登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
丹沢主脈縦走 東野〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜大倉 蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

kisuke007 さん
  • 日程

    2019年5月5日(日)

  • 利用した登山口

    東野   大倉  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:橋本駅北口から神奈川中央交通バス・橋01系統で三ヶ木まで、三ヶ木で三55三56系統で東野まで
    ※4/18から片側交互通行で暫定開通

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月05日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

東野(07:33)・・・ゲート(07:53)・・・八丁坂ノ頭分岐(08:04)・・・八丁坂ノ頭(09:32)・・・姫次(09:50)[休憩 5分]・・・地蔵平(10:16)・・・蛭ヶ岳(11:10)[休憩 17分]・・・棚沢ノ頭(12:01)[休憩 3分]・・・丹沢山(12:46)[休憩 5分]・・・塔ノ岳(13:40)[休憩 11分]・・・金冷シ(13:59)・・・花立山荘(14:07)[休憩 5分]・・・茅場平(14:22)・・・小草平(14:31)・・・駒止茶屋(14:43)・・・雑事場ノ平(15:01)・・・観音茶屋(15:09)[休憩 3分]・・・大倉(15:28)

総距離 約21.4km 累積標高差 上り:約2,257m
下り:約2,363m
コースタイム 標準:10時間50分
自己:7時間6分
コースタイム倍率 0.66
3ヵ月ぶりの丹沢主脈縦走です。季節は冬から春、気温的には初夏に替わってました。

土砂崩れの影響で平丸止まりだったバスは暫定再開となっており、今回は東野からにしてみました。距離、コースタイム共に平丸からと余り差がありません。バス停付近にトイレや自販機、お店がある点で東野の方が安心感がありますが、黍殻山の散策をしたいのであれば、平丸からの方が良いでしょう。

登りはじめて2時間で八丁坂之頭、焼山からの稜線に着きました。あまり距離もないのでそのまま姫次まで進みました。富士山を眺めて小休止したのち、蛭ヶ岳直下まで、3回くらい上下します。階段が多く出没するようになったら、いよいよ最後の登りです。蛭ヶ岳まで0.4kmの一つ目の案内板を過ぎたらあと少しです(0.4kmは3枚あります)。太ももに鞭打って、ひたすら階段を登ると山頂です。1つだけ、1620〜1630mの階段は要注意です(写真は取り損ねました)。3ヵ月まえの時にも、西側が崩れていて、傾き掛けていたのですが、今回さらに傾きが増していました。植生保護の観点からは良くないかもしれませんが、階段を外れて歩いている形跡も見られました(気持ちは分かります)。

今回は、荷物を減らす&いつもFBを参考にさせてもらっていて申し訳ないことから、昼食は蛭カレーに決めていましたので、登頂して速攻カレーを注文しました。少し辛めで大変美味しくいただきましたが、予想していたよりもボリュームがあり、以後1時間くらい胃に血液を持って行かれました。。。歩きながら消化を進めようと、少しゆっくりめのペースで、不動ノ峰の休憩所まで進みました。休憩所で小休止したのち、恐らく今回の山行で一番きつかった、登り返しの階段をひたすら登りました。

出発から5時間ちょっとで丹沢山に着きました。気持ち的にはここで半分といったところでしょうか。小休止といきたかったのですが、座るところが見つけられそうにないので、龍ヶ馬場まで進むことにしました。予想通り、龍ヶ馬場には2人しかおらず、少しの時間ですが足を休めることができました(丹沢山より眺めが良いのでお勧めです)。更に日高を超えて再度登り返すと、いつもの塔ノ岳に着きました。こちらも相変わらずの人混みです。

気温が高めだったので、汗だくになっても良いように、上はユ●クロTシャツ、下はka●paズボンの、低コスト&薄着スタイルにしてみたのですが、効果はむなしくオーバーヒート気味。花立茶屋でかき氷、観音茶屋で牛乳プリンで体を冷やしつつ、更に大倉バス停でコーラを一気のみして帰路についたのでした。

登山中の画像
  • 諏訪神社です。
  • 姫次から臨む富士山です。
  • 地蔵平を少し過ぎたあたりから、檜洞丸と熊笹ノ峰に挟まれた富士山です。
  • 1450m付近に咲いていた山桜です。
  • 1500m付近から大室山方面。新緑が下から登ってくるのが分かります。
  • 蛭ヶ岳名物「蛭カレー」です。ボリューム満点。
  • 蛭ヶ岳山頂から東京方面です。宮ヶ瀬湖が見えます。
  • 蛭ヶ岳から続く稜線です。
  • 中ノ沢乗越から鬼ヶ岩を臨みます。
  • 鬼ヶ岩に挟まれた富士山です。
  • 不動ノ峰から丹沢山方面です。ここの登り返しが一番きついかも。
  • 丹沢山からの富士山です。人が多かったのでそそくさと・・・。
  • 塔ノ岳からの富士山です。こちらも人が多かったのでそそくさと・・・。
  • 若干オーバーヒート気味だったので、かき氷で一休み。今回は抹茶にしてみました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kisuke007さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kisuke007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?