登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
表尾根を歩いてトレーニング 表尾根(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2019年5月27日(月)

  • 利用した登山口

    大倉  

  • パーティ

    4人 (ジュンパク さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:小田急線秦野駅からタクシーで富士見山荘跡まで入る。平日の8時台は、タクシーが出払っていて、しばらく待たされる。

  • 天候

    晴れ。薄く雲が掛かる
    [2019年05月27日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

富士見山荘跡 8:58--(40分)--9:38 ベンチ 9:45--(33分)--10:18 二の塔 10:25--(19分)--10:44 三の塔 10:58--(22分)--11:20 烏尾山 11:47--(27分)--12:14 行者岳 12:15--(32分)--12:47 政次郎ノ頭 12:55--(20分)--13:15 新大日岳 13:18--(15分)--13:33 木の又小屋 13:33--(30分)--14:03 塔の岳 14:22--(13分)--14:35 金冷やし 14:35--(15分)--14:50 花立山荘 14:55--(18分)--15:13 戸沢分岐 15:13--(15分)--15:28 堀山の家 15:40--(24分)--16:04 駒止茶屋 16:04--(10分)--16:14 一本松 16:14--(17分)--16:31 見晴茶屋 16:35--(18分)--16:53 観音茶屋 16:56--(23分)--17:19 大倉

総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,295m
下り:約1,710m
コースタイム 標準:6時間55分
自己:6時間43分
コースタイム倍率 0.97
 トレーニングを兼ねて丹沢表尾根を歩きます。各地で35℃を超える猛暑日とあって、薄雲がかかっていたとはいえ、強い日差しを浴びて歩くのは疲れます。それでも、富士山がずっと見えていたほか、ヤマツツジ、ミツバツツジ、シロヤシオを始め、様々な花たちに巡り会うことができました。このところの晴天続きで、ルート上も問題なく歩くことができました。

 秦野駅前のヤビツ峠行きバス停には、多くの登山者が並んでいたので、4人の山行ということもあり、タクシーでヤビツ峠先の富士見山荘跡まで入りました。
 緑も鮮やかな森を登り二ノ塔へ。途中に見られるミツバツツジは花もしぼみ、ヤマツツジはこれからといった感じです。二ノ塔から先では、富士山が何度も顔を見せてくれます。一旦下って、三の塔に登り返すと、新しく休憩小屋ができていました。中は広く、きれいです。
 三の塔からは大きく下って烏尾山に登り返します。行者岳への登りの途中、シロヤシオの花をほんの少し見つけることができました。クサリ場の所では小さなイワカガミが咲いていました。その後も、チラチラとシロヤシオ、ミツバツツジが顔を見せてくれます。ただ、暑さもあり、足が伸びません。気持ちのいい風が通ると生き返ります。
 ペースが遅く、到着が2時過ぎだったせいか、塔の岳は静かでした。後は、大倉バス停に下るだけです。とはいえ、道中は長いので、気をつけながら歩きました。金冷やしの辺りでは、多くのミツバツツジを見ることができました。更に下っていくと、珍しいオキナグサの姿も。戸沢分岐から堀山の家にかけては多くのヤマツツジが見頃を迎えていました。
 大倉が近づくにつれ気温も上がり、蒸し暑さを感じるようになります。トレーニングの成果は上がったでしょうか?

登山中の画像
登山画像
緑溢れるルートを登ります
登山画像
コケリンドウ
登山画像
振り返れば大山
登山画像
ヤマツツジはこれから
登山画像
二ノ塔
登山画像
二ノ塔の先から見る富士山
登山画像
三の塔の休憩小屋内部
登山画像
縦走コースを見る
登山画像
烏尾山の左に富士山
登山画像
ミツバツツジ
登山画像
シロヤシオ
登山画像
行者岳
登山画像
クサリ場に咲くアカバナヒメイワカガミ
登山画像
ガレ場の階段
登山画像
新大日下から振り返る
登山画像
新大日岳
登山画像
シロヤシオ
登山画像
塔の岳はもう一息
登山画像
ミツバツツジと尊仏山荘
登山画像
塔の岳から見る富士山
登山画像
金冷やし辺りのミツバツツジ
登山画像
オキナグサ
登山画像
戸沢分岐上のベンチ
登山画像
堀山の家まで沢山見られたヤマツツジ
登山画像
一本松のベンチ
登山画像
大倉山の家の鯉
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、虫除け・防虫薬品類、行動食
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年6月3日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?