登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
下ノ廊下(旧日電歩道)  (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

遊歩道 さん
  • 日程

    2019年10月20日(日)~2019年10月21日(月)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:扇平からバス、ろっじくろよん泊り

  • 天候

    スタート:雨、全体に曇り

この登山記録の行程

1日目】
ロッジくろよん(04:53)・・・黒部ダム渡渉(06:01)・・・内蔵助谷出合(06:40)・・・黒部別山谷出合(08:53)・・・十字峡(10:48)・・・仙人谷ダム(13:00)・・・阿曽原温泉小屋(14:00)

【2日目】
阿曽原温泉小屋(04:20)・・・欅平(10:36)


総距離 約36.2km 累積標高差 上り:約7,780m
下り:約8,668m
タイム:
ロッジくろよんは5時前に出発、この時期は必ず相部屋となる。同室に長野県出身の自称「ジジイですから」という男性がいた。なんでも3時に出発という。そのため8時に寝た。
ツアー客が5時半に出発するらしいため、少なくとも30分前には出ることにした
雨と夜道はリスクがあると感じた、黒部ダムの底(渡渉)に夜明6時に到着。
あとはひたすら阿曾原まで歩く。2日目も阿曾原の佐々木さんに聞いたところ6時間は欅平まで見込んでくださいとのことで、4時台に出発。トロッコの混雑も連携を受けているようだ。
朝一番の扇平からだと、混雑にはまり込むため、前日泊がお勧め。渋滞はなく一人歩行は楽しめた。

コンディション:
雨のせいで始終泥道。鳴沢のあたりになると、ヤマレコに書いてある断崖の歩道となる。歩いて1時間半感覚である、全行程でヘルメットが必要なのはこの区間だけ、1度頭を岩にぶつけた。
横幅はおおむね1.2メートル、すれ違いも無理ではない。ワイヤー(鉄線)がすべての危険区間に張ってあるわけではない。あとは単に崖を歩くだけと考えてよい。
キャンプは禁止だが、野営をしようと思えば可能(途中で野営をした人と出会う)
黒部川に流れ込む湧き水が豊富なため、水濡れ対策はある程度必要、慣れた人は飲用可能。

安全装備:
初日はヘッドランプは夜間歩行のみ必要、2日目は滝の下を通過するためトンネルに入る箇所のみ必要。ヘルメット、確保用品は必須ではない。

SNS:
参考にしないほうが良い。自分の山行を美化する読み物と思って間違いなし。阿曾原温泉でもヤマレコの話が出たが、こういう人たちが書いているのかと感じた
命を落としかねない断崖歩行と紅葉絶景というイメージが独り歩きしすぎ。
植生に偏りがあるので、紅葉しても絶景とまではいかないと思う。写真もあまり満足いかなかった。

ヒューマンウォッチング:
読者には失礼だが、参考のため。
「ジジイですから」氏を始め、関西の(見知らぬ)若者同士のノリ、最初から最後までヘルメットにヘッデン装着する登山者が95%。年寄と同室になるのが嫌な若者はテント。テン場は通路をふさぐ設営。マナーも何もない。またヤマレコ信者が多いみたいだった。阿曾原は1部屋23人定員の倍×3部屋。ソロで楽しくない場所と思う。DOCOMOは小屋で通じたと思う。
タモリの言う「スキー場の出会い」ではないが、女性が若くかわいく感じてしまう。
小屋のサービスに過剰期待する人が目立った。あくまで個人の嗜好だが、熊鈴が不快。

アクシデント:
1日目の後半になると、雨で転んだためか、ズボンが破け左ひざが痛いため下り坂が引き擦り足となる。2日目は6時間確保して正解。
遭難者は前々日1名、当日ヘリが出ており1名、翌日1名。いずれも転倒滑落のようだ。
佐々木さん曰く、危険なところでは事故が起きず、何でもないようなところで事故は起きる、
注意したい。

特筆事項:
台風のため電車が不通、それでもやってくる登山者。代替えで車で来ている人が多かった
交通のキーワードは、「扇平に車。大町まで普通電車で6時間」「宇奈月まで車を回送」「新幹線」「ピストン」、ちなみに自分は黒部ICから高速バスで帰宅。登山者はなく特にタイムロスはなかった。
朝食は小屋ではなくすべて弁当での提供となるため、省略はできる

登山中の画像
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
3日目
登山画像
2日 朝食弁当
登山画像
2日 雨
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
登山画像
2日目
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

遊歩道 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...