蛭ヶ岳ひるがだけ

蛭ヶ岳

 丹沢山塊の最高峰。津久井町と山北町の境にある。昔は山頂に薬師如来が祭ってあったので、薬師岳の別名もある。
 丹沢山から続く稜線には1600mを超えるピークが2つあり、蛭ヶ岳へなだらかに高度を上げているが、北からは300m、西からも250m高度を一気に上げて、どっしりした姿を見せている。これは丹沢山塊の中核の花崗岩類を包むように、浸食に強い火山岩類が丹沢山から蛭ヶ岳、大室山にかけて分布しているためである。
 山名の由来はいくつかあるが、ヤマヒルが多いので蛭ヶ岳という説や、猟師の使う山頭巾を「ヒル」と呼び、こんもりした山の姿とよく似ていたので、この名がついたともいう。また、この山に毘盧遮那仏(びるしやなぶつ)を祭ったので「ヒル」の名がついたという説もある。
 山頂からの展望は最高峰だけに、桧洞丸を隔ててその奥に富士山が望まれ、南の不動ノ峰から塔ヶ岳方面にかけて山並みが幾重にも続き、山深さを感じさせる。春先には山頂近くの岩場にサクラソウの仲間のコイワザクラが咲く。山頂には平成9年に改築された蛭ヶ岳山荘がある。
 小田急線渋沢駅からバス大倉下車、塔ヶ岳経由で5~6時間で山頂。

DATA

山域: 丹沢山塊
都道府県: 神奈川県
標高: 1,673m
2万5千図: 大山

※ 蛭ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

蛭ヶ岳に行くモデルコース

  • 丹沢山塊最高峰を目指す静寂な北丹沢の山旅
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 8時間30分 1泊2日
    東野バス停・・・二俣分岐・・・八丁坂ノ頭登山口・・・ベンチ・・・八丁坂ノ頭・・・姫次・・・袖平山・・...
  • 檜洞丸から蛭ヶ岳へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 12時間5分 1泊2日
    【1日目】西丹沢自然教室・・・ツツジ新道入口・・・ゴーラ沢出合・・・展望園地・・・石棚山稜分岐・・・...
  • 丹沢主脈縦走 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 12時間30分 1泊2日
    【1日目】大倉・・・観音茶屋・・・雑事場ノ平・・・駒止茶屋・・・小草平・・・茅場平・・・花立山荘・・...

蛭ヶ岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 三叉路 
  • 玄倉 
  • 箒沢公園橋 
  • 西丹沢ビジターセンター 
  • 東野 

  • 【三叉路】
    宮ヶ瀬湖から丹沢山に向かう登山道の入り口。バス停から車道を少し南下すると右手に登山口がある。登山口周辺には登山届ポストあり。

  • 【玄倉】
    中川川沿いの登山口のひとつ。玄倉バス停からは雨山橋を経て檜洞丸や塔ノ岳、鍋割山などへむかう登山道が延びる。バス停近くの丹沢湖ビジターセンターにトイレと登山届ポストがある。

  • 【箒沢公園橋】
    中川川沿いの登山口。箒沢公園橋からは石棚山稜を経て檜洞丸へ至る登山道が延びている。

  • 【西丹沢ビジターセンター】
    西丹沢の中川川沿いの各登山口のなかでも、バス終点の西丹沢自然教室には、檜洞丸や加入道山、畦ヶ丸への登山口が集中し、シーズンには大勢の登山者が訪れる。
    2009年に新装オープンした西丹沢自然教室には、最新の登山情報が掲示され、登山道や花の開花時期情報などを尋ねることができる。登山届ポスト、トイレあり。

  • 【東野】
    道志側から蛭ヶ岳方面に登る場合に利用する登山口。バスでのアクセスは便数が少なく利用しづらい。マイカーかタクシーでアクセスするのが現実的。

周辺にある山小屋

  • 蛭ヶ岳山荘 
  • みやま山荘 
  • 青ヶ岳山荘 
  • 黍殻避難小屋 
  • 尊仏山荘・尊仏小屋 
  • ユーシンロッジ 
  • 鍋割山荘 
  • 神ノ川ヒュッテ 
  • 木ノ又小屋 
  • 花立山荘 
  • 新大日茶屋 
  • 犬越路避難小屋 
  • 堀山の家 
  • 戸沢山荘 
  • 作冶小屋 
  • 烏尾山荘 

  • 【蛭ヶ岳山荘】
    営業小屋
    場所: 蛭ヶ岳山頂
    電話: 042-687-4011
    FAX: 042-687-3980
    営業期間: 通年(1~2月は積雪により休業あり)

  • 【みやま山荘】
    営業小屋
    場所: 丹沢山山頂
    電話: 0463-81-8662
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【青ヶ岳山荘】
    営業小屋
    場所: 桧洞丸山頂東方70m
    電話: 042-787-2151
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【黍殻避難小屋】
    無人小屋
    場所: 黍殻山南西700m
    電話: 046-248-2546
    FAX: 046-248-0737
    営業期間: 通年(無人)

  • 【尊仏山荘・尊仏小屋】
    営業小屋
    場所: 塔ノ岳山頂
    電話: 090-2569-6013(7~19時)
    FAX: 0463-88-2673
    営業期間: 通年

  • 【ユーシンロッジ】
    営業小屋
    場所: 新松田駅からバス50分、玄倉下車、徒歩2時間50分、玄倉川・ユーシン沢出合
    電話: 045-210-5765
    営業期間:

  • 【鍋割山荘】
    営業小屋
    場所: 鍋割山山頂
    電話: 0463-87-3298
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【神ノ川ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 藤野駅からバス45分、東野下車、徒歩2時間
    電話: 042-687-4011
    FAX: 042-687-3980
    営業期間: 通年(要連絡 1~2月は10人以上のグループのみ)

  • 【木ノ又小屋】
    営業小屋
    場所: 塔ノ岳からヤビツ峠方面へ約15分、新大日との中間点
    電話: 090-3597-2016
    営業期間: 通年 土・日・祝日営業(休業の場合あり)

  • 【花立山荘】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根花立南直下
    電話: 0463-82-6192
    営業期間: 通年 土・日・祝日営業

  • 【新大日茶屋】
    営業小屋
    場所: 新大日山頂
    電話: 0463-88-3171
    営業期間: 通年の休日、休前日(要連絡)

  • 【犬越路避難小屋】
    無人小屋
    場所: 犬越路
    電話: 046-248-2546
    FAX: 046-248-0737
    営業期間: 通年(無人)

  • 【堀山の家】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根小草平
    電話: 090-7710-0770(頼兼一徳)
    営業期間: 通年 土・日曜、年末年始営業(要確認)

  • 【戸沢山荘】
    営業小屋
    場所: 水無川戸沢出合
    電話: 0463-81-1951
    営業期間: 予約がある日のみ営業

  • 【作冶小屋】
    営業小屋
    場所: 水無川戸沢出合
    電話: 090-9392-6074
    FAX: 046-387-0057
    営業期間: 不定期

  • 【烏尾山荘】
    営業小屋
    場所: 烏尾山山頂
    電話: 090-7909-3165
    営業期間: 4/1~1/1の土・日・祝日

蛭ヶ岳に関連する登山記録

もっと見る

蛭ヶ岳の近くの山

蛭ヶ岳に関連する登山ツアー

蛭ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。