登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
20190915 中国遠征① 伯耆大山と大山寺 伯耆大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年9月15日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]福岡~米子
    ①6:10発 博多  のぞみ2号(N700系) - 7:53着 岡山
    ②8:04発 岡山 やくも3号(出雲市行) - 10:15着 米子
    << [日本交通]大山るーぷバス>>
    ③11:00発 米子駅 - 11:40着 大山ナショナルパークセンター(大山寺)
    [復路]大山寺~米子駅
    << [日本交通]大山るーぷバス>>
    ①17:20発 大山ナショナルパークセンター(大山寺) - 18:10着 米子駅
    [泊]ホテルフロンティア米子

  • 天候

    米子市内は晴れでしたが、大山はガスガス(-_-)
    [2019年09月15日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大山寺バス停11:46 - 11:50大山館11:51 - 11:56夏山道登山口(大山寺橋側) - 12:33三合目12:34 - 12:51五合目 - 12:56行者谷分かれ - 13:07六合目避難小屋13:13 - 13:40八合目13:41 - 13:50石室方面との分岐 - 14:02大山頂上避難小屋14:19 - 14:20石室方面との分岐 - 14:29八合目14:30 - 14:52六合目避難小屋 - 15:00行者谷分かれ - 15:03五合目15:04 - 15:34元谷堰堤右岸分岐 - 15:51元谷・下宝珠越分岐 - 15:58大神山神社 - 16:12大山寺16:13 - 16:18大山館 - 16:23大山寺バス停


総距離 約7.7km 累積標高差 上り:約1,029m
下り:約1,031m
伯耆大山と安芸宮島を絡めての中国遠征に行ってきました。
 大山と言って直ぐに私の頭に浮かんでくるのは丹沢大山(おおやま)です。丹沢大山は、小田急の車窓から見えるピラミッド型のきれいな山容がお気に入りで、4年ほど前に本格的に山歩きを始めた際の丹沢デビューの山であり、計4回の大山詣をしています。それもあって、’ダイセン’と呼び方は違えど同じ漢字をあてる伯耆大山は、福岡に来てから、気になるお山の一つになっていました。
 伯耆大山は鳥取県西部に位置する中国地方の最高峰であり、公共交通機関を使う場合には、福岡からは飛行機、電車や高速バス(夜行)のいずれかを使っての移動となります。コスパから言えば「高速バス(夜行)」に軍配が上がりますが、実は見かけによらず繊細な私(?)、夜行バスでは眠れないタイプで(^-^;、今回は、早朝出で一番早くJR米子駅に着ける等の理由から新幹線&特急をチョイス。
 その日のうちに大山の頂を極めた後は米子で一泊し、翌日には、あえて2つの高速バス(米子→広島→福岡)を乗り継いで福岡に向かいます。その理由は、コスパ&最近マイブームとなりつつある旅中での寄り道で、安芸宮島(厳島神社と弥山)へ立ち寄るためですが。まぁ、折角行くのならとなんでも詰め込んでしまう貧乏性が故になせる業でしょうか(^-^;。
 今回は、「その②安芸宮島(厳島神社と弥山)編」となります。

[参考情報]
★大山るーぷバス 運行ガイド 2019(乗り放題パス:\1200)
 https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/452640/japanese.pdf
★鳥取県HP「大山頂上工事のお知らせ」2019年04月24日
 https://www.pref.tottori.lg.jp/268500.htm

登山中の画像
  • おはようございます。ここは博多駅の新幹線ホーム、6時10分ののぞみ2号で岡山に向かいます。
  • じゃ~ん、のぞみ2号!
  • 岡山駅での特急やくも3号への乗り換えが11分しななく心配していましたが、楽勝で間に合いました(^^)v。
  • 予定通り10時15分にJR米子駅に到着しました~。今夜のお泊りセットをコインロッカーに預けて出発の準備完了(^^ゞ。
  • 大山の登山口へは、駅前のバス停から「大山るーぷバス」に乗って向かいます。
  • こちらは「大山るーぷバス」の乗り放題パス(\1200)です。登山口近くの大山寺バス停まで片道\720なので、往復ではかなりお得です!ちなみに、JR米子駅構内の米子市国際観光案内所で購入できますよ。
  • シャキーン!先週立花山で慣らし履きをした相棒の本格デビューは、大山となりました。
  • 大山寺バス停に到着♪
  • バックには大山が見えているはずですが、米子ではあんなに晴れていたのにガスガス・・・、晴れの予報が大きく空ぶり。登山あるあるとは言え_| ̄|○
  • 気を取り直して大山寺の方向へ。
  • 大山寺参道。
  • 参道途中から南光河原駐車場へ。ここで登山届を出しました。
  • その近くにあった大山夏登山道入口。
  • 本日のルートは↗は青(夏登山道)、↘は赤(行者登山道)
  • ツリフネソウ
  • 延々と続く石段・・、まるで修行のよう(^-^;。
  • 「西日本最大級」という微妙な枕詞がついていますが、とにかく美しいブナ林。
  • 天気が良ければもっと緑が映えるでしょうね~。
  • そうなんです、大山では6~12月にかけて頂上近くの木道と避難小屋(頂上と6合目)の改修工事が行われていて、山頂部や避難小屋への立ち入りができないそうです。それで、現在の山頂の標柱は「仮」のものが設置されているとか。
  • 携帯トイレブース!
  • 五合目
  • 6合目の工事中の避難小屋。ガスガスの天気ですが大勢の人が休んでいました。私も休みたいのですが、バスの時間があるので、誘惑を断ち切ってガシガシと行きます。
  • 標高1600m、この辺りになると傾斜がゆるみ、いい足休めになります。
  • これが有名な木道ですね(8合目すぎ)
  • イヨフウロ
  • 木道の周囲の天然記念物の「ダイセンキャラボク」。群生地となっています。
  • 「(仮)大山山頂」と「登山者のテラス」!
  • 「登山者のテラス」!。すでに午後2時ですが大勢のハイカーがいて、びっくり~(^-^;。
  • ここですか!
  • 考えようによっては貴重かもしれませんね(笑)、「登山者のテラス」のあった(仮)大山山頂ゲットしました!
  • ガスガスですが、山頂はこんな感じです。
  • 草木が色付き始めていて、秋の気配を感じさせます。
  • 先ほどの木道は、こちらの稜線に沿って付けられています。テラスでしばしのモグモグタイム。
  • 下山前に山頂をちょっと探検
  • 工事中の山頂避難小屋、リニューアルした後はどんな感じなるのでしょうね。また来てみようかな。
  • 下山スタート!
  • 再び延々と続く木道を下っていきます。
  • ガスがきれ北壁が見えています。荒々しい北壁の思わず見入ってしまいました。
  • 下界もチラリと。
  • 夏登山道→行者登山道へ。
  • ブナ林を下っていきます。
  • 再びの北壁
  • ガレ場続きの元谷を横切ります。
  • 北壁は残念ながらガスの中
  • クサボタン
  • 秋の訪れを感じされるサラシナショウマ
  • 杉の巨木が目立つようになってきました。
  • 大神山神社奥宮に到着~♪
  • 行者登山道入り口(振り返っての一枚)。
  •  大神山神社奥宮の拝殿。古くは大山は大神山(おおかみのたけ)と呼んで崇めていて、その大山信仰の中心が大神山神社でもともとは大神山を仰ぐ遙拝所だったそうです(奥宮は本来の社で、米子市内にある尾高本社は遥拝所)。  ちなみに、奥宮には3つの日本一があって、その一つがこの拝殿(国指定の重要文化財&”国内最大の権現造り”)。2つ目が奥宮幣殿の”白檀の漆塗りの規模”(奥宮の内部は写真撮影禁止となっていました)。
  • 3つ目がこの参道。”自然石を敷きつめた参道の長さ”は約700mにもなり、国内最長!
  • 国内最長だけあって長い・・・
  • 大山寺にも立ち寄ります。
  • 石段の脇にそびえる杉の巨木。この杉は「灯明杉」と言われていて、日本海で船が難航したとき、杉の木のてっぺんから閃光がでて、方向を示したとされる霊木だそうです。
  • 灯明地蔵
  • 「灯明杉」を仰ぎ見る
  • 大山寺本堂、時間が遅かったのか既に閉まっていました。大山寺の開創は718年、最盛期には100を超える寺院と3000人以上の僧兵をかかえるほど、隆盛を極めていた時期もあったそうです。
  • 大山寺バス停に戻ったところで、一瞬ガスがきれ、大山が姿を見せてくれました~!
  • 無事に下山して気が緩んだのでしょうか、最後の最後にやらかしてしまいました。コインロッカーのカギ、免許証、お金、保険証、スマホ等が入ったウエストバッグをバス停に置き忘れてしままい、気が付いて戻ったときにはなくなっていました。親切な方が近くの交番に届けてくださっていたようで、無事に戻ってきました。どうしようかと途方にくれていた私、本当にありがたかったです、感謝感謝。予定のバスに乗車して、無事に米子駅に移動してホテルへチェックイン。色々ありましたが、とにかく無事であることに感謝しつつ、おやっとさぁでした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、こんばんは!

    九州、四国、中部に続き、中国地方にもしっかりトレースを残されましたね!!
    公共交通機関を縦横無尽に使い熟すのはもはや朝飯前、といった感じですね!
    しかも伯耆大山と宮島をセットにされるとは、、、まさかの組み合わせに驚きましたが、よくよく見ると大山の最高点も「弥山」なのですね、、、これは一本取られました!!(笑)

    宮島の弥山は兎も角、伯耆大山は全くの初物でして、大山寺バス停からの山容の大きさに思わず見入ってしまいました。それと大神山神社奥宮の拝殿に700mの石の参道、良いものを見させていただきました。

    PS. 今回も最後にやっちゃいましたね(笑)。でも、いつも必ず戻って来るのは、やはりぼっけもんさんの普段の行いの賜物ですね!

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、こんにちは!

     はい、とうとう中国デビューを果たしました。やはり気がつかれましたか~、”弥山”繋がり山行を!実は、ここに密かなこだわりをもっての連荘山行だったのですが(笑)。そこに気づかれるなんて、参りました~!さすが師匠と言わせていただきましょう!

     最後の最後で、ガスがきれ伯耆大山の山容を見ることができたのは本当にラッキーしました。周囲の観光客が声をあげながら一斉にカメラを向けたので、伯耆大山が姿を見せたのに気が付いたのですが。思い起こせばその時だったんですよね~、丁度ウエストバッグをはずいているところで、バス停にヒョイと置いてその場を離れてしまったんです。昨年10月に普賢岳でスマホを落として以来、こちらではレスキュー隊もそうそう簡単に呼べないこともあり、気を付けていたことろだったんです(^-^;。

     改めて、忘れるな、指差呼称、、、。       ぼっけもん拝

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    「冬の大山」。一合目から土留め丸太が凍結し滑り止めの利用を。避難小屋利用は要注意
    19年12月02日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?