登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
お水を汲みに洒水の滝 鳥手山・鷹落場・矢倉岳 鳥手山、鷹落場、矢倉岳、近野山、立山、押立山、イモジ山、洒水の滝(関東)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん

この登山記録の行程

洒水の滝入口0622……0729林道終点0729……0739近野山0739……0828立山0828……0834鳥手(とで)山0837……0906押立山0918……0923鷹落場0925……0956山伏平0956……1010矢倉岳1023……1037山伏平1037……1106浜居場城跡1107……1120展望所1120……1124セントラル広場1125……1133イモジ山1134……1147テレビ中継所1147……1231観瀑台1232……1236洒水の滝入口1236……1241洒水の滝1242……1252洒水の滝入口


総距離 約16.2km 累積標高差 上り:約1,383m
下り:約1,385m
洒水の滝入口から鳥手山・鷹落場・矢倉岳をぐるっと回り、最後に洒水の滝の水を汲んで来ました。
  
前半の林道終点から鳥手山、山伏平まではほとんど標識がありません。テープも林業の方のものと思われますので、アナログ・デジタル問わず地図とコンパスは必要です。
  
とにかく、とても歩きやすい最高のハイキングコースと、踏み跡が多岐に渡って自分で判断しなくてはいけないところ、そしてそもそも踏み跡が消滅していて柔らかい土を踏み込んで進まなくてはいけない箇所などがランダムに現れました。
ですので歩いてみて、一概に「ハイキングにおすすめ」「バリ入門におすすめ」などと言えるルートではなかったです。
  
コースの大部分は植林帯でした。低山ですので山頂もほぼ木に覆われています。
基本眺望はありません。標識も鳥手山と鷹落場しかありませんでした。
ですが前述の通り、たまに現れるハイキングコースがとにかく最高で、自分としては眺望がなくても十二分に満足できました。
  
後半、山伏平以降はメジャーコースです。
矢倉岳への登りは本日一番の厳しさでしたが、苦労の甲斐がある山頂が待っていました。
富士山の眺望で有名だそうですが、今日は計画時点で昼頃の着でしたから期待はしていませんでした。次回に期待ですね。
その分、真正面の箱根と大涌谷が素晴らしかったです。
大涌谷をこんな角度で見たのは初めてかも知れません。
  
最後は林道をトコトコ歩き、無事洒水の滝でハイドレいっぱいに水を汲んで山行終了となりました。
軽い気分で計画したコースでしたが、終わってみればそれなりの時間と距離でした。
6時間半と言う事で、相変わらずの無補給登山でしたが、楽しかったです。
  
----------------------------
鳥のお山に連れて行くインコのるーちゃんは、そっくりな実際のインコが家にいます。
いえ、ほんの2週間前までいました。9年間、楽しかったね。安らかにね。

登山中の画像
  • 早朝とは言え夜明け後です。 今日はのんびり歩くつもりです。
  • 良い天気です。
  • ところが某大手の登山地図を信じて登山口に向かったら
  • 「私有地なので立ち入りご遠慮下さい」的な看板が。 ごめんなさい。でも看板があるってことは、相当長いこと修正されていないのでしょうね。
  • 右の線がご迷惑をおかけした部分です。
  • レンギョウに見られていました。
  • こちらが正しい道です。
  • しばらくは林道歩きです。
  • 次第に斜度も上がってきます。
  • 途中にあったお社です。
  • 雲が相当低かったので
  • お日さまもスモーク効果。
  • 右の木がまるで海洋生物。
  • 林道終点のプレハブ小屋です。
  • 踏み跡を少し逸れて近野山。
  • 標識はありませんが、小さな祠が奉られていました。
  • 不屈の木が一本。 なんでそこから持ち直せるのだ!
  • 踏み跡はこんな感じです。 シカがたくさんいました。
  • 2時間歩いて初めての標識です。
  • なんですが逆らって左に向かい、立山を目指します。
  • 標識はありませんが、立山山頂です。
  • キングギドラの様な木がいました。
  • そうこうしている間に、鳥手山に着きました。
  • るーちゃん、鳥手山に降り立つ!
  • 鳥手山山頂の様子です。 自分はこういう山頂も結構好きです。
  • 反対側に降りました。
  • いつの間にか悪者にされているリス。
  • いやホント、最高のハイキングコースです。 最初の林道は厳しかったですが。
  • 押立山へは結構登りました。
  • 押立山山頂です。 やっぱり標識はありません。
  • 次は鷹落場を目指します。
  • 着きました。
  • 三角点がありました。
  • 二等三角点「鷹落場」です。
  • るーちゃん、鷹落場に降り立つ!
  • さあ次は、メインのひとつ、矢倉岳です。
  • 久し振りに標識が。
  • 山伏平到着です。 ここからはメジャールートです。
  • プルタブだー! 何気にこの子の廃止は平成元年。 つまりこの子は最低でも30年、ここにいることになります。
  • 矢倉岳への登りです。
  • 階段はなかなかでした。
  • 着いたー!
  • 本日の最高点です。 それと、ここで今日初めて他の方に会いました。
  • お社がありました。
  • 少しパノラマ。
  • 手前に明神ヶ岳、奥に神山です。
  • 左の高い方が金時山です。 右奥に愛鷹山。
  • 神山の白い部分は
  • 大涌谷です。 タマゴ食べたくなりました。
  • 愛鷹山アップ。 右が越前岳、左が位牌岳です。
  • 富士山は平安貴族の様に顔を隠していました。
  • それでは山頂で咲いていたミツマタにご挨拶して、下山開始します。
  • 何か三色のマツボックリがぶら下がっていました。 ミノムシみたいで可愛いのですが、なぜここに?
  • 山伏平まで戻って、洒水の滝を目指します。
  • 浜居場城ハイキングコースを21世紀の森目指して進みます。
  • 一度だけ渡渉がありました。
  • こちらも良いコースでした。
  • やがて道は林道になりました。
  • 浜居場城跡。 ただ、江戸時代には既に畑になっていたとも。
  • 広場が見えてきました。
  • その前に展望所に寄ってみます。
  • 少し歩きますが
  • 小田原方面が良く見えました。
  • 戻ってセントラル広場。
  • 森林館へはこの舗装道路が続くのでしょうね。
  • でもこの期に及んで寄り道。
  • イモジ山山頂です。 やっぱり標識はありません。
  • 左が鳥手山です。右は立山。
  • 鷹落場です。 ぐるっと回ってきました。
  • 公園ですね。
  • 山北の町と東名高速です。
  • テレビ中継所まで来ました。
  • で、ここからまた山道が始まります。
  • 変わった堰堤がありました。
  • かご枠土留と言うのは初めて聞きました。
  • でも確かに小規模の崩落は幾つも見かけました。
  • はげ山は大野山ですね。
  • 観瀑台です。 踏み抜きそうです。
  • 洒水の滝が見えました。 この滝は細いのですが、直瀑で全体が見えるのが良いところです。
  • でもこの写真は相当粘って撮ったのでしょうね。今日は午前三時まで雨が降ってたのに、ここまでの水量はありません。
  • さあ林道も終わりです。
  • 立ち止まらずに洒水の滝を目指します。
  • ゴール! 車から5分の距離なのに、6時間の山歩きを追加してやって来ました。
  • 赤い欄干の橋から先は落石で通行止。
  • さあお水を頂きましょうか。
  • ハイドレを満タンに。
  • 良い山行でした。 また来ます。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ
【その他】 予備ヘッドライト、モバイルバッテリー、風速計、スリング、プルージックコード、カラビナ、アマチュア無線機
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!