登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
島根の名山、二百名山「三瓶山」 男三瓶山、小三瓶山、女三瓶山、太平山、孫三瓶山(中国・四国)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年5月8日(水)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:宿泊先の出雲市から電車で大田市へ移動、
    大田市駅発8:52の石見交通バス三瓶線(青少年交流の家行)に乗り、9:29定の松バス停下車して入山。
    帰りは奥の湯入口バス停から16:18発のバスで大田市駅へ戻り、山陰本線(米子行)で出雲市まで移動して、深夜バスで東京へ戻った。

  • 天候

    快晴
    [2019年05月08日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

定の松(9:38)→分岐(9:51)→男三瓶山(11:00)[休憩15分]→
扇沢(11:41)→小三瓶山(12:02)→風越(12:18)→
室ノ内池(12:30)[休憩5分]→室ノ内展望台(13:00)[休憩4分]→
女三瓶山(13:18)[休憩5分]→太平山(13:33)[休憩10分]→
孫三瓶山(14:10)→分岐(14:27)→女夫松登山口(14:40)→
奥の湯入口(14:50)


総距離 約11.3km 累積標高差 上り:約1,238m
下り:約1,275m
美しい木々に覆われた優しさを感じさせるなだらかな山容、
日本海まで見える抜群の眺望、峰々に囲まれた室ノ内池の落ち着いた風景…

新緑の季節という事もあり、
森の緑がなお一層綺麗に見えたのかもしれないが、緑と青空のコントラストが素晴らしく、本当に気持ちの良い山行を楽しむ事ができた。

入山したのは西の原登山口!
道の駅さんべ周辺には草原が広がり、その先にそびえる男三瓶山と小三瓶山の雄大な山容。
小鳥のさえずりを聞きながら森へ続く道を進み、樹林帯に入るとすぐに分岐が現れる。

まずは男三瓶を目指す。
樹林帯の中を、蛇行しながら徐々に標高を上げていく登山道がしばらく続く。
特に荒れた個所もなく歩きやすい道をしばらく進むと、樹林帯の合間から見える周囲の景色がどんどん広がりだし、樹林帯を抜ける頃には、遠く日本海まで望む事が出来る大展望へと変化。
右側に見える小三瓶山へつながる稜線も、ワクワクする眺め!
足元に岩が多くなり、次第にガレ場の急坂へと登山道は変わり、息を切らしながら登っていくと岩場のピークにたどり着く。
そこが男三瓶山の山頂かと思っていたら、その先も登山道は意外と長く続き…(笑)
なだらかな道をしばらく進んだ先に、山頂の表記があり、無事に登頂!
男三瓶山の山頂は大きな広場があり、展望台や避難小屋、神社(?)もある、とても気持ちの良いスペースだった。

次は小三瓶山。
男三瓶山の山頂から笹尾根を少し進むと、木でできた階段エリアがあり、その後登山道は樹林帯の中へと続く。
この男三瓶山から小三瓶山方面への下りがなかなかの急坂で、所々にロープの補助もある険しい道のり。
通行の際には注意が必要だと思われる。

扇沢の分岐を過ぎ、下った分を登り返す…
樹林帯を抜けると、そこには男三瓶山から見えた気持ちの良い稜線歩きが待っていた!
小三瓶山への登りも急で険しいが、一気に登って登頂。
男三瓶山の雄大な眺めを楽しみ、次の女三瓶山へ向かう。

一旦室ノ内池まで降りる。
小三瓶山から風越までの下りもガレ場の急坂、浮石もあるので落石させないように注意して進み、池のほとりで一休み。
その後、女三瓶山に向けて登りだす。
室ノ内から女三瓶山への登りも、蛇行しながら標高を上げていくので、比較的登りやすい。
苔生した緑の濃い室ノ内からどんどん進んで、室ノ内展望台から池の方面を振り返ると、深い自然に包まれた三瓶山の山並みを望む美しい眺めが楽しめた。

女三瓶山まではあとひと息!
石畳から荒れた登山道へと変化する道を進み、電波塔等が沢山立った、女三瓶山の山頂に到着。
ここから見た室ノ内池越しの、男三瓶山から子三瓶山、孫三瓶山までの眺望は本当に素晴らしかった。

太平山で軽く食事をとり、残る一つの孫三瓶山へ。
ここまでで疲労の蓄積した足腰にムチを打って、樹林帯の急坂を登り無事に登頂!
一息ついてこれまでの道のりを振り返る。
それぞれの山の頂上、分岐や見晴らしの良い場所には、テーブルやベンチなどが適度に設置された登山者に優しい三瓶山。
この日は一日快晴で、風も気持ちの良い行楽日和だった事もあり、お弁当を食べたり写真を撮っている登山者があちこちにいて、みな笑顔で挨拶してくれた。

大満足の山行の締めには、三瓶温泉!
国民宿舎さんべ荘は改装中の為長期休業中。
少し遠くなるが、下山後に奥の湯入口バス停付近まで歩き、「志学薬師、鶴の湯」さんに立ち寄り、汗を流して帰宅。
管理人不在で入口に券売機が設置された鶴の湯さんは、レトロな雰囲気漂う、居心地の良い入浴施設だった。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...