登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
大山振子沢バックカントリ― 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年2月24日(日)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、N氏 さん 、T氏 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥大山スキー場へ駐車 健康の森へ取付く

  • 天候

    ☀ 登山口-1℃
    [2019年02月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山6:00→奥大山スキー場登山口7:35→7:50健康の森入口→9:30鳥越峠上テラス→10:35地獄谷→11:00振子沢入口→12:00振子沢折返し点→12:20昼食ポスト13:00→13:50駒鳥小屋→15:00テラス15:20→16:10スキー場登山口16:30⇒18:00帰着


総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約1,318m
下り:約1,318m
登山口-1℃ ↑1,328m ↓1,367m 14.0㎞ 8:40分 12,625歩

今日は大山振子沢を滑ってきました。お二人はテレマーク、私は山スキーでの参加です。
7時半に奥大山スキー場へ着き登山口まで歩きます。沢を越えて健康の森のブナ林へ取付きます。

ブナ林を登って行くとツアーらしい6・7人のパーティーが登っています。広いブナ林、どこでも登れるので、いつの間にか我々が先行していました。

少し大きめの沢を超えると鳥越峠上のテラスに続く斜面に取り付きます。ここから傾斜がだんだんきつくなってきて、ブナも大株が見られるようになってきます。登るにつれブッシュが行く手を煩く遮り登行し難くなるが、オオカメノキの冬芽に励まされ頑張ります。

薮をかき分けるように登って行くと、青空の元に目指すテラスの入り口が見えてきました。
やれやれやっと着きました。ここから地獄へ真っ逆さまに下ります。その前にちょっと休憩(*^^)v

行きはヨイヨイ、帰りは恐い♪ この斜面、帰りの登り返しはとても厳しいのです(~_~;)・・
な~んて言いながらシールをはずし、ルンルン気分で下って行きます。雪が少なく、駒鳥小屋の段からTさんはツボ足で降りられます。

そして地獄谷に下リましたが沢割れして、斜面の脇をすり抜けます。上から小石や滴が落ちてきますが、何とか中州に降り立ちました。時刻は10時半です。上を向くと素晴らしい青空が広がっています。しかし、振子沢の入口へ渡れるか心配。何とかスノー通路が繋がって居てくれ対岸へ渡れやれやれです。
振子沢も岩の形が残っていて沢に落ちない様注意して登行しなければなりません。雪がいつもの年より相当少ないようです。

そして11時20分例年苦労する狭くて急な廊下部に差し掛かります。ここも今年はあまり雪崩れた跡がありません。デブリが少なくて登り易いと言えば登り易いのですが、地形の傾斜がそのままなので随分急登です。

喘ぎ喘ぎ頑張って登ると最後のカーブで先行者が2人おられました。ここが振子沢斜面の入り口で、前方が一気に開けますす。しかしまだ振子沢源頭部は見えません。ここから見える稜線は手前の尾根で、まだまだ登らなければ目的地は見えてきません。

11時50分やっと前方に目的地が見えてきましたが、周りの斜面はしわが寄って雪解けが進んでいます。先行者も見えますが、途中から下って来られます。

登って行くと大きな雪まくりの残骸が、あちこちに積もってデブリの巣になっています。N氏が途中のカーブで引き返してこられました。管理人も遅れてそこまででで引き返します。ちょうど12時に下りに向かい、沢下部で昼食タイムです。

少し風は冷たいですが、陽射しがあるのでそれほど寒くはありません。ゆっくりのんびりできます。\(^o^)/
管理人がのんびりしている間に、御2人は上部へ登り返してもう1本です。
12時50分帰りに向かいます。振子沢出口まで2・30分で下れます。そして最後の登り、地獄谷からテラスまでの300mの登りが待っています。

今回は駒鳥小屋上流の斜面をアイゼンをつけて登り、小屋経由で急登を登って行きます。途中まで先行者のトレースを追って登れたが、鳥越峠に向かうトレースでした。トレースが無くなり、アイゼンのツボ足が何度も踏み抜きます。これがとてもしんどい(泣)

13:50分に駒鳥小屋を通過して、テラスに着いたのは15:00でした。崩れるように休憩です。アツアツのカフェでやっと一息。15:20分最後の滑走へ向かいます。小1時間で下れるでしょう?・・・

午後のザクザクの雪を掻き分ける様に下り、健康の森ブナ林まで下るとやれやれです。
後は夏道に沿って下り、無事に環状道路へ降り立ちました。

今日もお山で遊ばせてもらいました。お山の神さんへ感謝です\(^o^)/・・・
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ 
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/02/2019.html

登山中の画像
登山画像
健康の森へ向かう
登山画像
健康の森のブナ林を行く
登山画像
上部になるとブッシュがうるさうが大ブナに癒さ…
登山画像
オオカメノキの冬芽
登山画像
テラス入口に到着
登山画像
テラスから登って来た健康の森を振り返る
登山画像
テラスで一休み
登山画像
地獄へ落ちてゆく
登山画像
地獄谷は沢割れしている
登山画像
中州で一休み
登山画像
振子沢入口へ向う
登山画像
狭い廊下に差し掛かる
登山画像
振子沢全景
登山画像
折返し地点から源頭部を望む
登山画像
上部は雪まくりのデブリが重なっている
登山画像
昼食ポスト
登山画像
素晴らしい青空
登山画像
下りで駒鳥小屋
登山画像
テラスへ登り返してほっと一息
登山画像
健康の森を滑り下る
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    気温高く雪少ない状況。アイゼン引っ掛けに注意。ダブルストックが有効。装備は厳冬期雪山が必要
    20年01月28日(火)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――