登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
東日本遠征-2 筑波山(関東)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2019年5月3日(金)

  • パーティ

    6人 (ヤマちゃん さん 、hrm-ymr さん 、hrs-ymt さん 、hrm-ymt さん 、nby-tkh さん 、nrk-tkh さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東京単身宅0700⇒首都高⇒常磐道⇒駐車場1000

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月03日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

筑波山神社(10:37)・・・酒迎場・・・弁慶茶屋跡(12:05)・・・女体山(14:48)[休憩 25分]・・・御幸ヶ原(15:25)[休憩 10分]・・・男体山(15:48)[休憩 5分]・・・御幸ヶ原(16:00)・・・男女川源流の湧水・・・中茶屋跡(16:38)・・・筑波山神社(17:04)

総距離 約5.8km 累積標高差 上り:約812m
下り:約812m
コースタイム 標準:3時間35分
自己:5時間47分
コースタイム倍率 1.61
2日目は5時半に起床し、7時に単身宅を出発して筑波山へ向かった。
前日の酒が少々残っており、うとうとしてる間に10時に現地に着いた。
常磐道で渋滞に巻き込まれ約1時間のロスである・・・。
筑波山は西の富士 東の筑波といわれる名峰であり、877mの女体山と871mの男体山からなる一番標高の低い百名山である。
ケーブルカーとロープウェイでも手軽に登れる人気の山である(これがのちの悲劇となるのだが・・・)。

駐車場がなかなか見当たらず、ようやく街外れに空きを見つけ、準備をして10時過ぎにスタートした。
今回は白雲橋コースで女体山を踏み、男体山を経由して御幸ヶ原コースで下山する約3時間40分の周回ルートである。
元々の計画では9時にスタートして昼過ぎに下山の予定で、昼食は頂上にある茶店でとるつもりであったが、渋滞で1時間ロスをしたので一応コンビニおにぎりを買って登った。
しばらく集落を歩き筑波山神社右手奥から登っていく。
しばらく進むと白蛇弁天という祠が現れる。
白蛇を見かけると金運アップするらしい。
1時間と少し登ってくると登山者が渋滞して突然進まなくなった。
登山道の幅が狭く、引き違いに時間がかかっているのだと思ったが、ここから永遠となんと頂上まで渋滞であった・・・。
進むより止まっている時間が長く、まるでUSJやディズニーランドでアトラクションを待っている状態である。
登山道も途中 沢化しており泥濘状態で、下ってくる何人かは足を滑らせて転倒していた。
特に軽装の観光客(登山者ではない)はスニーカーやパンツが泥まみれになってしまっており気の毒である・・・。
ようやく弁慶七戻り等の奇岩エリアには12時過ぎにたどり着いた。
まだここから頂上までは数百メートルある・・・。
下山後、温泉に浸かって団地まで戻る必要があるので、頂上での時間短縮ために渋滞中に立ったままおにぎりを食べた。

何の原因での渋滞かもわからぬまま、ようやく頂上に着いたのは15時前であった・・・。
頂上でようやく渋滞の原因が、山頂標識を順番に撮影しているからだとわかった。
富士山や乗鞍と同じ理由だが、違うところは交通整理をしてくれる係員がいないことだ。
頂上標識に興味のない人や、撮影を諦めて早く下山したい人のためにも、十分渋滞を追い越せる登山道の幅があるのだから、事情を説明する交通整理の係員を配置すべきだと思う。
我々はもちろん記念撮影をし、三角点ポーズもしっかり決めて、女性陣は御朱印までゲットした。
御幸ヶ原(女体山と男体山の鞍部)のケーブルカー乗り場では長蛇の列が出来ていた。

我々は男体山を踏み、女性陣はここでも御朱印をもらって下山を開始した。
下りはようやく登山らしくなると期待したものの、登山者ではなくケーブルカー待ちを嫌う観光客も多数おり、我々は関西まで帰らなければならないので、申し訳ないが追い抜きつつ17時過ぎに筑波山神社に下山した。
無事下山のお参りをして駐車場に戻った。

後片付けをして18時前に出発した。
遅くなっても先ずは温泉に入るとのことで、つくば温泉喜楽里で疲れを癒して少しほっこりした。
お昼がおにぎり2個だったのでみんな腹ペコ状態で、晩ご飯はガッツリ食べたいとのことで、ばんどう太郎でカツどんセットを頂いた。
チェーン店なので味がどうとかではなく、とりあえず満腹にさせて頂いた!!
帰路は常磐道⇒首都高⇒新東名⇒伊勢湾岸⇒新名神と乗り継ぎ、首都高で少し渋滞したが、それ以外は渋滞もなく4時過ぎに団地に無事帰った。
当日には家族旅行が控えているので、早々に後片付けをしてビールを飲んで寝なければ・・・。

今回は3時間40分の行程がほぼ倍の7時間もかかった・・・。
言い換えるとボ~っと立っている時間が半分あったということで、これが登山と呼べるかどうかは別にして無事に百名山19座目に登頂できた。
残る81座は関西圏から遠く、難度の高い山が増えてくるので、更にレベルを上げていかないとダメだし、暇とお金もかかってくるので上手く計画していく必要がある。
先ずは近場の山でレベルアップを図ることにしよう!!

登山中の画像
登山画像
駐車場から筑波山を望む
登山画像
筑波山神社への道
登山画像
大渋滞・・・
登山画像
沢化した登山道
登山画像
弁慶七戻り
登山画像
女体山山頂
登山画像
一等三角点
登山画像
御幸ヶ原からの男体山とケーブルカーの長蛇の列
登山画像
男体山山頂
登山画像
筑波山神社で無事下山のお礼
登山画像
つくば温泉喜楽里
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...