登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
トムラウシP (北海道)
img

記録したユーザー

ミタカ さん

この登山記録の行程

【1日目】
トムラウシ温泉(04:00)・・・短縮コース分岐(05:30)・・・カムイ天上(06:00)・・・前トム平(08:00)・・・トムラウシ山(09:40)[休憩 20分]・・・ヒサゴのコル(13:00)・・・五色岳(14:15)・・・忠別岳避難小屋分岐(15:00)・・・忠別岳避難小屋(15:15)

【2日目】
忠別岳避難小屋(05:30)・・・忠別岳避難小屋分岐(05:45)・・・五色岳(06:15)・・・化雲岳(07:30)・・・第一公園(11:00)・・・滝見台(12:30)[休憩 15分]・・・化雲岳登山口(天人峡温泉)(13:20)

総距離 約38.9km 累積標高差 上り:約2,626m
下り:約2,668m
コースタイム 標準:18時間21分
自己:18時間30分
コースタイム倍率 1.01
短縮コースでなく下(東大雪荘)から登りました。またヒサゴ沼避難小屋が今年は修理中のため、忠別避難小屋まで足を延ばしました。

1日目
◎東大雪荘~短縮コース分岐 樹林帯で傾斜も緩やかで歩きやすい
◎短縮コース分岐~カムイ天上 引き続き樹林帯が大半、ややガレ
◎カムイ天上~コマドリ沢  14百米まで標高が上がったところでコマドリ沢までガレた道を1百米降ります
◎コマドリ沢~前トム平 見上げるばかりの沢沿いのガレ道を上る(ここら辺苦しい)と最初の岩石群へと入ります。ナキウサギの鳴き声が聞こえます。
◎前トム平~トムラウシ公園~南沼キャンプ場 前トム平から稜線をしばらく歩くとおやまあキレイ、公園を見下ろせるポイントに着きます。ぐるっと廻って公園に降りたら、また上り、再び岩石群を登ります。見通しのよいガレ場に出たら南沼キャンプ場までゆるやかに登ります。
◎南沼キャンプ場~トムラウシ山頂 ほぼガレ場で山頂まではすぐです。

◎トムラウシ山頂~北沼 三度岩石群にあたり北沼に向かって降ります。
◎北沼~???? しばらく開けたザレ場を歩くとまたもや巨石群にあたります。
◎???~ロックガーデン アップダウンを経てまたまた巨石群、ここは広く目印を見失いやすいのでご注意されたい。
◎ロックガーデン~化雲岳 少し木道を経て、化雲岳へのザレた登り、登った先がやや方向を見失いやすいのでご注意されたい。
◎化雲岳~五色岳 半分が延々と続く木道、半分が背丈よりやや高い低木帯です。
◎五色岳~忠別避難小屋 緩やかな下り道
避難小屋は連休中日ですが1F8名、2F私1名、テント4張

2日目
◎忠別避難小屋~五色岳 昨日と逆です、緩やかな登り道
◎五色岳~化雲岳 低木帯でヒグマの巨大なフンを発見、にわかに緊張感が走りました。
◎化雲岳~小化雲岳 ザレた平坦な稜線(幅20~30m)をしばらく歩きます。8/12当日はここらへんから悪天候となり、吹きさらしの強風に加えて霧にまかれ、小化雲岳が視界になく歩く方向が分からず、私は帰れるのか不安になりました。小化雲岳付近まで来ると風は少し弱まりました。広い稜線のザレ場をひたすら歩きます。なかなか標高が下がりません。天気がよい日だったらなあ。
◎小化雲岳~ポン沼 引き続き広い稜線のザレ場。
◎ポン沼~第一公園 第一公園木道手前までの高度1450m~1550m付近が今回一番苦労した区間です。この箇所は水路と登山道が平行し交差し、場所によっては一体化しています。私は両足水没を免れませんでした。
◎第一公園~滝見台 第一公園ではこれまでの悪路が嘘のように歩きやすい木道が続き、エゾリスがお出迎えしてくれました。その後は山の一本道が続き徐々に徐々に降りてゆきます。滝見台でようやくほっと一息。
◎最後に長い長い九十九折れを降りると天人峡温泉にゴールです。

 

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ミタカさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ミタカ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

晴一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた