登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
大山振子沢バックカントリ― 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年2月24日(日)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、N氏 さん 、T氏 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥大山スキー場へ駐車 健康の森へ取付く

  • 天候

    ☀ 登山口-1℃
    [2019年02月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山6:00→奥大山スキー場登山口7:35→7:50健康の森入口→9:30鳥越峠上テラス→10:35地獄谷→11:00振子沢入口→12:00振子沢折返し点→12:20昼食ポスト13:00→13:50駒鳥小屋→15:00テラス15:20→16:10スキー場登山口16:30⇒18:00帰着


総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約1,318m
下り:約1,318m
登山口-1℃ ↑1,328m ↓1,367m 14.0㎞ 8:40分 12,625歩

今日は大山振子沢を滑ってきました。お二人はテレマーク、私は山スキーでの参加です。
7時半に奥大山スキー場へ着き登山口まで歩きます。沢を越えて健康の森のブナ林へ取付きます。

ブナ林を登って行くとツアーらしい6・7人のパーティーが登っています。広いブナ林、どこでも登れるので、いつの間にか我々が先行していました。

少し大きめの沢を超えると鳥越峠上のテラスに続く斜面に取り付きます。ここから傾斜がだんだんきつくなってきて、ブナも大株が見られるようになってきます。登るにつれブッシュが行く手を煩く遮り登行し難くなるが、オオカメノキの冬芽に励まされ頑張ります。

薮をかき分けるように登って行くと、青空の元に目指すテラスの入り口が見えてきました。
やれやれやっと着きました。ここから地獄へ真っ逆さまに下ります。その前にちょっと休憩(*^^)v

行きはヨイヨイ、帰りは恐い♪ この斜面、帰りの登り返しはとても厳しいのです(~_~;)・・
な~んて言いながらシールをはずし、ルンルン気分で下って行きます。雪が少なく、駒鳥小屋の段からTさんはツボ足で降りられます。

そして地獄谷に下リましたが沢割れして、斜面の脇をすり抜けます。上から小石や滴が落ちてきますが、何とか中州に降り立ちました。時刻は10時半です。上を向くと素晴らしい青空が広がっています。しかし、振子沢の入口へ渡れるか心配。何とかスノー通路が繋がって居てくれ対岸へ渡れやれやれです。
振子沢も岩の形が残っていて沢に落ちない様注意して登行しなければなりません。雪がいつもの年より相当少ないようです。

そして11時20分例年苦労する狭くて急な廊下部に差し掛かります。ここも今年はあまり雪崩れた跡がありません。デブリが少なくて登り易いと言えば登り易いのですが、地形の傾斜がそのままなので随分急登です。

喘ぎ喘ぎ頑張って登ると最後のカーブで先行者が2人おられました。ここが振子沢斜面の入り口で、前方が一気に開けますす。しかしまだ振子沢源頭部は見えません。ここから見える稜線は手前の尾根で、まだまだ登らなければ目的地は見えてきません。

11時50分やっと前方に目的地が見えてきましたが、周りの斜面はしわが寄って雪解けが進んでいます。先行者も見えますが、途中から下って来られます。

登って行くと大きな雪まくりの残骸が、あちこちに積もってデブリの巣になっています。N氏が途中のカーブで引き返してこられました。管理人も遅れてそこまででで引き返します。ちょうど12時に下りに向かい、沢下部で昼食タイムです。

少し風は冷たいですが、陽射しがあるのでそれほど寒くはありません。ゆっくりのんびりできます。\(^o^)/
管理人がのんびりしている間に、御2人は上部へ登り返してもう1本です。
12時50分帰りに向かいます。振子沢出口まで2・30分で下れます。そして最後の登り、地獄谷からテラスまでの300mの登りが待っています。

今回は駒鳥小屋上流の斜面をアイゼンをつけて登り、小屋経由で急登を登って行きます。途中まで先行者のトレースを追って登れたが、鳥越峠に向かうトレースでした。トレースが無くなり、アイゼンのツボ足が何度も踏み抜きます。これがとてもしんどい(泣)

13:50分に駒鳥小屋を通過して、テラスに着いたのは15:00でした。崩れるように休憩です。アツアツのカフェでやっと一息。15:20分最後の滑走へ向かいます。小1時間で下れるでしょう?・・・

午後のザクザクの雪を掻き分ける様に下り、健康の森ブナ林まで下るとやれやれです。
後は夏道に沿って下り、無事に環状道路へ降り立ちました。

今日もお山で遊ばせてもらいました。お山の神さんへ感謝です\(^o^)/・・・
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ 
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/02/2019.html

登山中の画像
登山画像
健康の森へ向かう
登山画像
健康の森のブナ林を行く
登山画像
上部になるとブッシュがうるさうが大ブナに癒さ…
登山画像
オオカメノキの冬芽
登山画像
テラス入口に到着
登山画像
テラスから登って来た健康の森を振り返る
登山画像
テラスで一休み
登山画像
地獄へ落ちてゆく
登山画像
地獄谷は沢割れしている
登山画像
中州で一休み
登山画像
振子沢入口へ向う
登山画像
狭い廊下に差し掛かる
登山画像
振子沢全景
登山画像
折返し地点から源頭部を望む
登山画像
上部は雪まくりのデブリが重なっている
登山画像
昼食ポスト
登山画像
素晴らしい青空
登山画像
下りで駒鳥小屋
登山画像
テラスへ登り返してほっと一息
登山画像
健康の森を滑り下る
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    七合目でイワカガミが例年より遅い見頃。今後は梅雨前線の動きに注意。気温上がると「ブヨ」対策も
    19年06月12日(水)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...