登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
令和初登山 笹ヶ峰・ちち山 笹ヶ峰 ちち山(中国・四国)
img

記録したユーザー

スイトン さん
  • 日程

    2019年5月3日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:林道の一の谷橋近くに駐車
    林道は旧寒風山トンネル付近より入るが、ほぼ全線ダートコース。四輪駆動車が無難。

  • 天候

    晴れのち雷雨
    [2019年05月03日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駐車地点(8:15)…一の谷橋(8:20)…一の谷分岐(10:45)…ちち山分かれ(10:00)…ちち山(10:45/10:50)…笹ヶ峰(11:25/12:00)…ちち山分かれ(13:05)…一の谷分岐(13:15)…駐車地点(14:25)


総距離 約13.3km 累積標高差 上り:約1,745m
下り:約1,741m
令和初登山は、石鎚山系の笹ヶ峰へ。これで4回目の笹ヶ峰になる。
西条側の笹ヶ峰林道から入り、丸山荘を経由するルートの予定であったが、昨年の豪雨の影響で笹ヶ峰林道が通行止め。このため急遽反対側の一の谷橋からのルートに変更(あらかじめ地図を用意しておいて正解だった)。

一の谷橋へは、旧寒風山トンネル南口近くから林道を走るが、ダートコースであり、車のお腹を摺る様な場所もあり、四輪駆動車が望ましい。

一の谷橋近くに車を止め、出発(先客はゼロのようだ)。
橋の下流側に登山道がある。橋をくぐり、砂防堰堤を横に見て、沢を渡り、沢沿いに進むと、斜面に取り付くようになる。このあとも、何回か沢を渡るので、増水時や大雨の後などは要注意だ。
ブナ、ミズナラ、モミなどの林の中を、つづら折りで登っていく。勾配のきつい箇所はあまりなく、歩きやすく、疲れにくいルートだ(笹ヶ峰南尾根とは大違い)。

1時間半ほどで、稜線の一の谷分岐に到着。
一気に視界が広がり、前方には瓶が森、伊予富士、寒風山、笹ヶ峰、ちち山が、背後には冠山、平家平など石鎚山系の主要な山々や赤石山系の展望が広がる。この景色は、このあと笹ヶ峰に着くまでずっと続く。

笹原を進むと、ちち山の分れに。ここでは別子山側から登ってこられた単独の若い女性と会う。冠山へ向かうそうである(この方がこの日初めて出会った登山者)。
ちち山へは、稜線の南側をしばらく進んだ後、分岐から急登をよじ登る。
ちち山山頂には祠が祀ってある。
ここまでくると、笹ヶ峰は目の前。

30分ほどで笹ヶ峰に到着。
GWということで、家族連れなど10人ほどの登山者がくつろいでいる。
全国各地から来られているようだ。
ここは何時来ても、展望が良く、見事な笹原で気持ちが良い山頂だ。
お湯を沸かし、チキンヌードルを食べていると、徐々に霧と雲が沸いてきた。
天候は下り坂のようだ。長居はせずに下山開始。

帰路は、ちち山山頂には寄らず、南側の巻き道を通るが、これがなかなか歩きにくい道。
それでも山頂を経由するよりは少しは楽かな?
ちち山分れ、一の谷分岐付近では数グループとすれ違った。

一の谷分岐より下り始め、樹林帯に入った頃から、雷鳴が!
やがてポツポツつ降ってきて、本降りに。植林地に逃げ込み、雨合羽を着用。
登山口までは、あと僅かなので自分は安心だが、まだ稜線には多くの人が居るであろうし気の毒である(小さな子連れともすれ違ったし)。
なんとか無事に車まで戻ってきた(その頃から、かなり土砂降りに)。

距離も標高差もあるルートであるが、歩きやすく疲れにくい感じであった。
令和もどんどん山に登ろう。

登山中の画像
登山画像
駐車地点から稜線(一の谷分岐付近)を望む
登山画像
駐車地点。一の谷橋付近にも駐車可能だが、100m…
登山画像
一の谷橋ここを下流側に降りる。
登山画像
橋をくぐって、上流に進む。
登山画像
川を渡る。上流100mほどに木橋もある。
登山画像
沢に沿って登る。増水時はかなり危険かも。
登山画像
歩きやすく、勾配もきつくない道が続く。
登山画像
笹原が広がると、まもなく一の谷分岐。
登山画像
一の谷分岐
登山画像
前方に、笹ヶ峰、寒風山、伊予富士。
登山画像
ちち山まで気持ちのより笹原が続く
登山画像
赤石山系
登山画像
ちち山への急登
登山画像
ピークが見えてきた
登山画像
笹ヶ峰を望む
登山画像
ちち山山頂
登山画像
振り返ると、冠山・平家平。
登山画像
笹ヶ峰、寒風山、伊予富士。
登山画像
ちち山を振り返る。
登山画像
まもなく笹ヶ峰
登山画像
ちち山を振り返る
登山画像
笹ヶ峰山頂
登山画像
笹ヶ峰山頂
登山画像
チキンラーメンで昼食
登山画像
寒風山、伊予富士、東黒森、西黒森、瓶が森。石…
登山画像
ちち山、冠山、平家平、三ツ森山
登山画像
ガスが沸いてきた
登山画像
ちち山の巻き道は、かなり歩きにくい。
登山画像
ちち山分れへの下り道
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スイトンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スイトン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?