登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
賑わう峠を背に 静かに小菅大菩薩道_(丸川峠~大菩薩嶺~小菅) 大菩薩嶺(関東)
img

記録したユーザー

mura3 さん
  • 日程

    2019年5月18日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:塩山駅より山梨交通バス(落合行き)
    ・増便なく1台。覚悟してましたが、ぎゅうぎゅう詰めの立ちでした。
    ・一部の方は次の時間のバスにしたようです。

    復路:小菅の湯より富士急行バス(上野原駅行き)
    ・増便はなく1台。全員座れました。(9割方うまってました)

  • 天候

    曇り
    [2019年05月18日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大菩薩登山口バス停(9:05)・・・丸川峠入口(駐車場)(9:20)・・・林道終点(9:35)・・・1500(10:15)・・・
丸川峠(10:40)・・・大菩薩嶺(だいぼさつれい)(11:45)・・・雷岩(11:55-12:10)・・・
大菩薩峠(12:40-12:45)・・・フルコンバ(13:10-13:15)・・・ノーメダワ方面分岐(13:40)・・・
日向沢登山道分岐(14:05)・・・大菩薩峠登山口(赤沢)(14:30)・・・854(白糸の滝分岐)(14:45)・・・
橋立上バス停(15:30)・・・大菩薩峠東口バス停(15:35-15:45)・・・小菅の湯(16:15)

・ヤマケイHPのCT(ヤマタイム)だとフルコンバ~大菩薩峠登山口(赤沢)まで60分になっています。
→もっとかかると思いますので注意を。(誤記かと)


総距離 約21.5km 累積標高差 上り:約1,758m
下り:約1,921m
大菩薩嶺に行ってきた。
混んでいる印象があり避けてきたのだが、いい加減そろそろ行っとくかと思ったのだ。

***
8:30塩山発落合行きのバスは、期待の増便も無く・・・気のせいかもだが、むしろ微妙に小さい感じの1台が来た。
インドのバス。そんな状況を想像したが、屋根上に人が載ることはもちろん無い。
ぎゅうぎゅう詰めで約25分、大菩薩峠登山口のバス停に着いた。

バス停からの出発の際に人がばらけ、丸川峠あたりまでは比較的静かな山行となった。
標高1500あたりまでは新緑がきれい。大菩薩嶺手前から逆回りの人が増え始める。
雷岩から大菩薩峠あたりまで眺望が開けて、気持ちの良い稜線となる。人出もこの間が最も多く、グループ登山の方々が多い。私のようなぼっち登山者はこころなし肩身が狭い。

そして、大菩薩峠からフルコンバ方面の道へ足を踏み入れた瞬間、ぱったり人がいなくなる。
あまりにも誰もいないので、熊的なものがでそうな気がした。特にフルコンバから林道までの小菅大菩薩道はトラバースする道が多く見通しが悪いのだ。(・・・が、実際には遭遇することはなかった。ただ、獣の足跡とガサガサッと逃げる音は確認できた)
こちらも標高1500あたり以下から新緑が見どころとなる。たまに植林地もあり人の手は入っているようだ。

さて無事に林道に出合い、後は十八番の長い林道歩きとなる。長いけれども新緑がきれいなので救われる。途中、たま~に釣り人と思われる車が通る。
大菩薩峠東口バス停から小菅の湯まで西東京バスもあるが結構待つことになるので小菅の湯まで歩ききって終了!いろいろと個性あるコースで楽しかった。


■コース状況、その他
・大菩薩峠の分岐付近に小菅大菩薩道は倒木多数という案内が出ていましたが、すでに処理済のようで通行に支障ありませんでした。

・フルコンバから小菅大菩薩道を15分ほど下りるとノーメダワ方面への分岐がありました。ヤマプラなどの地図に記載はありませんが道があるようです。(しっかりしてそうな道でした)

・全般を通じて特に危険箇所や不明瞭な道などはなく、整備された登山道です。小菅大菩薩道には作業路っぽい道が何か所かありました。

・白糸の滝駐車場と大菩薩峠東口バス停前にWCあり。

・大菩薩峠東口バス停前にコーラ自販機あり。(160円)

・小菅村営バスはオンデマンド運行になったようです。(日曜は運休のよう)

登山中の画像
  • ただ今の気温15°。バス停を後にし舗装路を登っていきます。
  • こちらを左折、丸川峠方面へ。林道に入ります。
  • 林道終点より登山道へ。
  • とりあえず、樹間をひたすら登る感じとなります。
  • 新緑がきれい。
  • やがて傾斜がなだらかとなり、開放的な空間が出現。
  • ここが丸川峠でした。
  • 大菩薩嶺方面を目指します。このあたりは新緑がまだですが・・
  • 苔むした感じが味。
  • 大菩薩嶺山頂は眺望がない割に人でごったがえしており・・・意味なく樹間を写して先へと進みます。
  • さて、雷岩の付近より一転展望が開けます。
  • 気持ちがよい道。
  • 稜線きれい。
  • とってもきれい。
  • とっても、とってもきれい。
  • 山荘が見えてきました。
  • という訳で、大菩薩峠に到着です。たくさんの人が休憩中。。
  • で、この後は大菩薩峠脇のこの道を丹波・小菅方面へ・・・
  • 分岐に倒木多数との案内がありましたが、処理済のようでした。。
  • ぱったりとひと気がなくなります。
  • ニワタシバを通過。左の黄色い看板に地名の記載がありました。こちらは作業路との分岐となっています。
  • フルコンバに到着。小菅方面へ向かいます。
  • 次第に新緑が鮮やかになっていきます。
  • 途中、ノーメダワ方面への分岐がありました。
  • 道標脚部。犬小屋を矢印に見立てる斬新な発想。
  • このあたりで・・・
  • 桜の花びらが落ちてました。
  • いいですね。。
  • 道中の倒木も処理して戴いたようです。
  • 日向沢登山口方面との分岐に到着。
  • 道標拡大。赤沢方面へ向かいます。
  • ちなみに日向沢方面の道は写真左手の道になります。すこし・・薄め?
  • 静かな道はよいのですが、獣の足跡やガサガサっという音もあり・・このあたりが一番緊張しました。
  • 舗装路が見えました!最後は橋を渡って・・
  • 登山口に到着です。後は林道を小菅方面へ。
  • こちらは途中の白糸の滝入口です。整備された道の様でした。
  • 白糸の滝の駐車場です。WCがありました。右には作業路の入口が見えています。
  • 新緑がきれいな林道を進んでいきます。
  • 大菩薩峠登山口バス停に着きました。こちらにもWCがあります。さらにもう少し歩いて・・・
  • 小菅の湯に到着!終了です。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mura3さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    トウゴクミツバツツジ、ハシリドコロ、ニワトコなどが咲いています。朝晩はまだ10℃以下まで冷え込みます
    19年06月18日(火)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    「千本ツツジ」のツツジは満開となっています。梅雨入りして、雨降りが多くなってきました
    19年06月12日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mura3 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...