登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
氷ノ山バックカントリー 氷ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年3月9日(土)

  • パーティ

    5人 (いずみやま さん 、N氏 さん 、T氏 さん 、K氏 さん 、Niさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:鳥取道河原ICから若桜へ 春米から若桜氷ノ山SKI場Ⓟ

  • 天候

    ☀ 登山口-2℃
    [2019年03月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山7:00→わかさ氷ノ山スキー場登山口8:50リフト⇒9:10リフト終点→9:38稜線到達→10:34大段手前滑走→11:00三ノ丸→11:42山頂11:53→12:00神大ヒュッテ昼食ポスト12:40→13:20稜線到達→13:50三ノ丸→14:25稜線下降点→14:45リフト終点→15:00ゲレンデ滑走→スキー場Ⓟ15:40⇒17:40帰着


総距離 約11.4km 累積標高差 上り:約701m
下り:約1,140m
↑783m ↓1,234m 12.5㎞ 6.05分 14,661歩
今日は氷ノ山へプチ遠征です。朝7時、県南からの2人を含めたSKI好きが集合です。今回は、5人パーティ。管理人の車に同乗して氷ノ山を目指します。若桜氷ノ山が今年3回目という人が3人、管理人とK氏は今シーズンお初です。4人はテレマーク、山スキーは管理人1人です。

到着して駐車場に入ると、山へ行く人とゲレンデスキーやボードの人たちがそれぞれ準備に忙しい。
登行リフトを乗り継いでチャレンジリフトまで登ると、中間駅から上は雪不足で登山者専用。我々5人は申告して、中間駅のストップバーを開けてもらいます。

リフト終点は高度1200m付近。体感温度がぐっと下がってきました。狭いテラスで、登山者と一緒に登行準備をします。我々は、スキーを担いで急登に備えます。ここから稜線に到達するまでは、細尾根・雪庇を200m登る急登です。

頑張ること40分やっと1,400mの稜線へ乗ります。ここから3ノ丸を経て頂上までどこでも滑走できる稜線が続きます。昨夜冷えて稜線のブナには霧氷が観られます、この時点ではまだ一昨日降った雪の状態も良いようです。大段方向へ滑り込んでみることにし、滑走準備します。

管理人は最初のピークまでツボ足で行きますが、テレマークの人たちはウロコソールや登行ポジションがとれるのでスキーで向かわれます。1,376mピークまで進むと先行したN氏が引き返してこられ、新雪が風に飛ばされ、アイスバーン状態で危険な様子、3ノ丸の方向へ向け滑り込むことにします。

ブナの間に150mほど続く中斜面をそれぞれ思い通りのシュプールを書いて滑走です。管理人も今日最初の滑走を試みたのですが、右のヒールピースがロックできていなくて、何とか転ばずに滑るのが精いっぱいで、爽快感は感じられませんでした。

今日はこの後も、変化する雪の状態に泣かされ通しで、お天気と眺望が良いのが唯一の救いでした。この後山頂から神大ヒュッテまでの滑走も、ストップ雪とクラスト雪そしてザラメ雪の混じる、まだら模様の斜面です。滑ったり・止まったり・引っ掛かったりと、ファットスキーの滑走面積の広い板が逆効果。ヒュッテに着いた時は「やれやれ着いた」(汗)・・状態でした。

昨年に続いて快晴の神大ヒュッテのお昼は日差しを浴びての休憩タイム。ブナの森と大段ヶ平方向の眺望を楽しみます。緊張から解かれて、至福の一時、世間話に花が咲きます。

昼から、再び稜線目指して登り返し。ブナの間をシール登行40分、1,340mから1,460mの稜線まで頑張ります。稜線のワサビ谷ドロップポイントまで帰るとガイドさんがお客の3人さんとアンザイレンして下って行かれる所でした。

我々はパスして来た尾根をピストンします。2時前3ノ丸まで帰ってきました。ここまで帰ると再び風が強く吹いています。最後に三ノ丸の絶景を目に焼き付け、風の中シールを剥がし、下降ポイントまで滑走します。

14:25稜線の下降ポイントから最後の下りに掛かります。ツボ足で20分ほど、リフト終点を過ぎ、さらにゲレンデ脇を下り、チャレンジゲレンデ途中からスキー場を滑走します。

ここでもスキーの難しさを思い知らされるように、急斜面で2度も3度も転倒。自分の下手さは加減に嫌気がし、泣きたくなった管理人です。原因はブーツロックが出来ていなかったのですが、技術要素でもシュテム操作の切り替え時に体が外足に追い付けず、ブーツに頼ったターンをしていると言う事。

楽しいはずのゲレンデ滑りもそんなことで、情けないやら悔しいやら、不完全燃焼の1日でした。
そんな思いに関係なくお山は快晴、そして素晴らしい眺望を与えてくれます。(人’’▽`)ありがとう☆山なのです。
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/03/2019.html

登山中の画像
登山画像
朝のスキー場を出発
登山画像
リフト終点が見えて来た
登山画像
終点から陣鉢山・扇ノ山を望む
登山画像
急な尾根を登る
登山画像
稜線へ着いた
登山画像
稜線から望む扇ノ山
登山画像
1376mピークから山頂を望む
登山画像
3ノ丸へ向けて登り返す
登山画像
5人のシュプール
登山画像
3ノ丸が見えて来た
登山画像
3ノ丸から山頂を望む
登山画像
山頂が見えた
登山画像
神大ヒュッテでお昼
登山画像
稜線に登り返して甑岩
登山画像
山頂をバックに稜線を帰る
登山画像
ワサビ谷ドロップポイントを振り返る
登山画像
3ノ丸まで帰ってきた
登山画像
稜線下降ポイントからアルパインゲレンデを俯瞰…
登山画像
梢越しに山頂にお別れ
登山画像
リフト終点へ下山
登山画像
ゲレンデを滑り無事下山です
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年6月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!