登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
烏ヶ山B・CSKI 烏ヶ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん

この登山記録の行程

津山8:45→10:40鏡ヶ成Ⓟ11:05→12:37テラス→13:10 1,300mピーク滑走13:22→13:39昼食ポスト14:30→15:00登山口→15:10Ⓟ15:30⇒17:30帰着

↑554m ↓561m 5.9㎞ 4.11分 6,302歩
今シーズン最初の烏ヶ山B・CSKI。雪不足でどんなでしょうか?と、心配しながら出かけてみました。カーラ谷は先日の寒の戻りでリセットされていて、20㎝くらいの降雪があったようです。

2日たった今日は新雪もザラメに変わり、まずまずのコンディションでした。時間が遅かったので、だいぶ溶けて、重い雪に消耗しました。顛末は以下に

雪は充分残っていて、いつものゲート横から、新小屋峠ルートを目指します。ウオーミングアップが済んだ頃ルートに合流、しばらくルートを登るが、再びカーラ谷方向へ分かれ、1つ沢筋を越えて1300mピークへ続く支尾根に取り付きます。

タムシバやオオカメノキの新芽が膨らんで春が近いと思わせます。支尾根を登って行くと、先日来の雪の上に昨日登ったと思われるトレースがある。

シール登行で、急斜面をジグヲ切って登っていて、管理人には出来ない登行技術。管理人もいつものテラスの上までシール登行を試みたが、最後にシールに雪が挟まって、結局ツボ足に切り替えた。

新しいザラメ雪の下に古いザラメの層があり、十分蹴り込まないと安定しません。最後の急登が30分ほどかかりました。

1,300mぴーっくに着いて一休みです。時間は1時過ぎ、登りに2時間要しました。周りの景色を堪能し、80m上のいつものドロップポイントを望むが、細い尾根に雪が少なく怖くて上へ行く気が失せました。

少し風が出てスキーがあおられますが、ここから滑走することにして支度します。カーラ谷に向けて急斜面を横滑りと斜滑降で進みます。新しいザラメがずり落ちてゆきますが、慎重に斜面を横切り谷へ下りました。

例年滑る斜面もブッシュが出ていますが、下に向けて滑れる所もあります。重雪に板を取られながら滑走し、いつもの大ブナまで下りて遅いお昼です。

13:40分やっとお昼です。大ブナの下に陣取り、今年もやって来ましたよろしくお願いしますと、主に挨拶。大ブナ主の根元で、お楽しみのお昼ご飯です。

ゆっくり休憩、登り返しはパスし最後の下りに向かいます。下山するまでが登山と自分に言い聞かせ、注意深く下って行きます。

沢へ降りると夏道の渡渉ポイントです。少し登り返してスギ林を進み、キャンプ場の前へ無事下山しました。
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/03/2019320ski31-43.html

登山中の画像
登山画像
駐車場から烏ヶ山
登山画像
ゲート横から取付きます
登山画像
雪は充分残ってます
登山画像
滑り込むカーラ谷が見えてます
登山画像
根開きも進んできた
登山画像
タムシバ
登山画像
オオカメノキ
登山画像
だいぶ登りました
登山画像
ここから更に急登になります
登山画像
新小屋ルートの三角点峰を振り返る
登山画像
大山の稜線が見えます
登山画像
烏ヶ山を望む
登山画像
大山を望む
登山画像
鏡ヶ成を俯瞰
登山画像
滑った斜面を振り返る
登山画像
昼休憩で象山を俯瞰
登山画像
大ブナの根元でお昼休憩
登山画像
象の様なブナの株
登山画像
沢を渡って帰ります
登山画像
キャンプ場の前へ無事下山
登山画像
滑った斜面を望む
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    状況によりまだ降雪の可能性もあります。アイゼンは12本爪の用意を
    19年04月12日(金)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!