登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
長野 VOL.21 苗場山~龍ノ峰(上信越)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年8月12日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:JR飯山線「津南駅」近くの国道117号線の「大割野」交差点から国道405号線に入り南下します。最初は直線的な国道405号線は「逆巻温泉」を過ぎるとカーブの連続となりますが、かなり対向車両があり注意が必要です。「小赤沢」の集落に入ると左手に「苗場山」の看板があるので左折して山道に入ります。舗装された山道を約6km登ると、100台以上駐車可能な未舗装の3合目駐車場に着きます。「大割野」交差点から約28km・50分です。駐車場入口に小さいですがきれいなトイレが有ります。登山道の3合目入口は駐車場の最奥部です。

  • 天候

    晴れ、軟風
    [2019年08月12日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

三合目駐車場(05:00)・・・四合目(05:35)・・・五合目(06:00)・・・六合目(06:35)・・・七合目(06:50)・・・八合目(07:10)・・・高層湿原端部(07:15)・・・九合目(07:30)・・・苗場神社分岐(07:45)・・・山頂下石碑(08:05)・・・苗場山山頂(08:25)・・・苗場山神社分岐(08:55)・・・龍ノ峰山頂(09:20)・・・苗場神社分岐着(09:45)食事・・・苗場神社分岐発(09:55)・・・高層湿原端部(10:15)・・・七合目(10:30)・・・六合目(10:50)・・・五合目(11:20)・・・四合目(11:45)・・・三合目駐車場(12:10)


総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約951m
下り:約951m
広大な3合目駐車場の左奥に2合目からの道があり、右奥に上に向かう入山口があります。
「苗場山」はプリンをひっくり返した様な形で、広大な山頂部は見事な高層湿原が広がります。
3合目から入山すると、最初は緩い勾配ですが、5合目を過ぎるとプリンの壁に取り付きます。
軽い鎖場を超えて6合目からは岩場の急登になりますが、登りやすい岩場で楽しい登りです。
7合目からは今までの岩壁から岩塊に変わって足元が悪くなり、非常に長く登りにくい道です。
結構つらい急勾配を登っていくと周囲の樹木が低くなり、8合目付近で視界が開けてきます。
登山道の先にクマザサの切れた明るい空間が見えたら、もう一息でプリンの上に登り出ます。
そこは先が見えない湿原帯で、この瞬間が今迄の急勾配を登ってきた疲れを吹き飛ばします。
まだ9合目にも到着していませんが、広大な高層湿原の中の木道を気持ち良く歩を進めます。
点在する池塘と咲いている高山植物、彼方の山々の景色満載で中々進むことができません。
木道の横にポツンと立っている9合目の標柱を過ぎると、一度暗い樹林帯に入って行きます。
この樹林帯の中の道は大石がゴロゴロ不規則に重なっていて、実はここが一番の難所です。
樹林帯を抜けると、再び広大な平面に点在する池塘を愛でながら木道を山頂に向かいます。
「苗場山頂ヒュッテ」が見えてきて、その上が山頂ですが、山頂よりも今この景色が優先です。
標高2000mを超えている場所なので、晴れている時間を大切にして、木道を歩き続けます。
木道をぐるっと回って「苗場山」山頂から「苗場山頂ヒュッテ」に下りますが、休憩はしません。
再び木道を歩き休憩デッキに着いてやっと休憩ですが、どこまでも続く湿原は見飽きません。
下山は往路を戻りますが、途中で左にそれて「苗場山神社」でお参りをして、その先のピーク
「龍ノ峰」に向かいました。ほとんど人が来ないであろう「龍ノ峰」は、ヤブ漕ぎの先にあります。
しっかり見ないと見逃す石柱の「龍ノ峰」ピークで引き返しましたが、寄り道は往復50分です。
「苗場山神社分岐」からは再び気持ちよく木道を歩いて、高層湿原の端に着いたら散歩終了
ここからは一気の激下りの開始です。長距離が歩ける小松原コースも捨てがたいルートです。

登山中の画像
登山画像
三合目駐車場で0セットです
登山画像
駐車場のずーっと右奥が三合目の入山口です
登山画像
しっかりとした高木の間を登っていきます
登山画像
プリンの端に朝日が当たり始めました
登山画像
四合目 174m 次の合目までの標高と時間が…
登山画像
五合目 282m
登山画像
この丸太のステップは中々歩きやすいです
登山画像
鎖が出てきて本格的な登りが始まりました
登山画像
六合目 437m
登山画像
岩場の急勾配のプリンの側壁に取り付きます
登山画像
七合目 524m
登山画像
まだまだ急勾配は続きます
登山画像
八合目 609m
登山画像
もうすぐプリンの端に登り着きます
登山画像
高層湿原端部(プリンの端)に着きました
登山画像
高層湿原端部 651m
登山画像
今までと全く違う世界が始まります
登山画像
向こうの山では滝雲が発生しています
登山画像
「イワイチョウ」
登山画像
ここまで登ってきた最高のご褒美です
登山画像
九合目 675m
登山画像
一度樹林帯に入りますが今日一番の難所です
登山画像
「イワショウブ」
登山画像
いやー美しすぎます
登山画像
苗場神社分岐 700m
登山画像
木道の更新の上を一瞬のガスが通ります
登山画像
「苗場山頂ヒュッテ」が見えてきました
登山画像
山頂下石碑 769m
登山画像
「苗場山」から見る雲海は迫力があります
登山画像
どこまでも続く苗を植えた様な田園風景です
登山画像
苗場山山頂 780m
登山画像
「苗場山頂ヒュッテ」です
登山画像
苗場山神社分岐 700m
登山画像
「苗場山頂ヒュッテ」です
登山画像
「龍ノ峰」を目指しますが木道が見えなくなりま…
登山画像
龍ノ峰山頂 676m
登山画像
池塘にしては大きな沼がありカルガモの親子が住…
登山画像
木道のすぐ横なのでしっかり撮影できた「モウセ…
登山画像
苗場神社分岐着 698m
登山画像
下山を開始しますがまだ大きな平面の上です
登山画像
そろそろこの景色も見納めです
登山画像
高層湿原端部 650m
登山画像
いきなりの滑り落ちるような急斜面です
登山画像
七合目 530m
登山画像
ツボミから花になる途中の「モミジカラマツ」です
登山画像
鼻曲がりがキュートな「ミヤマホツツジ」です
登山画像
六合目 432m
登山画像
まだまだガンガン下っていきます
登山画像
珍しいツボミと開花直後の「タマガワホトトギス…
登山画像
五合目 289m
登山画像
やっと勾配が緩くなりました
登山画像
四合目 178m
登山画像
これは普通の「ホツツジ」です
登山画像
「タケシマラン」の実が葉の下で輝いています
登山画像
三合目駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れさまでした
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。