登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
三国峠から十文字山と三国山ピストン 三国山、十文字山(関東)
img

記録したユーザー

カズパパ さん

この登山記録の行程

三国峠(8:53)・・・悪石(9:20)[休憩1分]・・・[道誤りロス]・・・梓白岩(10:10)[休憩5分]・・・のぞき岩(11:06)・・・十文字山(11:34)[休憩4分]・・・十文字小屋(11:50)[休憩33分]・・・十文字山(12:38)[休憩2分]・・・のぞき岩(12:59)[休憩4分]・・・[途中休憩3分]・・・梓白岩(13:52)[休憩3分]・・・悪石(14:39)[休憩2分]・・・三国峠(14:58)[休憩7分]・・・三国山(15:26)[休憩9分]・・・三国峠(15:49)


総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約1,301m
下り:約1,296m
三国峠から十文字峠ピストン、戻ってきてから三国山をピストンしてきました。三国峠は長坂ICから1時間超、家からは3時間超のロングアプローチでした。
車をスペースに停めて、まずは十文字山・十文字峠(小屋)を目指して歩いていきます。登山道と林道があり、標識に従い登山道を歩きましたが、梓山無線中継所前で一旦合流するので、体力温存したい方は林道からスタートするのが無難。工事中の無線中継所を横目に最初のピーク悪石に到着。気温は20℃程とようやく夏の暑さが和らぎ、気持ちの良い天候です。この先600~700M程歩いたピークでルートロス。地図にも注記されていたのですが、南東に折れる所を真っ直ぐ進み、ピークから少し下降したところで道が見当たらなく戻りました。後から見直すと左斜め下(南東)方面にピンクリボンがあること、正面には倒木で一応通行止めのようにしているなどサインがありました。しばらくして梓白岩に到着、北側からだと大きな感じはしないのですが、巻いている最中はそそり立つ岸壁に圧倒されます。また、結構回り込むため、一周したのではないかと錯覚し、コンパスを再確認する程でした。往路では両神山ののこぎりのような尾根がくっきり見えています(復路ではガスがかなり出てきた)。のぞき岩は木が生い茂り何をのぞくのか分からない程で少しがっかり。十文字山は地図記載通り展望は無く、写真を撮って先に進みます。出発より約3時間で十文字小屋へ到着。テント場は5張となっていますが、どこに張るのだろうという感じです。ベンチをお借りしてアルコールストーブでラーメンを作って食べ、三国峠に向けて戻ります。
復路は下り勾配、ルートロス無し、無線中継所から平坦な林道利用で2時間半で済みました。一休止後、三国山へ向けて歩き始めます。トイレ横の雑草だらけの道からアプローチします。距離は短いですが、急登あり、岩場ありの面白いコースです。夕方になっていたので眺望はガスってしまって残念でした。
帰り際、甲斐大泉のパノラマの湯に立ち寄り夕食を先に食べてから、少しぬるめの露天風呂に30分浸かり身体を癒して帰宅、良い山行でした。

登山中の画像
  • 三国峠到着
  • スペースに駐車
  • 駐車した少し先に三国峠の看板
  • トイレ、衛生的ではありません。このトイレ横が三国山登山道
  • 奥秩父の山々①
  • 奥秩父の山々②
  • 右が梓山無線中継所までの林道、正面が登山道ですが、少し先で一度合流します
  • 梓山無線中継所
  • 悪石
  • 奥秩父っぽい登山道です
  • 悪石を過ぎ600~700程歩いたピーク地点に注意!
  • 左斜め下にピンクテープ(こちらが正)
  • 正面は(後から見れば)倒木で通行止めに・・・先に進むと毛木平の畑を見下ろし、少し下りますが道が見当たりません(道誤り)
  • 水量が多いのか、苔が結構あります
  • 梓白岩①
  • 梓白岩②
  • 梓白岩③
  • 梓白岩④
  • 両神山
  • はしご登場
  • 弁慶岩①
  • 弁慶岩②
  • 弁慶岩③
  • のぞき岩
  • 木が生い茂ってのぞくことが出来ません
  • 風が気持ち良い
  • 十文字山到着
  • 山頂はこんな感じ
  • 毛木平からの登山道と合流
  • 十文字小屋
  • トイレは新しそう
  • 小屋の横に十文字峠の標識
  • 三国山への登り口
  • 登っていきます
  • 3Mも無い程ですが岩登り
  • 三国山到着
  • 山頂はこんな感じ
  • ガスってきました
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カズパパさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    金峰山小屋では2月は週末営業しています。小屋付近の積雪40㎝前後です。登山道にトレースが着いているので歩きやすいです
    20年02月08日(土)

カズパパ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ