登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
満開まであと少し、二本木峠のヤマツツジを訪ねて 皇鈴山、愛宕山、二本木峠、彩の国ふれあい牧場(関東)
img

記録したユーザー

すー さん

この登山記録の行程

橋場バス停横駐車場 → 打出 → 二本木峠 → 愛宕山 → 皇鈴山 →
大内沢への分岐 → 二本木峠 → 彩の国ふれあい牧場 → 駐車場


総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約722m
下り:約722m
令和になって最初の登山、まだゴールデンウィーク中ですので近場を選択しました。先週に引き続きもう一つの気になっていたヤマツツジのスポット、東秩父村の二本木峠です。

二本木峠はこれまでも天空のポピーや大霧山などを訪れた際に通過していましたが、ここのヤマツツジがすごい!と知り行ってみたくなりました。スタートは以前も停めたことがある橋場バス停横の駐車場です。

こちらの駐車場は台数が少ないので空いているか心配でした。案の定、着いたら車がたくさん停まっていましたが運よく1台分だけ空いていたのでラッキーでした。小川町から着いたバスも多くの人で賑わっておりここで下りた人も何人かいました。ここから車道で打出まで行き二本木峠までひたすら登ります。

二本木峠の車道に着くと真っ赤なヤマツツジがお出迎えしてくれて感動の景色でした!写真を撮りながらまだ行ったことのない皇鈴山とその先の大内沢へ下りる分岐まで赤線つなぎを先に済ませました。
皇鈴山は初めてでしたが両神山に姿がよく望め、東面は広場のように開けており、日光方面の眺望も素晴らしい場所でした。

大内沢の花桃を見に行ったときに下りた分岐の場所まで赤線を繋いで車道で二本木峠に戻り、東屋でヤマツツジを見ながらのランチは格別でした。ランチの後は二本木峠のヤマツツジをじっくり鑑賞、写真撮影し満足したところでふれあい牧場へ向かいます。牧場はGWということもあり賑わっていました。ここのソフトクリームは美味しいです。

ヤギと少し触れあってからのんびり下山していきます。駐車場に着くと朝はぎっしり詰まっていた駐車場もすっかり空車になっていました。

今日は暑かったですが時折吹く風が心地よく、きらきらした新緑と真っ赤なヤマツツジ、牧場の穏やかな風景が楽しめ満足の令和初の山行となりました。私の写真撮影に付き合ってくれた相方にも感謝です。そろそろ暑くなるのでプチ遠出も考えつつ、次はどこに行こうかなあ。

登山中の画像
  • 小川町駅から出ているイーグルバスの橋場バス停です。ここには8台くらい停められるスペースがあり、トイレも完備されています。ここでバスを下りた方も多かったです。
  • 二本木峠を目指して出発!
  • 幟も出ていました!
  • 素敵な古民家と大きな木。絵になります。
  • 打出にもトイレがあります。
  • トイレに貼ってあったチラシ。5月5日に二本木峠でイベントがあるみたいです。
  • トイレを済ませ車道を行きます。
  • ここから登山道に。
  • 樹林帯も通ります。
  • ヤマツツジがちらほらと。
  • ヒトリシズカ。
  • チゴユリかな。
  • ミミガタテンナンショウかな。
  • 一時間ほど登ると二本木峠に出ました。
  • ヤマツツジが鮮やかです!
  • ヤマツツジでいっぱいの二本木峠。
  • ここから愛宕山まですごいですよ。
  • 臨時のお店まで出ていました。残念なことにここは車で来れてしまうんですよね・・・。
  • この辺りのヤマツツジの鑑賞は後にして先に愛宕山、皇鈴山を目指します。
  • でも周りがこんななのでなかなか進まない・・・。
  • 相方、ゴメンナサイ。
  • 夢中で撮影。
  • 青空のキャンバス、最高です♪
  • 愛宕山山頂に到着。標識が斜めになっています。
  • 山頂には虫取り網を持ったファミリーがいました。
  • 新緑が眩しいです。
  • 下まで降りると東屋がありました。後ほどここでランチします。
  • 八重桜もまだ残っていました。
  • 名前はわからないけど黄色のきれいな花が咲いていました。
  • 皇鈴山が前方に見えてきました。
  • 皇鈴山山頂に到着です。
  • 西側が開けていて
  • 両神山がよく見えました。
  • 東側はもっと開けていて
  • 日光方面の景色が広がっています。この日は霞んでいてはっきりとは見えませんでした。
  • では皇鈴山の先の赤線を繋いでしまいましょう。
  • 途中からの景色。
  • 大内沢の花桃の郷でしょうか。
  • 細い尾根を通過。
  • 以前登った登谷山。
  • バイクが停まっているところの先は以前通ったのでここで戻ります。
  • 皇鈴山の絶景をもう一度見たかったですが暑いし疲れてきたので車道で二本木峠に戻りました。
  • 東屋でランチ後、午後の部スタート。
  • 二本木峠のヤマツツジの鑑賞に入ります。
  • すべての写真にコメントはつけませんがよろしければ咲き具合をどうぞ。
  • まだつぼみも多く、満開はあと数日後でしょうか。
  • それにしても二本木峠がこんなすごいことになっていたなんて知らなかったなあ。
  • カタクリも咲いていたのでしょうか。
  • 二本木峠には今はもうやっていませんがキャンプ場がありロッジがいくつが建っていました。
  • 満開だともっと真っ赤だと思います。
  • 木に毛のように植物がもじゃもじゃ生えていました。
  • 名残惜しいですが相方に迷惑をかけてしまうのでこの辺で先に進みます。
  • 赤く染まった二本木峠でした。
  • 大霧山が見えます。
  • 左から笠山、堂平山、剣ヶ峰。
  • 牧場に着くと羊たちがお昼寝タイム。
  • 人だかりができていたので行ってみると
  • 羊の毛のカット体験をやっていました。
  • せっかくなので少し動物たちと触れ合って行きましょうね。
  • 家族連れが多いですね。
  • アヤちゃん。
  • 気持ちよさそうに寝ていますね。(笑)
  • 生まれたばかりの子ヤギはお母さんのそばにべったり。
  • ZZZZ・・・
  • アップちゃん~!
  • は~い♪
  • ここの車道は牛が横断するようです。
  • 牧歌的な風景に癒されます。
  • 明日ですね。見たかったなあ。
  • ここのソフトクリーム、濃厚で絶品ですよ~!
  • 牛さん、美味しいソフトクリーム、ありがとね。
  • どどどどどどど~!
  • 山から牛たちが誘導されて下りてきました。
  • 栗和田の分岐。ムラサキハナナが涼し気でした。
  • 地図にはないですが綺麗なトイレもありました。
  • 車道から再び山道へ。
  • 車道に出て
  • 橋場のバス停に到着です。朝満車だったのにもう残り2台となっていました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防寒着、帽子、サングラス、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すーさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    すーさん、これはすごいですね!

    前回のレコのヤマツツジも素晴らしかったですが、これもまたすごいですね
    東秩父かあ、行っていけないことはないようですが、電車とバスで3時間かあ・・・

  • すー さん
    すてぱんさん、おはようございます!

    はい!この場所は普段はたたの通過点というか、あまり見どころはないのですがヤマツツジの
    時期は一面真っ赤で私も驚きました~!この近くにはもうすぐ見頃の「天空のポピー」も
    あり、まだまだ楽しめそうです。でも片道3時間は・・・勇気がいりますね。(笑)

  • ガバオ さん
    すーさん、こんにちは!

    二週連続のヤマツツジ探訪レコ、楽しく拝見しました。
    二本木峠のつつじの噂は耳にしていましたが、これほどとは思いませんでした!
    ミツバツツジに比べると色合いが地味なヤマツツジですが、これはこれでじんわりとした味わいがありますね~。
    ツツジは終わってしまうかと思いますが、晴れた日に天空のポピーを再訪したくなりました。

  • すー さん
    ガバオさん、こんばんは~!

    こちらのレコにもコメント、ありがとうございます♪

    そうなんですよ~!私も写真で二本木峠のヤマツツジを知ったのですがとても広範囲に自生していてとても驚きました。毎年こんな風になっていたのを見逃していたなんて・・・。
    もったいない気がしました。(笑)

    まだポピーは咲いていないので今回はそちらには行きませんでしたが、今年の咲き具合が気になりますね。今年は当たり年だといいですね!

  • ミーグル さん
    すーさこんばんは。
    コメント入力したつもりでしたがアップされていませんでした。
    つつじとヒツジの組み合わせですか。面白い。楽しそうなハイクでしたね。西東京猛虎会さんも軽快な足取りのようです。ところで以前すーさんは、唐松・五龍縦走してますが、天候にも寄り切りですが6月に同じコースをテントしょって親子で行く計画を立てています。ネックは牛首の鎖場、アタックザックで行こうとしてますが、五龍テント場から意外と遠い五竜岳、五竜岳山荘から遠見尾根は意外に遠い...など不安材料がありますがどんなでしょうか。また、ここは良かったところなど教えてください。

  • すー さん
    ミーグルさん、こんばんは~!コメント、ありがとうございます♪

    まだ5月はそれほど暑くないので近場の山をウロウロして下ります。(笑)
    いや~、数々の百名山を制覇しているミーグルさん親子にアドバイスなどおこがましいですが。
    6月に唐松、五竜にテント泊で行かれるのですね!そうですね、やはり今思い出しても牛首
    が一番怖かったのですが私は高所恐怖症気味なので・・・。ミーグルさん親子は剣岳も
    登られているしそこは大丈夫なのではないでしょうか。雨で濡れていなければゆっくり行けば
    大丈夫です。
    五竜岳山頂までも岩場を超えていく場所がありましたが、牛首よりは怖くないです。
    あと遠見尾根は長いんですよね~。アップダウンも多く、日影がないので夏は暑くて水分補給
    と日焼け対策が必要かもしれません。

    いずれにしてもこんな私が行けたくらいですからミーグルさん、息子さんなら大丈夫です!
    羨ましいなあ・・・。天気が良ければいいですね。ぜひ楽しんできてください。

  • ミーグル さん
    すーさんアドバイスありがとうございました。参考になりました。やはり遠見尾根は辛いんでしょうね。1日で五竜山荘まで行こうとしています。6月じゃ軽アイゼン持って行った方がいいか悩んでます。次回からは日焼け止めは1年中持っていきます。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!