登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
剱岳源次郎尾根~長次郎谷 剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ならづもの さん
  • 日程

    2019年5月2日(木)~2019年5月4日(土)

  • パーティ

    6人 (ならづもの さん 、ほか5名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:立山ケーブル始発前から長蛇の列、早々に室堂往復日帰り券は発券停止
    8時発の室堂直通バスに乗車

  • 天候

    初日雨のち曇りのち晴れ、強風2日目快晴午後から曇り、未明まで強風3日目快晴
    [2019年05月02日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

2日 室堂(9:30)...別山乗越(12:30)...剱沢テン場(13:00)
3日 テン場(5:30)...源次郎尾根取り付き(6:30)...支稜線ノ頭(8:00)...1峰ノ頭(9:50)...1峰と2峰のコル(11:00)...2峰ノ頭(12:20)...懸垂終了点(13:00)...長次郎谷右俣と左俣合流点(
13:40)...長次郎谷出合(14:30)...テン場(17:00)
4日 テン場(7:30)...別山乗越(8:05)...室堂(10:30)


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約1,718m
下り:約1,628m
2日 室堂から剱沢まで強風が吹き荒れ別山乗越にある剱御前小屋まできびしい登りだった。
テン場はブロックを積み風をしのいだ。未明まで強風が吹き荒れ降雪はなくても地吹雪でテントが埋もれた。
3日 4時出発予定だが見合わせていると風が落ちたので5時半に出発。取り付きについて準備していると鹿島槍から継続して早月尾根に抜ける二人が全装備を持ち出発。さらに関東地方の夫婦が続く。

5人が連なってルンゼを登る、1人はテントで留守。先行の4人がトレースをつけていくので我々はルートファインディングが必要なくて助かった。ルンゼ上部から落ちたら止まらない急斜面が続く。支稜線から主稜線に岩場を越えてルートを取るとさらに急峻な雪壁が1峰ノ頭まで続く。

記録などには岩やハイマツなどで支点が得られるとしていたが雪の量が多くルートはずっと雪面だった。ロープは出さず各々の全力を出し切り登攀する、絶対にミスは許されない。落ちたら確実にあの世行きだ。

1峰の頂上稜線からはナイフリッジになっているので直下でロープを出す。スノーバーで支点を作る。
2峰へのコルの下りも肝を冷やす、2峰の登りはハイマツで支点が取れたのでコンテで進む。しかし2峰の頂上稜線は懸垂箇所まできびしいナイフリッジになっていて思わぬ手間が要った。

懸垂箇所は支点が整備されている。登山者が多いと待ち時間が出るが先行した4人だけで我々の後はいないので懸垂下降はスムーズに終了した。

終了点から頂上までは核心部分はなく1時間強で登頂できるがみんな緊張の連続で集中力がとぎれてしまった。もう登れないと弱音を吐く。頂上からの下りはたやすくない、この調子では事故を起こす可能性がある。そのため長次郎谷にエスケープする。

長次郎谷のルートは傾斜も緩くルートも見通せる。雪崩の心配があるが先日の積雪は昨日までに落ちるものは落ちているようだ。困難もなく長次郎谷のデブリの上に降り立った。出合いから剱沢のテン場まできびしい登り返しだが足を前に進めればたどりつく。

4日最終日は3時頃から周りのテントが出発準備で騒がしい。今日は大勢源次郎尾根に取り付くようだ。夜明け前から八ッ峰取り付き点にヘッドランプが見える。テントを片づけて帰ろうとしていると下から「遭難だ、1峰から落ちた」と一人駆け上がってくる。剱御前小屋にいる県警山岳警備隊に通報すべく彼と共に急ぐ。直ちに警備隊員4人がスノーボートと共に駆け下りていく。結果は報道の通り。ご冥福をお祈り申し上げます。

午前中から気温が上がり室堂に帰着したらヘロヘロだった。みんな強烈な紫外線で焼かれてひどい顔になった。

登山中の画像
登山画像
快晴
登山画像
1峰までのルート
登山画像
取り付き点5人で挑む
登山画像
ルンゼを登る4人
登山画像
支稜線の頭まで詰める
登山画像
ルンゼは上部ほど傾斜がきつい
登山画像
支稜線から主稜線に進む岩場は緊張するがホール…
登山画像
主稜線ここからが本番
登山画像
ルンゼ上部に増して急傾斜これが1峰の頭まで続く
登山画像
1峰には岩場を縫うように進む
登山画像
ぎりぎりの登攀が続く
登山画像
あまりの難ルートに覚悟を決める
登山画像
私が行く みほちゃんが先行する
登山画像
1峰頂上直下ここからナイフリッジ、ロープを出す…
登山画像
1峰ノ頭へ進む、さらに2峰、本峰に続く
登山画像
1峰ノ頭
登山画像
剱沢テン場が確認できる
登山画像
八ッ峰1峰から5峰まで
登山画像
5峰から上部
登山画像
後立山連峰五龍岳、鹿島槍ヶ岳
登山画像
2峰に先行グループが進む
登山画像
2峰とのコルへクライムダウン
登山画像
コルまでの途中にスノーバーでビレイ支点を作る
登山画像
2峰から1峰を見る
登山画像
2峰ノ頭
登山画像
懸垂箇所までさらにナイフリッジを進む
登山画像
懸垂下降箇所 支点は鉄杭に鎖が整備されている
登山画像
リーダーのウッチーがトップ
登山画像
次々に降下する
登山画像
頂上はいつの間にか雲の中
登山画像
長次郎谷にルートを取る
登山画像
左俣を下りて右俣に合わさる、上の岩は熊ノ岩
登山画像
剱沢を登り返す
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、スコップ、バイル、ゴーグル、ザイル、ロープ、8環・ATC、カラビナ、環付きカラビナ、クイックドロー、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハンマー、ピトン、ハーケン、ハーネス、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ならづものさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    徐々に冬へ向かい連日結氷(10/9初氷、10/7初霜)。営業は10/22泊迄。小屋利用は必ず予約を
    19年10月18日(金)
    立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    室堂の紅葉は終わり、もういつ降雪してもおかしくない時期。台風19号の影響はありません
    19年10月15日(火)
  • 剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2019年の営業を終了し下山しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月15日(火)

ならづもの さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!