登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
四国の大河:吉野川源流・白猪谷 白猪谷(吉野川源流)[いの町](中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2013年8月18日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:県道40号・石鎚公園線をよさこい(予佐越)峠方面へと走り、寺川地区の寺川橋を渡った所の三叉路で道標を見て右折。以後、「吉野川源流」の道標に従う。
    白猪谷を渡る源流橋の少々手前に駐車スペースがある。

  • 天候

    晴れ
    [2013年08月18日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口12:01・・・切り立った崖の河原12:15・・・源流モニュメント13:30・・・源流の滝で休止13:35~14:19・・・登山口15:33

瓶ケ森に源を発する吉野川は四国を代表する大河の一つで、流路延長194km、内、高知県内域は85.5km。この源流域は高知県いの町の旧本川村寺川の白猪谷。かつては鉱山もあった。
平成に入り、林道が白猪谷の標高880m地点まで延び、'90年代に入って源流点調査がなされたことにより、標高1200m地点に金属製の源流モニュメントが建立され、探勝路が整備された。探勝路は'00年にれいほくネイチャーハント・ガイドブックが発行されたことをきっかけに再整備され、道標の数も増えた。

ただ、1200m地点を源流点としたのには疑義が残る。と、言うのは、その地から水が湧き出ているのではなく、一旦伏流となった後、再び上流で渓流が現れるからである。その再び流れが姿を現した先にあるのが通称「源流の滝」。垂直の岩盤を滑るように流れ落ちており、そこから上流は沢登り装備がないと遡行は難しい。
登山口の標高が高いだけに夏場でも涼しく、垂直に屹立する巨岩や透明度が優れた渓流、ヒガンバナ科のオオキツネノカミソリの群落等、景観的にも良い。

コースの記録は取ってないので詳しくは覚えていないが、登山口から数分の探勝路脇斜面に橙色のオオキツネノカミソリの群落がある。ヒガンバナよりも開花期が長く、高地に生えていることが多い。
渓流の最初の見所と言えば、登山口から十数分ほど行った所の左岸に垂直に屹立する岩盤付近だろう。ここでは澄んだ渓流の川底まで見通すことができる。川魚が生息していてもおかしくないほど。

コースは左岸、右岸へと渡り直して行くが、淵のようになった上の急峻な山肌を、補強された簡易木橋で渡る箇所もある。
道沿いには幹の複合体のような桂の大木もある。以前投稿した玉取山の大桂のような形状。

源流モニュメントはステンレス製で、四国の形に中をくりぬいている。それに向かって右奥の地点が源流点とされている。
そこから上流に踏み跡を数分辿れば、谷に再び水の流れがあり、前方に巨大な岩盤が現れ、滝が滑るように落ちている。長雨後はそこそこの水量があるものと思われるが、夏場が少ない。
この探勝路はネイチャーハント・ブック以外の登山ガイドブックにも紹介されているが(新・分県ガイドは未確認)、探勝者は多くない。

登山中の画像
登山画像
探勝路入口
登山画像
オオキツネノカミソリの群落
登山画像
源流点と源流モニュメント
登山画像
源流の滝
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ