登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
美しい花々と北アルプスの眺望、笹原の絶景を楽しむ 四阿山、根子岳(上信越)
img

記録したユーザー

すー さん
  • 日程

    2019年6月26日(水)

  • パーティ

    2人 (すー さん 、むすめ さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(5:00) → 狭山日高ICから圏央道、関越道、上信越道で上田菅平ICへ → R144号を真田、菅平方面へ → R406号を経由して菅平牧場駐車場へ(7:30)

  • 天候

    晴れ
    [2019年06月26日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

菅平牧場駐車場 → 展望台(東屋)→ 根子岳山頂 → 四阿山山頂 →
中四阿 → 小四阿 → 菅平牧場駐車場


総距離 約9.7km 累積標高差 上り:約1,002m
下り:約989m
我が家の登山本の表紙にもなっていてずっと前から憧れていた四阿山、根子岳に行ってきました。
やはり百名山ですので平日にゆっくり、渋滞もなく行きたかったので10日前から天気予報とにらめっこしてちょうど梅雨の晴れ間の今日、有給休暇を取りました。朝はすっきりとした青空が広がり、駐車場に着くと、牧歌的な景色とレンゲツツジの群生、北アルプスの連なりがはっきり見え、ものすごくテンションが上がりました。最高の時に来たなあと実感し、運転が大変だったけど来てよかったと心から思いました。

まずは左側の牧場の脇をのんびり歩いていきます。後ろには北アルプス、前にはレンゲツツジの大群と青空が、そして横は美しい緑の牧草と草を食む牛たち。本当に素晴らしかった・・・。まずは東屋のある展望台を目指しますが、シャッターを押す手が止まらず、なかなか進みません。東屋からは見事な北アルプスの山々がずらりと並ぶ圧巻の景色を楽しみました。もう本当に帰りたくないと思ったほどです。

ここまででも十分楽しめますがまだまだ先は長いので進みます。次第に白樺と笹の道になり、辺りはレンゲツツジが満開。夢のような登山道ですが斜度はあるので結構きつかったです。黙々と登ると次第に景色がぐっと開け、そこからさらに根子岳山頂に向かって歩き続けます。後ろを振り向くと西穂高岳から小蓮華岳までの圧巻の眺望が広がっていますが急登なので息が切れます。ようやく山頂に着くと四阿山に向かう笹原の雄大な景色、稜線が見えうっとり。根子岳でもっとゆっくりしたかったのですが今日は長い縦走なので早々に出発。

ここからは目の前の四阿山を眺めながらいったん笹原を下って樹林帯を登ります。せっかく上ったのに下りてしまうのがもったいないですがこの笹原の下り斜面が実に気持ちが良いです。その後のつらい登り返しも今は考えず進みます。あの場所はもう一度歩きたいなあ。

そして今までの開けた景色とは一変して樹林帯のキツイ登りがスタート。まだ日影が涼しかったのが幸いでした。この辺りから虫が多くなり、息を吸うと鼻に入るのが難点でした。中四阿への分岐に出るとだんだん開けて緩やかになってきます。木道を登ればすぐに山頂に到着です。

四阿山山頂はちょうど雲が多く、下からガスも湧き上がっていてあまり眺望がよくなかったのでランチをしてすぐ下山しました。標高差1000mの下りはきつかったです。途中レンゲツツジの群生が素晴らしかったのですが写真を撮る元気が残っていませんでした。

下山して管理事務所でソフトクリームとバッジを買い、羊などを見て駐車場に戻りました。朝あんないきれいに見えていた北アルプスは雲の中でした。

なかなかのキツイコースでしたが、特に朝見た根子岳までの景色が一番印象に残っており、また来たいなあと思いました。今度は根子岳だけでもいいかな?なんて思ったりもして。

登山中の画像
  • 朝7:30過ぎ、菅平牧場の駐車場に着きました。一番奥の第一駐車場はいっぱいだったので隣の第二駐車場へ。駐車場は全部で第五まであり、100台くらいは止められるようです。帰りに牧場入口の管理事務所で一人200円払います。
  • 駐車場の後ろには青空と牧草地が広がっています!
  • そして思わず声を上げてしまいました。運転中は気が付かなかったのですが、北アルプスの山々がくっきりと見えています。
  • 槍、穂高方面。
  • 立山、鹿島槍、五竜方面かな?
  • 登山道はこの奥です。
  • まっすぐは根子岳。右は四阿山。どちらから登ってもいいのですが今日は根子岳から登ります。この右にトイレがあります。
  • 梅雨はどこ?というほどの澄んだ青空。
  • 牛が走っています!走る牛は初めて見ました。この辺りの牛は毎日斜面を登っているから健脚なのでしょうか?
  • 左側の美しい風景を楽しみながら登っていきます。
  • これはキンポウゲ科の花かな。ウマノアシガタ?
  • アルプスの少女ハイジのオープニング曲が頭の中で流れます~。(笑)
  • アマドコロかな。
  • ベニバナイチヤクソウ。さすが花の百名山、いろんな花が楽しめます♪
  • のどかな牧草風景と背後の北アルプス。最高の景色。
  • レンゲツツジまつりも開催中で楽しみです。
  • 後を振り返るとこんな景色。
  • ここのレンゲツツジも綺麗です。一番いいときに来たんじゃないかな。
  • 満開のレンゲツツジを楽しみながら。
  • 槍ヶ岳のアップ。槍ヶ岳はとてもわかりやすいです。
  • 辺りはレンゲツツジで真っ赤っか。
  • 緑に赤は映えますね。
  • 景色が素晴らしくてなかなか先に進めないです~。
  • このすっきりした青空は朝だけで、このあと昼頃には北アルプスは雲で見えなくなりました。
  • 東屋が見えてきました。
  • 東屋の中には山座同定図がありました。
  • 写真付きもありました。まさに写真と同じような景色が見られます。
  • こんな景色が見たかった・・・。
  • 展望台の様子。
  • レンゲツツジがたくさん。
  • ここだけでも十分満足ですがまだまだ先が長いので出発します。真ん中は根子岳。右にちょこんと見えているのは四阿山です。
  • 白樺とレンゲツツジの美しい樹林帯に入りました。
  • 木があるだけで涼しいです。
  • まだ0.8kmもあります。頑張りましょう。
  • この辺りからイワカガミがちらほらと。
  • ツマトリソウ。
  • ズミ。
  • 途中に八合目と書かれた石碑がありました。
  • 次第に辺りが再び開け、高山らしい感じになりました。
  • まだ0.5kmもある~。登りっぱなしでバテてきました。
  • 開放感のある眺め。北アルプスの端から端まで見えます。
  • 見上げると飛行機雲が。
  • イワカガミの群生。
  • あと少し、頑張ろう!
  • 山頂に着きました。
  • 根子岳山頂の祠。
  • 山頂は広々しています。
  • そういえば今日は平日。小学生の遠足でしょうか。こんな山に登れるなんて羨ましいです。
  • 小休憩の後、四阿山へ向かいます。ここから先の景色も楽しみです。
  • 気持ちよさそうなコースです。
  • 左を見ると小根子岳の稜線が見えました。あちらも気持ちがよさそうです。
  • このツツジのような花は何でしょうか。ミツバツツジではないですし・・・。
  • ミツバオウレンとイワカガミ。
  • ヤッホーと叫びたくなります。
  • この先の登り返しのキツさは今は忘れてどんどん下りていきます。
  • ジオラマのような景色。
  • 四阿山方面からきたわんこ。タフですね。
  • 笹原の下まで下りました。
  • 後を振り返ると、今下りてきた根子岳!こちらの景色もいいですね。
  • そしてついにここから樹林帯の登り返しに突入。笹が生い茂って藪漕ぎ寸前でした。
  • 虫も多くて大変です。気になる方は防虫ネットなどあるといいかもしれません。私も持参しましたがザックから出すのが面倒でそのまま上ってしまいました。
  • 辛い登りです・・・。ちょっと開けた場所から根子岳が見えました。自分的には根子岳のほうが好きだったかも。
  • やっとなだらかになってきた。
  • 中四阿との分岐。広いスペースとなっていますが眺望はそんなにありません。ここから四阿山山頂まで20分ほどです。
  • アサギマダラがイワカガミの蜜を吸っていました。
  • 四阿山山頂が見えてきました!
  • これはミネザクラかな?この時期に桜が見られるなんて登山者の特権ですね。
  • 木道が見えるとあと少しです。
  • なんだか火打山を思い出させる木道です。
  • これは四阿山山頂にもたくさん咲いていましたがミツバツチグリ?
  • 山頂手前の石壁に囲まれた祠。黄色のお花もいっぱい。
  • そして山頂到着。この辺りはガスが多くて展望がイマイチでした。
  • 下からガスが上がってきます。軽く食べてから下山します。
  • よーし、あとは下りるだけ。
  • 小さなお花畑を楽しむ。
  • イワカガミ。
  • 先ほどの分岐に到着。ここからは中四阿に下ります。
  • 菅平方面へ。
  • 景色が素晴らしですが足がガクガクで・・・。
  • 根子岳が見えました。
  • 根子岳の裏側は結構荒々しい感じ。もともとは四阿山と根子岳は四阿火山というひとつの山だったそう。大爆発が起きて2つに分かれてしまったらしいですが。なんとなくそれを感じさせます。
  • 中四阿で小休憩。
  • 疲れていますが景色を楽しみながら歩きます。
  • 朝より雲が多くなっていますが、それでも天気に恵まれました。
  • ハクサンチドリが咲き始めていました。
  • 小四阿。後ろに四阿山。
  • ベニバナイチヤクソウ。
  • だんだん笹の樹林帯になり、レンゲツツジも見られるように。
  • レンゲツツジが辺り一面に。
  • 疲れも吹き飛ぶコースです。
  • 沢の音が聞こえて涼しくなりました。
  • ピンボケしましたが、残っていたクリンソウ。
  • これはなんだったっけ・・・。
  • 川を渡ります。
  • これもなんだろう。
  • 牧場の横を通ります。
  • 牛さんたちがお食事中。
  • 牧場の上の方は真っ赤っか。
  • さて、牧場に来たからにはこれは外せないでしょう。
  • バニラとモカのミックス♪
  • 羊たちは小屋でお休み中。
  • 駐車場に戻ってきました。朝あんなにきれいに見えていた北アルプスは雲の中。写真撮っておいてよかった。
  • 明日は仕事・・・。帰りたくないですが、頑張って運転して帰ります。お疲れ様でした~!
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すーさんの登山記録についてコメントする
  • ミーグル さん
    すーさんこんばんは。
    好天のトレッキングで何よりでしたね。また、百名山一つ消化しましたね。うらやましい。6月は花が良く咲きいい季節ですね。そんなに暑すぎもせず。羊のまったり感も何とも言えません。このところ土日の天気が良くなく、いい日は何か行事が入っている日で、なかなか五竜に行けません。このままだと、3連休に鹿島槍を狙っているので当分五竜に行けそうもありません。6月22日にレポはアップしていませんが筋トレで七面山に登ってきました。歯車が合わず、ストレスたまりまくりです。リュックにはテント泊装備を詰め込んで3週間が経過してしまいました!
    今年は御嶽山が解禁となるようで、まだ計画していませんが、どこかのタイミングでお会いできたら楽しみです。レポまた楽しみにしています。チョコのおじさんにもよろしくお伝えくださいませ。

  • すー さん
    ミーグルさん、おはようございます!

    はい!これから秋まで毎月1日は有給休暇を取ってどこかの百名山に行こうと計画しています。
    ただ今年は家の老犬が心配なので日帰りかな。でもこの時期、本当に天気には悩まされますよね
    ~。直前に変わることもありますし、せっかくとった有給休暇を無駄にしたくないですし・・・。

    ミーグルさんは五竜どうされたのかなあと思っていましたが、まだだったのですね。
    でも連休には鹿島槍を計画されているとのこと。羨ましい!鬱陶しい梅雨空も連休中は青空が
    見たいですね。詰めたままのテント装備も活躍できるといいです。

    そうですね~!ぜひどこかの山でアルピニスト君ともどもお会いしたいですね。チョコのおじさんからもいろいろミーグルさん親子のお話を聞いています。よろしく伝えますね。(笑)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!