登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
東北遠征2日目 磐梯山 猪苗代スキー場より 磐梯山(東北)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん

この登山記録の行程

猪苗代スキー場(07:00)・・・一合目(天ノ庭)(08:06)[休憩 2分]・・・沼ノ平(08:51)[休憩 2分]・・・分岐(09:03)[休憩 2分]・・・弘法清水(09:22)[休憩 2分]・・・磐梯山(09:48)[休憩 25分]・・・弘法清水(10:27)・・・分岐(10:40)・・・沼ノ平(10:50)・・・一合目(天ノ庭)(11:29)[休憩 2分]・・・猪苗代スキー場(12:10)

総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約1,235m
下り:約1,235m
コースタイム 標準:6時間45分
自己:4時間35分
コースタイム倍率 0.68
東北遠征の二日目
前日の安達太良山から翌日は磐梯山へ
当初は八方台登山口からのピストンで予定していましたが前日に五色沼を散策した事と距離的に少し物足りなさを感じ少し長めの猪苗代スキー場から逆側からの磐梯山を楽しもうとこちらのコースにしました。
朝7時に駐車場に到着!駐車している車は私だけでした(^^;)
最初はゲレンデの端の方をゴンドラに沿ってつづら折れの急登を進みます。ススキに囲まれ日差しの強い時は蒸し暑いでしょうね。
天ノ庭迄来れば樹林帯の中緩やかに登るのでここまでが最初の頑張りどころです。
途中振り返ると素晴らし猪苗代湖を眺めながらなので気持ちが良いです。

そこから赤埴山ノ巻道の樹林帯を緩やかに登ると鏡ヶ沼に開けるので櫛ヶ峰と磐梯山に挟まれながら眺め歩くことが出来るのでテンションが上がりました。
裏磐梯から見る景色とは全く異なった緑に覆われた美しい山容でした。
沼ノ平辺りでは火山ガスが少し発生しているようで硫黄の様な匂いが少ししましたが、火山の生命を感じました。
ここから尾根迄急登です。でも景色がよく植生も低くなってきているので程よく風もあって気持ちが良かったです。分岐である櫛ヶ峰と磐梯山のコルに出ると圧巻の裏磐梯の眺めと崩落した地層とはっきりと解る断層に感動!全く別世界の景色でした。

ここから弘法清水までの台地になっている所ではウスユキソウやウメバチソウ、ヤマハハコ、アキノキリソウ等お花畑で癒されて。弘法清水からの櫛ヶ峰、檜原湖、五色沼方面の眺めが本当に素晴らしかった。

弘法清水から20分程で山頂に到着!残念ながら山頂では雲に覆われてほぼガスガス状態でしたが、たまに一瞬猪苗代湖が見えたりし、風もそれ程でもなくシャツ一枚で心地いいくらいでのんびり昼食を取れて満足です。下山時も朝見れなかった天ノ庭からの猪苗代湖も綺麗に見れました。

このコースは距離が少しありますが猪苗代スキー場から猪苗代湖、磐梯山、櫛ヶ峰、裏磐梯方面の檜原湖等の湖、吾妻連峰等ぐるっと景色を360度楽しめた感じでこちらのコースはおすすめです。しかし天気が良ければと言うのが前提ですけど・・・(^^;)

登山中の画像
  • 猪苗代スキー場駐車場(無料)
  • トイレあります
  • 結構な台数駐車できます
  • 7:00 登山口 目の前に横からの磐梯山(左側)見えます
  • 猪苗代ふるさと交流センター 登山ポストこちらにあります
  • ゲレンデ横のリフトに沿って登ります 目の前の山は磐梯山
  • 振り返ると猪苗代湖も♪
  • リフトおり場を通過してトラバースすると・・・。
  • 最初の目的地一合目(天ノ庭) 但しガスガスで眺めは無し(><;)
  • シラタマノキ
  • オトギリソウ
  • ヤマハハコ
  • 緩やかな登りです
  • 赤埴山(あかはにやま)山頂との分岐
  • 磐梯山が見えてきました 横向きから表側(東方面)
  • テンションあがります♪
  • ダテカンバが綺麗です
  • 鏡ヶ沼と磐梯山
  • ホタルフクロ
  • 右に櫛ヶ峰
  • 左に磐梯山を眺めながら
  • 沼ノ平に到着
  • ここから稜線へ少し急登です
  • 近づいてきます
  • 開けてきました
  • 分岐に到着!
  • 稜線からの見事な眺め 裏磐梯五色沼方面
  • 櫛ヶ峰方面
  • 三合目からの天狗岩方面
  • 山体崩壊の凄さを感じることが出来る眺め。地層もよく解ります
  • 櫛ヶ峰の眺めは何度見ても良いですね♪
  • ヤマハハコの群落
  • 平原になっていてお花畑でした
  • 櫛ヶ峰方面
  • 桧原湖方面
  • こんな道のり
  • エゾカワラナデシコ
  • ウメバチソウ
  • 水場
  • 分岐点
  • アキノキリンソウ
  • 山小屋まで後少し
  • 天狗岩から大分登ってきました
  • 弘法清水に到着 清水小屋
  • 櫛ヶ峰とアキノキリンソウ
  • 櫛ヶ峰と裏磐梯の素晴らしい眺め
  • 弘法清水小屋と櫛ヶ峰
  • そして岡部小屋
  • 弘法清水(4合目)
  • 鐘があります
  • 山頂へ向かいます コースタイムで25分 結構急登です
  • 途中きれてる稜線
  • ウスユキソウ
  • ウメバチソウ
  • ダイモンジソウ
  • 9:50 1816m磐梯山山頂到着 約3時間位
  • 山頂の祠
  • 三等三角点
  • 猪苗代湖が少し見えました
  • 櫛ヶ峰方面
  • 三角点檜原湖方面
  • 櫛ヶ峰、吾妻連邦方面
  • 下山します
  • 槍ヶ岳の様な天狗岩
  • イタドリと櫛ヶ峰
  • ウメバチソウと櫛ヶ峰
  • 見納めの櫛ヶ峰
  • そして天狗岩
  • 沼ノ平通過 この辺り硫黄ガスあの匂いがします
  • ホタルフクロ
  • 正面に回ってきました磐梯山
  • アザミ
  • 鏡ヶ沼と磐梯山正面
  • クマザサと磐梯山
  • 沼ノ平の沼
  • 鏡ヶ沼と磐梯山左から
  • 赤埴山との分岐 右の巻道へ
  • 夏休みって感じの写真
  • 巻道は平たんなのでらくらくです♪
  • たまにちらっと磐梯山
  • トレラン状態
  • そして横からの磐梯山
  • 猪苗代湖も良い眺めです
  • 巨岩からの眺め 朝はガスガスで見えませんでしたがこんなに良い眺めでしたか(^^)
  • そして巨岩と端っこの磐梯山
  • 天ノ庭到着 朝見ることが出来なかった眺め♪まさにといった感じです(^-^)
  • 猪苗代湖も… 何枚撮ったことか(^_^;)
  • 登山口と駐車場が見えてきました
  • 眺めのいい下山は楽しいです♪
  • 遠くに燧ヶ岳が見えるようですが… う~んわからん
  • 後ろも
  • 前も 夏の青空
  • 猪苗代湖もより近くに
  • 横向き磐梯山も大分遠くに
  • 猪苗代交流センター
  • 登山口に、帰って来ました。 4時間半位でした。
  • 帰りに道の駅 猪苗代に立ち寄りました 磐梯山をバックに
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?