登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 1
宝川から大烏帽子山 大烏帽子山(上信越)
img

記録したユーザー

与一 さん
  • 日程

    2019年3月18日(月)~2019年3月19日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:道路に雪はないが、日陰は融雪水が凍っていた。宝川温泉から先の林道は、温泉で止められているので石仏脇に駐車(雪があって3台程度)。林道は山側の湧き水で雪が切れて歩く場面が3度(帰りは雪が切れてプチ渡渉)。デリブで道が塞がれている部分の乗越がスキーだといやらしく、ツボ足だと潜って不安定でいやらしかった(3か所)。微妙なアップダウンがあるので、行はシールで問題ないが、帰りのシールなしではくたびれる。雪解け水多くもう数日で林道はズタズタになりそう。

  • 天候

    1日目:快晴 2日目:曇りのち晴れ
    [2019年03月18日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目
宝川温泉(6:50)・・・板幽沢橋(9:18)・・・林道終点(10:15)・・・布引沢源頭のピーク(13:45)・・・泊地(14:10)
2日目
泊地(4:10)・・・烏帽子山 (6:25)・・・泊地(7:25/8:25)・・・布引沢源頭のピーク(10:00)・・・林道終点(11:25)・・・板幽沢橋(11:40) ・・・宝川温泉(13:30)


総距離 約24.8km 累積標高差 上り:約1,849m
下り:約1,846m
1日目
林道終点から北北西の尾根目指して登ってゆくと、程よい間隔の立ち木にオレンジのテープが巻かれていた。布引尾根の1600m付近まで確認できた。1610mと1627mピークのコルから宝川に下った。計画ではウツボギ沢出合に向かって1435mのピークのある尾根を南下する予定だったが、大烏帽子山登頂を主目的にして、なるべく上流側に下ることにした。1泊装備が重く、なるべく緩斜面を選んだが、その先の1473mピークが途中にある尾根の方がさらによさそう。雪の表面は降りたてのザラメになりきらない湿雪、その下はザラメが凍った層2cmほどの崩れやすい最中状で滑りにくかったが、何とかターンできた。左岸に露岩が印象的な場所にテントを設営したが、すぐ上流と下流に釜が口を開けていたのを見てウツボギ沢出合を目指さなくてよかったと思った。夕方満月に近い月が出て雪の照り返しで一晩中明るかった
2日目
4時出発した時に月は没していて、曇りらしく星もなく真っ暗な谷を進むが、谷の一番低い部分がよくわからず、岸側に登ってしまい気味。雪面が凍ってたのでクトーを装備、口を開けた釜のトラバースに神経を使った。幕営地から上流でも2か所出ていた。大烏帽子山直下の二股でヘッドランプを消した。谷は思った以上に緩傾斜で、軽装備なので楽しく登れた。稜線に上がるとコルには笹が出ていた。コルからは当初ツボ足で登ったが、上部20mほどはキックステップも切れず、アイゼン・ピッケルを持ってきてよかった。昼間ならツボ足で問題なさそう。下りはまだ日が射していないので、表面がカリカリのアイスバーン状だが、少し踏み込むと2㎝ほどの厚さで割れて滑りにくかった。テント撤収後の布引尾根の登り返し時も西面なので下部はカリカリに凍っていてクトーを使用。尾根に上がると昨日同様腐った雪でターンしにくかった。1530m付近で南と南東に尾根が分かれるが、広いためガスっていると南下の尾根に誘い込まれそうで注意が必要と感じた。林道は昨日より雪解けが進んで、側壁からの湧き水でプチスノーブリッジが崩壊してしまっていた部分が増えていたので、スキーの脱着が面倒だったが、ツボ足では潜って疲れるため、わずかな距離でも板の方が楽だった。

登山中の画像
  • 宝川温泉奥の駐車場から板を履く(振り返り)
  • 日陰の林道はまだ真っ白
  • 側壁から流れ込む水で溶けだしている
  • 林道が雪庇状
  • 板幽沢橋 雨ケ位岳の尾根に向かうトレースが1本うっすらと残っていた
  • 布引尾根
  • テントサイトから烏帽子(1736mピーク)
  • 大烏帽子山から巻機に続く尾根
  • 大烏帽子山から布引尾根 
  • 大烏帽子山からナルミズ沢 中央左岸の三角岩の下がテントサイト
  • テントサイト上の本流の穴、カリカリ斜面のトラバースは緊張
  • テントに帰ってきた
  • 布引尾根への途中で見下ろすと本流の河原が見えている(テントサイト下流)
  • 右から布引山、ちょこっと烏帽子、大烏帽子山、越後烏帽子(地蔵の頭)
  • デブリで川への斜面になった林道。通過に緊張 3か所ほどある シールのない帰りは下りでもあり、怖かった
  • 1日目 林道終点からのトレース
  • 2日目 大烏帽子登頂と、布引尾根1624mピークへのトレース。以降1日目とほぼ同じルートを引き返した(天気良く風もなかったのに半分は消えていた)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、ピッケル、スコップ、プローブ・ゾンデ、ビーコン、ゴーグル、ヘルメット
【その他】 スキーセット(板、シール、クトー)
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

与一さんの登山記録についてコメントする
  • 100ski さん
    積雪期の宝川の狭小部は、尾根を登って巻くしかないですね。ワンデイで行くのはキツそう。

  • 与一 さん
    100skiさん
    記録を拝見いたしました。ユニークな活動をされていますね。100名山は今年達成しそうですね。ご活躍をお祈りいたします。(コメント入力が反映されず遅くなりました/これも反映されないかも?)

関連する現地最新情報

与一 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?