登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
苗場山(小赤沢コース・山頂泊) 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2019年8月4日(日)~2019年8月5日(月)

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:8/4(日)自宅発7:10⇒R254⇒R463⇒所沢IC⇒関越道 塩沢石打IC⇒県道28号線⇒R353⇒R117⇒R405⇒林道⇒小赤沢三合目登山口着10:55
    *R405から林道への分岐は分かりにくい。民宿5軒位の茶色の看板が
     ある。林道は狭く、集落を過ぎたら日中でもヘッドライト点灯推奨。
    *小赤沢三合目駐車場は無料。非舗装で広く、到着時も駐車スペースに 余裕あり。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
三合目(11:40)・・・四合目(12:10)・・・五合目(12:45)・・・六合目(13:45)・・・七合目(14:15)・・・八合目(14:50)・・・湿原のへり(15:00)[休憩 10分]・・・九合目坪場(15:20)・・・苗場山神社分岐(15:38)・・・苗場山自然体験交流センター(山頂ヒュッテ)(16:00)
*山頂ヒュッテから山頂までは徒歩1分

【2日目】
苗場山自然体験交流センター(山頂ヒュッテ)(06:50)・・・苗場山神社(07:08)[休憩 10分]・・・九合目坪場(07:45)[休憩 5分]・・・八合目(8:00)・・・七合目(8:20)・・・六合目(8:40)・・・五合目(9:20)・・・四合目(9:50)・・・三合目(10:20)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約889m
下り:約889m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:7時間25分
コースタイム倍率 1.20
苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)を予約した長野県栄村役場秋山支所の担当者から小赤沢コースのことを知りました。首都圏から登山口までのアクセスは遠いですが、三合目まで車で行け、歩行距離・標高差とも4年前に登った和田小屋からの三俣コースより短いので、今回はこの西側コースから登頂することにしました。
登山口到着時の気温が28℃位で、早めの昼食を摂って登山開始しましたが、あまりの暑さにかなり体力を消耗し、時間もかかりました。決して楽な登山道ではありません。
五合目から湿原の木道に出るまでは急登が多く、段差のある岩場や鎖場が連続しますので、慎重に登るようにします。
湿原の木道に出ると暑さと緊張感からは一旦解放されますが、樹林帯に入ると岩の上を歩く岩渡りになります。樹林帯から出ると広大な湿原が現れ、山小屋まであとひと頑張り木道を登って行きます。
苗場山神社の分岐から苗場神社までは片道2分位で、樹林の中に祠があります。
山頂標識は山小屋から東側へ1分ほど行った所にあります。
湿原は周回する木道はなく、和山、赤倉山、赤湯温泉各方面へ続く木道があるのみです。
<苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)>HP
http://www.vill.sakae.nagano.jp/docs/560.html

詳細は以下の通り。

【小赤沢三合目駐車場】
我が家の車のナビでは小赤沢からの林道が表示されなかったため、R405を大分通り過ぎて上野原地区から林道に入ることになってしまいました。途中で小赤沢からの林道と合流したので大丈夫でしたが、15分位時間をロスしてしまいました。
駐車場の入り口近くにトイレの建物があります。トイレは男女別で、女性用は和式個室2・男性用は小便器2・個室1、その他に身障者用トイレあり。手洗い場の水は出ます。
駐車場の奥に登山口があり、標識看板・登山道情報・登山届の箱があります。登山届箱の右側に登山道があります。

【三合目~六合目】
登山道を少し進むと「三合目 標高1310m 四合目迄815m 30分」の標識があります。
まだ斜度も緩やかでほぼコースタイム通りで四合目に到着しましたが、暑さのためかもっと時間がかかったように感じてしまいました。
 「四合目 標高1470m 五合目迄700m 20分」の標識があります。
四合目から右手に道が伸びていて沢の水場がありますが、段差を下りないと水に届かないので注意が必要です。
登山道には大分岩がゴロゴロしてきて、少々歩きにくいです。途中にぬかるみがありますが、岩や丸太の上を渡って行くようにすれば大丈夫でした。
 「五合目 標高1580m 六合目迄746m 25分」の標識があります。私たちは35分かかりました。上りでは標識の所要時間よりは多くかかることを認識しました。少し広くなっていて木陰で休みます。ベンチはありません。
登山道は徐々に斜度が増していきます。最初の鎖場が出て来ますが、岩が段々になっているので、それ程難しくはありません。しかしながら、暑さのピークで大分バテて来ました。
 「六合目 標高1750m 七合目迄308m 15分」の標識があります。ここからは鎖場が連続します。所要時間はもはやあてには出来ないので、無理をせずマイペースで進みます。下りの登山者とすれ違うたびに「泊りですか?いいですねぇ。頑張ってください。」と声をかけていただけて励みになりました。

【七合目~九合目】
「七合目 標高1810m 八合目迄265m 50分」の標識があります。距離の割に所要時間が多くかかるということは、急登であることを改めて覚悟をしながら登って行きます。吹く風が少し涼しく感じられるようになり、ホッとしました。七合目を過ぎると下界が見えるようになってきました。
「八合目 標高1940m 九合目迄552m 30分」の標識があります。最後の鎖場を過ぎた先は登山道が階段状になり、もうすぐ湿原に出そうな予感がします。階段を上りきったらやはり湿原が広がっていました。「上信越自然歩道案内図」がある所で、やっと座って休憩出来ました。ここからは木道歩きとなりますが、まだまだ上りが続きます。池塘にワタスゲが映えて綺麗です。樹林帯に入る手前に、
「九合目 標高2000m 頂上迄1259m 40分」の標識があります。

【九合目~苗場山頂ヒュッテ】
樹林帯に入ると岩の上を歩く岩渡りと木道が交互に出て来ます。10分位で樹林帯を抜けると広大な湿原が現れます。苗場神社・赤倉山への分岐を過ぎると「工事中」の幟があり、木道の交換工事を行っている所を通り過ぎるとやーっと山小屋の建物が見えてきて、あと一頑張り気合を入れて進み、到着しました。
 
【苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)】
・玄関を入って左壁下にトレッキングポールを下げる場所があります。室内には持ち込めません。
・右側には靴箱があり、トレッキングシューズを脱いで好きな場所に置きます。
・玄関を上がって右側に受付があり、宿帳に記帳します。
 宿泊費8,800円/人(1泊2食付き)
・受付の正面に食堂兼談話室(畳)があり、TVも1台ありBS放送が見られます。
 何と宮城沖で震度5弱の地震が発生したのをニュースで見ることができ、その時山頂もゆるーく揺れ を感じました。
・宿泊室は突き当りの奥にコの字形で1階と2階に分かれています。私たちは2階でした。
 当日は宿泊者は52名とのことで、一人1枚の布団で、丁度宿泊室全体が埋まった感じでした。
・トイレは男女別で、各個室5室位。洋式、トイレットペーパーは個室内のごみ箱に捨てる。
 更衣室はないので、着替えもトイレの個室で。
・洗面台は食堂兼談話室の入り口の左右に各2台、計4台あり。天水(雨水)で飲用不可。
 私たちは洗顔とうがいに利用。石鹸・洗剤・歯磨き類使用不可。
・夕食は二部制で私たちは2回目の18時半~でした。
 メニューはカレー(お替り可)で、ポテトサラダ、福神漬け、ラッキョウ漬け、お茶はセルフサービ スでした。
・21時消灯。
 「20時以降はお静かに」とのことで、宿泊者のほとんどが既に休んでいたので、私たちも談話室か ら寝床に引き上げ休みました。
・朝食は6時~と6時半~の二部制で、私たちは1回目だったのがラッキーでした。
 メニューはご飯、ハム、オニオンサラダ、筍の煮物、蓮根の煮物、昆布の佃煮、煮豆、お茶はセル フサービス。 味噌汁は厨房から運ばれてきます。

下山後は、新潟県津南町のR405号線沿いにある「秋山郷 萌木の里 栃の実館」で入浴・昼食後、
埼玉県美里町の堀内ファームでブルーベリー狩りをして帰路につきました。

<秋山郷 萌木の里 栃の実館>HP
http://park16.wakwak.com/~moegi/

<堀内ファーム>
http://www4.plala.or.jp/horifarm/

登山中の画像
登山画像
小赤沢三合目駐車場トイレ
登山画像
小赤沢三合目登山口
登山画像
三合目登山道入り口
登山画像
三合目標識
登山画像
四合目 右の細い道の先に水場
登山画像
五合目先最初の鎖場
登山画像
六合目先 鎖場1
登山画像
六合目先 鎖場2 この後にも何カ所かあり
登山画像
八合目先 この階段の先に湿原
登山画像
やっと湿原に出た
登山画像
木道が天空回廊のよう
登山画像
右奥の樹林帯まで木道歩き
登山画像
樹林帯へ
登山画像
樹林帯の岩渡り
登山画像
樹林帯の木道
登山画像
湿原が広がる
登山画像
やっと山頂ヒュッテが見える。最後の上り
登山画像
山頂ヒュッテ正面玄関 
登山画像
私たちの寝床。山頂ヒュッテの名入りタオルが枕…
登山画像
山頂から戻ってコーヒー休憩
登山画像
宿泊・飲食・お土産料金
登山画像
苗場山山頂
登山画像
山頂近くにニッコウキスゲの群落あり
登山画像
湿原散策 ヒュッテが目印
登山画像
広大な湿原 周回出来ないのが残念
登山画像
池塘もたくさんある
登山画像
夕食 カレーライス、ポテトサラダ、福神漬け、…
登山画像
8/5(月)日の出
登山画像
朝食はセルフサービス
登山画像
ご飯と温麦茶 TVがある
登山画像
朝食 ご飯、味噌汁(大根・しめじ)、ハム、蓮根…
登山画像
苗場神社 祠の中央にお賽銭入れ口あり
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)、カップ
【その他】 スマートフォン、活動量計、眼鏡、ラップショーツ、機能性タイツ、敷シート、携帯ティッシュ、ウェットティッシュ、日焼け止め、目薬、クレンジングシート、ボディシート、水のいらないシャンプー、洗口液、歯ブラシ、スキンケア用品、アイブロウ、リップペンシル、色付き日焼け止めリップクリーム
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    国道17号線から秡川登山口駐車場までの林道(町道苗場線)は、本日より冬期通行止め期間に入りました
    20年11月13日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...