正池と焼岳はセットだとより一層綺麗ですね。
登山画像
こちらは発電所方面です。
登山画像
木道を歩いていきましょう。
登山画像
焼岳は穂高連峰と比べると見劣りするかもしれま…
登山画像
一番最初にここに立ったのは30年ほど前ですが…
登山画像
私の大好きな構図です。
登山画像
カモが気持ちよさそうに泳いでいました。
登山画像
人間を拒むようにそそり立つ穂高がそこにありま…
登山画像
神の領域に入ってきました。
登山画像
足跡も何もないこの雪原、感無量です。
登山画像
雪原が素敵です。
登山画像
田代池も素敵な場所です。
登山画像
とても素晴らしいです。
登山画像
本来ならこの倍以上雪があるのですが今年は少な…
登山画像
この橋を渡らず真っすぐに行ってもいいのですが…
登山画像
とても綺麗でしばらく動けませんでした。
登山画像
ウェストン碑を訪れるのは何年ぶりでしょうか?
登山画像
ウェストン碑です。
登山画像
ウェストンさんと別れたらかっぱ橋を目指します。
登山画像
私はこんな道が大好きです。
登山画像
五千尺ロッジです、ここの温泉は最高です。
登山画像
かっぱ橋が見えてきました。
登山画像
かっぱ橋です。
登山画像
このあたりで軽く休憩を取りましょう。
登山画像
今年は雪が少ないですがそれでも神の領域にきた…
登山画像
さあ、休憩も終わったので岳沢湿原に行きましょ…
登山画像
岳沢湿原にきました。
登山画像
流石にここまで来る人はいないので我々の独り占…
登山画像
とても綺麗なのに上高地のすみずみまで知り尽く…
登山画像
観光シーズンになるとここも人でいっぱいになり…
登山画像
岳沢湿原は大正池より立ち枯れの木が多いのです。
登山画像
お昼はここで美味しくいただきました。
登山画像
化粧柳がとても綺麗です。
登山画像
小梨平から眺めるこの構図が私のお気に入りです。
登山画像
帰路は梓川沿いを歩いて帰りましょう。
登山画像
明神を振り返ります。
登山画像
こういう道を歩けるのは本当に幸せですね。
登山画像
本当に今年は雪が少ないです。
登山画像
本当はこの道、車道ですがこの季節は工事関係者…
登山画像
朝方通った周遊路を見下ろします。
登山画像
大正池ホテルです。もちろん冬期は閉鎖です。
登山画像
発電所から最後に上高地方面を振り返ります。
登山画像
結構な氷が張っています。
登山画像
上高地トンネルは距離が短いですがそれでも60…
登山画像
釜トンネルが見えてきました。
登山画像
名残惜しいですがトンネルを抜ければこの旅も終…
登山画像
釜トンネルの傾斜は平均11°ですので結構急です。
登山画像
中の湯が良質な温泉だということがこの川の水の…
登山画像
バス停から釜トンネルを振り返ります。
登山画像
中の湯バス停です。お疲れ様でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    主ルートに支障なし。槍沢~稜線高山植物が最盛期。午後はガスや天気急変あり早出早着を
    20年08月06日(木)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    夏山天気となりました。本日午後も視界良好。涸沢カール内は高山植物が最盛期を迎えています
    20年08月06日(木)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    夏山となりました。稜線、俯瞰する涸沢ともに高山植物が見られます。白出沢は通行不能
    20年08月05日(水)
    西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    登山道には地震の影響あり。ホームページにも登山道情報を更新中です
    20年07月24日(金)

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...