登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
遠い… 遠かった 平ヶ岳 平ヶ岳 下台倉山 台倉山 池ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

Tatsu さん

この登山記録の行程

平ヶ岳入口(04:25)・・・下台倉山(06:25)[休憩 10分]・・・台倉山(07:20)[休憩 10分]・・・白沢清水(08:15)[休憩 5分]・・・池ノ岳(09:45)[休憩 10分]・・・平ヶ岳(10:20)[休憩 25分]・・・池ノ岳(11:07)・・・白沢清水(11:23)[休憩 7分]・・・台倉山(12:40)・・・下台倉山(13:20)・・・平ヶ岳入口(15:02)

総距離 約19.9km 累積標高差 上り:約1,846m
下り:約1,846m
コースタイム 標準:9時間55分
自己:9時間30分
コースタイム倍率 0.96
迷いようのない一本道
岩が露出している箇所には補助ロープがありました

百名山の中でも、厳しい日帰りコースといわれている平ヶ岳。往復で20kmです。それなら、体力のあるうちに行ってみよう、と思い立ち行ってきました。
事前にレコを見ると、林道からのルートもあるようでしたが、それならいつでも行けそうだったので、オーソドックスなコースを選択しました。相当ハードらしく、水にも苦労するらしいので、いつも夏山に持っていく水の倍(4ℓ)を準備して出発です。

朝4時過ぎの駐車スペースは既に満杯で、テン泊のグループもありました、しかし、この人たちはみんなが登るのではないようでした。釣りかな?

ともかく、今日も暑くなりそうだったので、早めにスタートします。登山口から林道を15分程進み、山道へ。樹林帯を歩くと、すぐ尾根道に出ます。結構急なやせ尾根を登り、一つのピークに達すると次のピークへ。やがて陽が昇ってきて、お日様が顔を出します。実に荘厳な景色でしたが、厳しい一日の始まりでもありました。
歩いてみると、初めの樹林帯を除くと日影は全体の1割程しかありません。日差しがジリジリと肌を焼き付きます。行けども行けども山頂らしきところには着かず、下台倉山までで相当体力を消耗しました。

下台倉山から白沢清水までは比較的傾斜も緩くなり、歩きやすくなりました。しかし、一度去ってしまった体力はそう簡単に戻らず、池ノ岳へと向かう急登では何度心が折れそうになったことか・・・。
このコースをトレランされている方が一名いましたが、信じられません。

池ノ岳へ上がると、そう広くはないものの、美しい湿原と池塘が広がっています。池塘越しに見る平ヶ岳も優雅にさえ見えます。

さあ、いよいよ山頂を目指します。比較的緩やかな斜面を歩き、一面草原(湿原)の山頂です。池塘のない苗場山のような雰囲気です。涼やかな風にあたり、とにかく座り込みます。目の前を遮るものがなく、これだけの視界で遠くの山々を見ることができる山もそう多くはないでしょう(富士山やアルプスは別ですよ)。ソロの方たちとは、厳しさを共有した連帯感のようなものが生まれつつあり、いつもの山行よりも口数が多くなっている自分に気づいたりもしました。

越後三山や尾瀬方面はガスのため見えなくなってしまったので、帰路につきます。この時点でたまご石はあきらめました。

途中ですれ違った年配の方は、林道を宿泊した山荘の方に送ってもらったそうで、次回ここにくることがあったら、迷わずその山荘を利用しようと思いました。

それにしても、高度が下がるにつけ、日差しがきつくなり気温も上がり、身体からは汗となってどんどん水分が出ていきます。結局、2.5ℓを消費しました。そうそう、水場の水はほとんどあてにはできません。

そうして歩いた後半はほとんど写真を撮る元気もなく、黙々と足を前に出す作業を繰り返しました。
下山後、靴を履き替えていると、突如両足の腿が攣ってしまい、身体には相当なダメージが蓄積されているようでした。

やり遂げた、ということを実感できた今日の山行でした。

登山中の画像
登山画像
登山口から林道を歩き、ここからいよいよ山道です
登山画像
樹林帯を抜け、急なやせ尾根を行きます
登山画像
振り返ると陽が出てきそう
登山画像
燧ヶ岳も見えました
登山画像
オオコメツツジは尾根にたくさんありました
登山画像
出た~こーゆーのは、久しぶり
登山画像
ついでに燧ヶ岳もアップで
登山画像
ミヤマママコナもいっぱいでした
登山画像
調査中
登山画像
ミヤマホツツジ
登山画像
尾根筋にモウセンゴケ
登山画像
ツルアリドオシ
登山画像
横からにょっきり
登山画像
ネバリノギラン
登山画像
台倉山は三角点のみ
登山画像
アカモノの実?
登山画像
カニコウモリ
登山画像
マイヅルソウかと思ったけどクロヅルでした
登山画像
こっちがマイヅルソウ
登山画像
ゴゼンタチバナ
登山画像
ちょうちょ
登山画像
見えてきた
登山画像
イワオトギリ
登山画像
ハナニガナ
登山画像
ミヤマアキノキリンソウ
登山画像
キオン?
登山画像
目指す平ヶ岳
登山画像
その前に池ノ岳へ
登山画像
ミヤマウツボグサ
登山画像
アザミ
登山画像
何リンドウでしょう?タテヤマ?ミヤマ?
登山画像
池ノ岳から見た平ヶ岳山容はかなりゆる目
登山画像
池ノ岳の湿原
登山画像
そして池塘
登山画像
池塘と平ヶ岳
登山画像
イワショウブ
登山画像
オニシオガマかな
登山画像
チングルマも変態してます
登山画像
平ヶ岳からの眺望
登山画像
平ヶ岳から池ノ岳
登山画像
キンコウカ
登山画像
エゾシオガマ
登山画像
何やらむしゃむしゃネズミくん
登山画像
調査中
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    樹木の紅葉が一層、進んでいます。ダケカンバやミネカエデやカラマツも黄葉が鮮やかです
    19年10月18日(金)
    山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    台風の影響で一部で木道が流されましたが大きな影響はありません。紅葉の葉も落ちることなく見頃となっています
    19年10月17日(木)
  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬をはじめ山岳地では、天気の良い日の朝方ほど、放射冷却によって冷え込みます。
    19年10月04日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!